中古品
¥ 7
+ ¥ 248 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。■Amazonコンディションガイドライン「良い」となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

売文生活 (ちくま新書) 新書 – 2005/3/8

5つ星のうち 2.8 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1

points

プライムデー期間中のお買い物で最大10%ポイント還元。

タイムセール商品も対象。エントリーは こちら

※Amazonカード通常還元率最大2.5%の場合

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



7/17[火] 23:59まで
年に一度のプライム会員限定ビッグセール。最大10%のポイントアップキャンペーンも同時開催中。
プライムデーセールを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

物書きたちは、いかにして自らの生活を成り立たせてきたのか?原稿料という、タブー視することの多かった側面に光を当てた、これまでにない作家論・文化論・日本論。

内容(「BOOK」データベースより)

投稿生活をへて作家・ジャーナリストとなった著者のみならず、物書きにとってお金の問題は避けて通ることのできない重大事だ。本邦初の“フリーエージェント宣言”をなし遂げた文豪・夏目漱石、公務員初任給の一〇〇倍は稼いでいた「火宅の人」檀一雄、「底ぬけビンボー暮らし」に明け暮れた作家・松下竜一…。明治の文士から平成のフリーライターまで、物書きたちはカネと自由を求めて苦闘してきた。本書ではそうした姿を、出版界の“秘部”とも言いうる「原稿料事情」を通じて描き出す。類例なき作家論にして日本文化論である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 266ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480062238
  • ISBN-13: 978-4480062239
  • 発売日: 2005/3/8
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 768,839位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2011年6月9日
形式: 新書|Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年8月31日
形式: 新書|Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年6月7日
形式: 新書
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年12月23日
形式: 新書
2011年9月3日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2005年6月1日
形式: 新書
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2005年3月11日
形式: 新書
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
VINEメンバー
2007年3月25日
形式: 新書
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー