¥1,927
ポイント: 19pt  (1%)  詳細はこちら
初回のご注文は 無料配送: 1月21日 金曜日 までにお届け
最も早いお届け日: 明日
1 時間 34 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
シェアする
こちらからもご購入いただけます
追加されました
¥2,706
67pt (2%)
発売元: テラフォーマー&ドラッグストアPille
発売元: テラフォーマー&ドラッグストアPille
(32049評価)
過去12ヶ月にわたって87%が好意的
残り6点 ご注文はお早めに
配送料 また、  返品ポリシー
追加されました
¥2,706
54pt (2%)
& 配送料無料
発売元: クローズバイジャパン
発売元: クローズバイジャパン
(11386評価)
過去12ヶ月にわたって88%が好意的
残り6点 ご注文はお早めに
配送料 また、  返品ポリシー
追加されました
¥2,156
+ ¥550 配送料
発売元: HOBBY STOCK
発売元: HOBBY STOCK
(6105評価)
過去12ヶ月にわたって97%が好意的
残り1点 ご注文はお早めに
配送料 また、  返品ポリシー

壽屋 ヘキサギア ガバナー ライトアーマータイプ:ローズ Ver.1.5 全高約74mm 1/24スケール プラモデル HG069

5つ星のうち4.2 37個の評価

¥1,927
ポイント: 19pt  (1%)  詳細はこちら
新品 (14)件の出品: ¥1,927 初回のご注文は送料無料です。

購入を強化する

材質 プラスチック
ブランド 壽屋(KOTOBUKIYA)
スケール 1/24

この商品について

  • 組み立てる必要がある
  • (C)KOTOBUKIYA
  • 頭部造形を「旧Ver.」よりリアルな造形(アーリーガバナーVol.3準拠)に変更。頭部装備品の有無をそれぞれ新規造形し、完全密閉型のコンバットヘルムまで付属します。全部で4種類の頭部デザインをお楽しみいただけます。
  • PVC素材で成型されていた頭部、上半身アーマーがPS素材に変更になり、塗装・改造がしやすくなりました。(手首は引き続きPVC素材となります)
  • 他のガバナーの武装を持たせやすくするために武器持ち手が改修されました。
ホビー商品の発売日・キャンセル期限に関して: フィギュア・プラモデル・アニメグッズ・カードゲーム・食玩の商品は、メーカー都合により発売日が延期される場合があります。 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 最新のキャンセル期限は上記よりご確認ください。また、メーカー都合により商品の仕様が変更される場合があります。あらかじめご了承ください。 詳細はこちらから

【最大40% OFF】 アニメグッズがお買い得
注目のアニメグッズ、キャラグッズのフェアを開催中、人気作品が勢ぞろい 詳細をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記: Amazon.co.jpが販売・発送する商品は 、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)、その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 《ご注意ください》Amazon.co.jpが発送する本商品を、お客様都合により返品されますと、全額返金できない場合があります。詳しくは、こちらをご確認ください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

一緒に購入

  • 壽屋 ヘキサギア ガバナー ライトアーマータイプ:ローズ Ver.1.5 全高約74mm 1/24スケール プラモデル HG069
  • +
  • ヘキサギア オルタナティブ トラックダウン 全長約80mm 1/24スケール プラモデル HG075
  • +
  • ヘキサギア ジーク・スプリンガー 全高約280mm 1/24スケール プラモデル HG084
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

登録情報

  • 製品サイズ ‏ : ‎ 10 x 10 x 8 cm; 120 g
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/2/25
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日 ‏ : ‎ 2020/10/8
  • メーカー ‏ : ‎ 壽屋(KOTOBUKIYA)
  • ASIN ‏ : ‎ B08KR2M4TZ
  • 商品モデル番号 ‏ : ‎ HG069
  • 原産国 ‏ : ‎ 中国
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 37個の評価

商品の説明

商品紹介

【機体解説】

リバティー・アライアンスが運用するアーマータイプの一つである「ローズ」は

女性の装着使用を前提にデザインされており、標準機であるポーンA1と比して「ライトアーマータイプ」と分類されている。そもそもの筋力量で男性兵士に劣る女性兵士が扱いやすいよう、ポーンA1の簡略化と装甲材の見直しで大幅な軽量化に成功したモデルであり、

そのコンセプトは軽量型ブレード、ガンナイフという携行火器にまで徹底されている。

また、特有の機能として小型のディセプション・リピーターを頭部に有し、パラポーンや敵性ヘキサギアの電磁波レーダーによる探知を一時的に攪乱することができる。

圧倒的な軽量の恩恵として小型で機動力の高いヘキサギアとの相性が良く、隠密性を活かした単独または少数による敵地潜入、破壊工作任務などに従事する特殊部隊での採用が多い。



ライトアーマータイプ:ローズ改良型

他の多くの装備と同様に、製造時期によって様々なアップデートが行われているが、

このモデルの特徴としては装甲部分にかつて2.5世代型ヘキサギア「バルクアーム・グランツ“レッドアラート”」にて試験的に投入された「特殊コーティング」を採用し軽量さを損なうことなく防御力の向上に成功している点が挙げられ、現在ではスタンダードとなっているコンバットヘルムの追加装備と合わせてガバナーの生存性を向上させている。

新規開発されたコンバットヘルムは初期型の標準装備であった「バイザー(ディセプション・リピーター)」の機能も当然備えている為、バイザーの上位互換モデルであると言え、バイザータイプではガバナーの生命の危険があった汚染区域での活動が可能になった点と合わせて装備としての総合性能を大きく底上げしているが、任務の内容や装着者の好みによって初期型を敢えて着用するガバナーも存在する。



搭載武器

■ライトウェイトブレード ■ガンナイフ ■ディセプション・リピーター

安全警告

該当なし


メーカーより

01

Combat preparation complete. Start your engines.

【機体解説】 リバティー・アライアンスが運用するアーマータイプの一つである「ローズ」は女性の装着使用を前提にデザインされており、標準機であるポーンA1と比して「ライトアーマータイプ」と分類されている。そもそもの筋力量で男性兵士に劣る女性兵士が扱いやすいよう、ポーンA1の簡略化と装甲材の見直しで大幅な軽量化に成功したモデルであり、そのコンセプトは軽量型ブレード、ガンナイフという携行火器にまで徹底されている。 また、特有の機能として小型のディセプション・リピーターを頭部に有し、パラポーンや敵性ヘキサギアの電磁波レーダーによる探知を一時的に攪乱することができる。 圧倒的な軽量の恩恵として小型で機動力の高いヘキサギアとの相性が良く、隠密性を活かした単独または少数による敵地潜入、破壊工作任務などに従事する特殊部隊での採用が多い。

ライトアーマータイプ:ローズ改良型 他の多くの装備と同様に、製造時期によって様々なアップデートが行われているが、このモデルの特徴としては装甲部分にかつて2.5世代型ヘキサギア「バルクアーム・グランツ“レッドアラート”」にて試験的に投入された「特殊コーティング」を採用し軽量さを損なうことなく防御力の向上に成功している点が挙げられ、現在ではスタンダードとなっているコンバットヘルムの追加装備と合わせてガバナーの生存性を向上させている。 新規開発されたコンバットヘルムは初期型の標準装備であった「バイザー(ディセプション・リピーター)」の機能も当然備えている為、バイザーの上位互換モデルであると言え、バイザータイプではガバナーの生命の危険があった汚染区域での活動が可能になった点と合わせて装備としての総合性能を大きく底上げしているが、任務の内容や装着者の好みによって初期型を敢えて着用するガバナーも存在する。

02

搭載武器 ■ライトウェイトブレード  ■ガンナイフ  ■ディセプション・リピーター

【商品仕様】 ■シリーズ初期に発売となったガバナー ライトアーマータイプ:ローズが頭部造形や成型素材を変更したVer1.5として再登場。

■変更点1 頭部造形を「旧Ver.」よりリアルな造形(アーリーガバナーVol.3準拠)に変更。頭部装備品の有無をそれぞれ新規造形し、完全密閉型のコンバットヘルムまで付属します。 全部で4種類の頭部デザインをお楽しみいただけます。

■変更点2 PVC素材で成型されていた頭部、上半身アーマーがPS素材に変更になり、塗装・改造がしやすくなりました。(手首は引き続きPVC素材となります)

■変更点3 他のガバナーの武装を持たせやすくするために武器持ち手が改修されました。

■変更点4 ・素材変更に伴いパーツのデザインを一部変更、新規に設計し金型も新しいものになりました。 ・襟部分の装甲は首の可動範囲を妨げないように旧Ver.に比べて大きく開いたデザインに変更になりました。 ・新規造形の武器持ち手に合わせて「ライトウェイトブレード」と「ガンナイフ」の形状を改修しました。※武器が手首に一体化されたタイプの形状変更はございません。

■背部バックパックには「ヘキサグラムシステム」が装着できる“コネクタ”が標準装備されており様々なパーツを取り付けてお楽しみいただけます。

03

付属品 ■頭部A(バイザータイプ)×1 ■頭部B(コンバットヘルムタイプ)×1 ■頭部C(素顔タイプ)×1 ■頭部D(ディセプション・リピーターのみ装備タイプ)×1 ■ライトウェイトブレード×1 ■ガンナイフ×2 ■手首パーツ左右(ライトウェイトブレード持ち、ガンナイフ持ち、平手左右、武器持ち手(新規)、握り手) ■PVC製ヘキサグラム×1

(C) KOTOBUKIYA

類似商品と比較する


壽屋 ヘキサギア ガバナー ライトアーマータイプ:ローズ Ver.1.5 全高約74mm 1/24スケール プラモデル HG069
壽屋 ヘキサギア アーリーガバナーVol.6 全高約72mm 1/24スケール プラモデル HG071
壽屋ヘキサギア ガバナー ウォーメイジ・ツェルベルス 全高約76mm 1/24スケール プラモデルHG062
ヘキサギア アーリーガバナー Vol.2 全高約75mm 1/24スケール プラモデル
壽屋ヘキサギア ガバナー ウォーメイジ・ヘッツァー 全高約76mm 1/24スケール プラモデルHG061
カスタマー評価 5つ星のうち4.2 (37) 5つ星のうち4.3 (29) 5つ星のうち4.6 (57) 5つ星のうち4.0 (43) 5つ星のうち4.4 (68)
価格 ¥1,927
19ポイント(1%)
¥2,073
21ポイント(1%)
¥1,718
17ポイント(1%)
¥2,209
22ポイント(1%)
¥3,000
出荷 初回のご注文は送料無料です。詳細 詳細 初回のご注文は送料無料です。詳細 詳細 詳細
販売者 Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp 大阪物販取引所

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
37 件のグローバル評価
星5つ
47%
星4つ
27%
星3つ
25%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年3月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 よし! いくぞっ! 旋空z(略)。
ユーザー名: GAPPON、日付: 2021年3月2日
本商品は、日本のホビーメーカー『コトブキヤ』が2017年より展開中のプラモ(メーカーでは「キットブロック」と名付けています)シリーズである『ヘキサギア』の初期ラインナップの一つだった『ガバナー・ライトアーマータイプ:ローズ』の素材などを一部リニューアルした「Ver.1.5」です。

思えば、旧バージョンは5体ぐらい買いました。ですがそれは、別に数を揃えたかったからではなく「組んだら壊れ、塗装したら壊れ、改造したらやっぱり壊れたから」です。もっとも、そのおかげでABSやPVCが素材として使われているキットとの「つきあいかた」の勉強にはなりました。…高い授業料でしたけど(笑)、何だかんだで「壊さずに完成させられたキット」には今も愛着があります。

今回の商品の最大のトピックは「旧バージョンではPVCだった胸部アーマーがPS(ポリスチレン:普通のプラスチック)」になったことです。これでようやく、改造するにしろカラーアレンジをするにしろ、シリーズの本懐ともいえる「カスタマイズ」がやり易くなりました。

ではなぜ、旧バージョンは「あんな仕様」だったのでしょうか。これは私の想像ですが、恐らくあの頃は、このシリーズで人気が出そうなのはガバナー(本商品のようなミニサイズのパイロットフィギュア)ではなくヘキサギア(この世界における機動兵器の総称で、どれもガバナーが乗り込めるサイズで纏められている)のカスタマイズの方であろうとメーカーでは考えられていたからではないでしょうか。

つまり、ガバナーはあくまでも「ヘキサギアのオマケ」であるので、重用なのはカスタマイズ性より「パーツ点数を抑えた上で可動域も確保することでヘキサギアとの連動ギミックをアピールし、ユーザーに「あわせ買い」を推奨する」程度の販売戦略だったのではないかと、本レビューの筆者は考えたわけです。

「こんなに小さくてパーツも少ない割に1/144ガンプラ以上の価格設定にしたのでは、販売戦略として良くないのではないか」という意見はシリーズ開幕当時から多かったですが、アニメや漫画を原作に持たない商品を「売るリスク」を考えればヘキサギアの価格帯は妥当ではないかと思うのです(もし、アニメや漫画と連動すれば「安く売りやすくはなる」のですが、肝心の「売れ行き」までもアニメの評判に左右されますし、放送や連載スケジュールに商品開発が追い付かなければ、やはり「売り時を逃した」と問屋や販売店は判断するでしょう)。

本シリーズプロデューサーの亀山直幸氏は、過去のインタビュー(シリーズ開始から1年後ぐらいに行われたもの)で「(ヘキサギアの)メインターゲットは『フレームアームズ』を長く遊んできて、物足りなくなったような人たち」と「シリーズ当初の狙い」を打ち明けた上で「「ただし、『プラモデルを初めて作る』といった方々にも人気なのが、この『ガバナー』という人型フィギュアでした」と語っていました。

私としては、あの当時のガバナーのパーツ構成が本当に「初心者向けを狙ったものだったか」については疑問なのですが、キャラデザインはパチ組み(塗装しないでパチっと組むだけにすること)にも配慮した色分けになっており「つい、手に取ってしまった」というプラモ初心者が多かったというデータにも確かに納得がいきます(実際、私もそのうちの一人ですし/笑)。

その後、このシリーズは「ユーザーからの意見や批判」に耳を傾けながら進化を続けてきました。本商品にしても、旧バージョンで散見された意見「素顔状態の頭部が欲しい」「いや、顔を塗るのは面倒だから、むしろヘルメット状態が欲しい」「PVC製の胸部は塗りにくいので、何とかしてほしい」といった数々の要望にきちんと答えています。

とはいえ、本商品はあくまでも「Ver.1.5」です。改善されたとはいえ、それでも旧バージョンの要素がまだ幾らかはあるわけで、このキットからヘキサギアに初めて触れるという方へ「旧キットの問題点」をあらためて述べさせていただいた方が良いのかもと思ったことが、本レビューを綴ることになった「きっかけのひとつ」です(他にもあるのですが、それは最後にします)。よろしければ少しの間、お付き合いください。

まず、このガイドは「本商品への塗装は、部分塗装だけに留めたい」という方を対象と致します。ただ、それでもABS製のキットを塗ると壊れるという風評に対しての対策にはなりますので、例えばこのキットをすべて筆塗りでカラーアレンジしたいという方にとっても参考になるのではないかと思いますのでお試しください。

このキットの腕部と脚部は、大部分がABS製です。肘と膝の関節軸だけがPOM(ポリアセタール:頑丈だが、塗料を弾く性質がある樹脂)になっています。このPOM軸を肘や膝に「押し込む」ことで関節構造とする、どちらかといえば「完成品アクションフィギュアのような構造」になっているので、ひとたび組んでしまうとまずバラせません。

よって、塗装するなら組み立て前にということになります。組んだ後に塗装すると確実に割れますのでご注意ください。何しろ、ただ組んでいるだけでもパーツが白化しているのですから、ここに塗料の溶剤が浸透すれば割れるのは道理というものでしょう。
※白化しても「塗らない限り壊れない」のはABSが「少々ねじれた程度では壊れない頑丈な素材」であるからです。

もし、本商品を組立て後に全塗装したいのであれば、ラッカーやアクリル塗料ではなく「シタデル」「アクリジョン」といった「エマルジョン系の水性塗料」をお使いください(塗り間違えた所の修正にラッカー薄め液やエタノールを使ったら当然割れますが、シタデルであれば隠蔽力の高い色なので重ね塗りで修正できますし、アクリジョンを落としたいならマジックリンやルックといった浴室用の中性洗剤に一晩浸せば、完全とはいかないまでもかなり落ちます)。

「シタデル、高いんだよな…」という方は「水性ホビーカラーをランナー状態(切り出す前)のパーツに塗る」というのは如何でしょう(添付画像の商品は、この方法で筆塗りしたものです)。ゲート(パーツについてる枝)を切り出した跡は組んだ後でリタッチしなくてはなりませんが、破損のリスクは劇的に落ちますよ。

カラーリングについては、部分塗装するところだけリストアップしておきます。

レッド(本体アーマー色:モンザレッド、蛍光レッド、コバルトブルー、ホワイト)
ホワイト(頭部ヘッドセットなど:GXクールホワイト※ラッカー系)
ブルー(頭部ヘッドセット:ホワイト、クリアーブルー、クリアーグリーン)
ブロンド(髪の毛:ホワイト、黄橙色)
グレー(胸部アーマー上部など:ダークアース、ホワイト、パープル、ブラック)
ブラウン(各部アーマーの濃い色:レッドブラウン、ニュートラルグレー、ホワイト)
シルバー(武器:シルバー※混色無し)

顔の塗り(特に瞳)は色指定もないので困ったものですが、添付画像程度の仕上がりでも良いのであればぺんてる製シャープペンシル『オレンズ0.2mm』で描いてタミヤのエナメル塗料『ピンクブラウン』を薄く流し込んだだけでできます。

「そんな手抜きは勘弁ならん!」という方は、メーカーに早く瞳デカールを出すように要求しましょう(メーカーとしても発売したい意向ではあるそうなので、あとはユーザーの反響次第です)。

組立てはスナップフィット(接着剤不要)ですが、前髪については個人的に接着推奨です(もし不意に外れ落ちたら「絶対に見つからないくらい小さなパーツ」ですからね…)。この部位もPS素材ですので『Mr.セメントSP』のような流し込み接着剤があれば綺麗にくっつきます(最近品薄傾向ですが、無くても『タミヤセメント流し込みタイプ速乾』が同じ効果ですのでご安心ください)。

肘や膝の組み立ては関節軸を手で押し込んでも上手くいかない上に指が痛いだけなので、軸を机などの「硬くて平らな面」に押し付けると良いでしょう。私自身、それほど握力は強くありませんが、旧キットは毎回この方法で組んでいましたので試してみてください。

注意点は以上です。ここまで読んで「なんだか物凄く面倒くさいキットのように思えてきた」のであればお詫び申し上げます。実際にはそれほど色塗りせずとも足りない感じはありませんし、顔の塗りが嫌ならヘルメット頭部やサングラス顔にすれば解決します。

ちなみに今回は「アーカイブカード(キャラクターのSF設定と、美麗なイラストが楽しめるカード)」が付いていません。その意味では旧バージョンにもまだ存在意義はありそうですが、そちらは本商品の発売に合わせて廃盤となるそうなので、まだ手に入れてない方はお急ぎください。

最後に「改造について」です。「キットのカスタマイズ」はメーカーも推奨する遊びですが、それは本レビューの添付画像に掲載しているようなものを指してはいないだろうとは思います(笑)。それでも、ヘキサギアでこのデザインが発表された当時「…改造すれば、あの「版権が面倒なことになってる某アーケードゲーム」の主人公になるんじゃね?」と考えたのは私だけでは無い筈です。
※添付画像の「某地球外生命体フィギュア」や「片腕がメカになってるオッサンのフィギュア」は、すべてコトブキヤ製で揃えています。だからどうしたというわけではありませんが、本商品と無関係なフィギュアを掲載していることについて「ご容赦いただければ」幸いに存じます。

改造が上手くいったかはさておき、欲しかったものを自分の手で作り出せたことについては満足しています。よろしければ皆様も、欲しかったキャラクターの「自作用改造パーツとして」ヘキサギアを役立ててみては如何でしょうか。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年3月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年10月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年3月20日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する