中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/29

5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

増税、TPP、公共事業削減から橋本維新まで、「改革」の名で日本を滅亡に導く者たちの正体とその欺瞞を徹底的に暴く!

内容(「BOOK」データベースより)

いま目の前にある危機の本質と日本再生への真の道とは!?TPP、増税、規制緩和…「改革」で日本を滅ぼす者たちの正体を暴く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2012/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198633592
  • ISBN-13: 978-4198633592
  • 発売日: 2012/2/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,003位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まさに日本人みんなが考えていたことを
理路整然とずばり書いてくれた本だと言える。

平気で国民に嘘をつく政府、詐欺的なマニフェストを
掲げて選挙の時だけ日本人を騙そうとする政治家。

そして「改革」という単語をつけて、国家崩壊
を招く愚策を推進しようとする売国奴勢力。

「売国奴」いまこのショッキングな言葉にぴったり
当てはまる人物(特に政治家)がメディアに出てきては
嘘を叫んでいるが、彼らの欺瞞を見抜いている日本人は
増えてきている。

グローバリズムで金を儲けるのはだれか?
すでに世界を破たんさせてきた「ゆがんだ理論」の
正当性を叫ぶ人たちの嘘を打ち破るためにも
是非本書を読んでみてください。

この本はベストセラーになって欲しいし、日本人全員で
売国奴をこの国から追い出すために立ち上がるべき時だと
思います。
コメント 438人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2012/3/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
二人の武闘派エコノミストが我が国に巣食う"売国奴"たちにケンカを売る一冊である。
「失われた二十年」とも云われる経済不況の根本原因はどこにあるのか?一体誰が
「失われた三十年」にしようとしているのか?正体を知りたければ、絶対に手にとって
ほしい。この中身の濃さは只事ではないからだ。バブル崩壊後、我が国は"日本的"な
経済運営を放棄し、グローバリズム・市場原理主義・構造改革に邁進した。「悪いのは
日本の古い体質だ!」の大号令のもと、政治家・経済学者・マスコミ・官僚たちが右に
習えで"創造的破壊"に勤しんだ。族議員は"利権"と共に追放され、"維新"を唱える
ポピュリストが票を集める。TPPを"開国"の美名のもとに称揚し、「財政が破綻しても
いいのか!」という恫喝のもとに増税を掲げる。彼らが憧れた米国の市場原理主義は
リーマン・ショックでその限界を露呈したというのに。新自由主義は失敗したのである。

三橋氏は「日本のやり方でやらなければならないということです。アメリカなど見習う
必要はない。日本はいま、チャンスなんです」と言う。日本モデルこそが新たな基準、
新たなグローバリズムになりえるものなのだ。ふたりは最後にユニークな提言をして
いる。それは「や
...続きを読む ›
コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これまで読んだお二人の著作は、いずれも「目からウロコ」もの。
一流の論客どうしの待望の対談。期待に違わず、明快にして痛快であった。

「売国奴に告ぐ!」とのタイトルに込められている激しい怒りと覚悟と願いが、読み進むごとにびんびんと伝わってきた。
健全な良識と正しい道理をもつ人間が、民衆を苦しめているものの正体を暴き、本気で変えようとしている。
「怒り」の言葉は本物の証明と確信する。

本書ではまず、世界経済の混乱の「大本の原因を辿ると全部同じ」で、それは「新自由主義と構造改革」にある、とズバリと指摘をする。
「規制や国境をなくして自由な経済活動を可能とする」そして「金持ちに富が集中する」。この二つがセットで全世界に広まった結果が“グローバル恐慌”である、と。
そしてTPP問題の本質も、この「新自由主義と構造改革」との対決である、と位置付けて対談を展開していく。
こうした基本認識がしっかりしているので、常に論拠が明確で、議論がよくかみ合っている。

また、中野氏がテレビに出演した際に「ワンフレーズでインパクトのある構図を見せないと、われわれの商売が成り立たないんです」と言われたことが紹介されている。
「ワンフレーズ」との単語に、小泉元総理を想起するが、こう
...続きを読む ›
コメント 122人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
既に優れたレビューが多数upされているので、僭越ながら、なかなか理解されにくい論点を補足させて頂きます。本をよく読めば書いてあるのですが・・・

論点:三橋氏が主張する財政出動について、必要な国債発行に伴う財政赤字増加について心配ないのか?

中小企業診断士の資格を持つ三橋氏の財務診断によれば、日本国のストックの実態を示すバランスシートを見ると、政府赤字は大きいものの民間黒字はそれ以上に大きく、結果として純資産は世界一で当面国家破綻の心配はない。しかしフローの実態を示すGDPの伸び率(零または負)は世界最低レベルにあり、経済規模の地位低下が続いている。従ってGDPを増大させるためにデフレ脱却を最優先とすべきあり、デフレを促進する増税やTPPは危険。GDPが増えない限り財政再建や所得向上は実現できない。

ところで資本主義下でGDPを増大させるには、誰かが負債を負って投資・消費を増やすことが必須である。この負債は本来民間が負うべきだが、デフレ下では企業が萎縮しているため政府が負うしかない。そこで国債発行&財政出動の出番となるが、当該財政出動は民間資産に還流するので、政府セクターの赤字増大は民間セクターの黒字増大(乗数効果を伴う)となり、上記バランスシートの劣化は起きない。ということは次世代へのツケにもならない。「GDPが伸び
...続きを読む ›
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー