中古品
¥2,000
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 木鶏堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2013年第1刷発行 カバー(背部上部に微切れ)・本体に書き込み等はなく大変綺麗な状態です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

売笑三千年史 (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 2013/7/10

5つ星のうち3.9 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥2,000
¥4,723 ¥2,000
お届け日: 8月15日 - 19日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

柳田國男と同時代に活動しながら、いわゆる正統な学者たちが避けたテーマへと果敢に分け入った「異端の民俗学者」中山太郎。主著となる本書を含め、その著作群は一見どぎつい題材とは裏腹に、史料考証を積み重ねたものである。不特定多数の男女が交わりあう各地の神事祭典や各種乱婚・貸妻制など、具体的で膨大な習俗を挙げつつ売買春発生の背景を考察。奈良時代以前の巫娼、平安の浮かれ女、鎌倉の白拍子、室町の辻君と、歴史を追って、つきせぬ情熱で売買春の諸相を総覧する。長らく入手不可能であった幻の書の文庫化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中山/太郎
1876年、栃木県足利郡生まれ。東京専門学校(現・早稲田大学)卒業後、報知新聞社などで記者として活動。在職中に柳田國男の研究に触れて感銘を受け、民俗学研究の道に入る。民俗歴史資料を渉猟するとともに聞き書きも交えて、売春・婚姻・巫女・若者・盲人・祭礼・信仰・葬儀・伝説・職人など、従来の研究者が避けてきたテーマを含む幅広い分野をまとめあげようと試みた。1947年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 4
星5つ
35%
星4つ
17%
星3つ
48%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年8月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入り
2016年11月17日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月10日に日本でレビュー済み
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告