中古品
¥ 1,066
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

売れる数字 組織を動かすマーケティング 単行本 – 2010/11/5

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

マーケティング戦略を机上論にしないためには「3S=戦略・戦術・数字」で売らなければならない。特に重要なのが、目標となる「数字」の立て方。数字を使わないと、成功と失敗の違いがわからず、評価もできず、ノウハウが蓄積しない。「優れた数字」が、戦略と戦術の一貫性を生み出し、ビジネスの成功へと導く。「3K(=カン、経験、気合)」営業から、3S営業へ。「がんばっているのに売上が伸びない」という会社やあなたの悩みを解決する1冊!

内容(「BOOK」データベースより)

戦略と戦術を数字でつなげ!数字を使わないと、成功と失敗の違いがわからず、評価もできず、ノウハウが蓄積しない。売れない本当の理由は「一貫性のミス」にある。優れた数字が、戦略(考え方)と戦術(やり方)の一貫性を生み出し、成功へと導く。仕事の「数字=目標」は、ひとつでいい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2010/11/5)
  • ISBN-10: 4023308625
  • ISBN-13: 978-4023308626
  • 発売日: 2010/11/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
過去の著者の書籍を読んだことがある方は、
そのブレなさと、進化っぷりに感銘を受けると思います。
(書籍によって主張が異なる著者や、僕は大嫌い。焼き直しはもっと嫌い。)

読んだことがない方は、そのわかりやすい構成・説明に驚きます、きっと。
(マクドナルドや、加賀屋、コーチの事例は本当にわかりやすい)

僕は前者なんですが、差別化戦略×勝利の方程式や、差別化戦略×売り上げ五原則の、
チャートを見た時に震えました。(シブい?)

加賀屋の切り方にも驚いたが、第4章の事例でのまとめっぷりは本当にありがたい。

色々悩む中で、名著「ライフサイクルイノベーション」読了後に、
さらにこの本を読み終えたんですが、悶々としていた僕の頭の中がスカッとした。

p218はコピーです。一生もの。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
戦略や、実行計画を立てるけど、実際にやってみると当初の予定通りにいかない。。。

だからといって、ひたすら努力しても、なんとなく効果があるのかどうか分からない。。。

これらの悩みに対する一つの答えを示す1冊。

読めば読むほど理論はシンプル。

数学で定理を導き出すがごとく、さまざまな事例を元に方程式化された、
実践前提の理論に美しさすら覚えました。

会社経営はもちろん、あらゆる組織運営に応用可能だし、
個人のキャリア戦略にも、適用できる。

ソーシャルメディア時代の到来に伴い、個人ブランドの重要性が増す今日このごろ。
経営者じゃなくても、「マーケティング」的発想が必須となる時代がもうそこまで来ています。

経営者・幹部・マーケティング担当者に限らず、多くのプロビジネスパーソンにオススメしたい一冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
色んな企画、戦略を立てると、それだけが独り歩きし、結果として
何をしているのかよくわからなくなったりという事もあります。

それの1つとして、同書では、「数字を使う」という事がご紹介されています。
営業などの仕事をしている方は「数字」意識が強いでしょうし、経営をされて

おられる方はもちろんなんですが、戦略と戦術と数字という
いわば方向性と手段、目標数値が決まってから一貫性が出てきて、
全社員が共通の目的に向かっていけるという事が
色んな事例でご紹介されており、非常に参考になる本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
数字を使うことによって戦略と実行に一貫性を持たせようということを書いてあります。実行サイクルの「せ・す・じ・評価」という考え方はわかりやすいです。著者の本はもう数冊目です。「実践マーケティング戦略」や「ドリルを売るには穴を売れ」「売れる会社のすごい仕組み」を読んだ後、読んだ方がいいと思います。戦略Basicsや3つの差別化軸を理解したうえで読むとますますわかりやすい。著者の考えはわりとぶれていないので、一冊読むと前の本をまた読み返したくなります。少しはダブっているところはありますが、復習になるという感じです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 a people developer VINE メンバー 投稿日 2010/12/15
形式: 単行本 Amazonで購入
マーケティングをやる上で数字に強くなることは避けて通れない道だとずっと感じていながらも、勉強する術がなかったり抽象的な概念をなかなか数値化できずに悩んでいたりしたところ、ピッタリの本を見つけました。表紙からは平易で手軽に読める印象を受けましたが、実際の中身は意外と骨太。複数のフレームワークやツールを同時に駆使する必要があり、本書の内容を実践に移せるようになるまでには相応の努力が求められそうです。もちろん、「売れない本当の理由は戦略と戦術の一貫性のミス」といった指摘や、複数の企業事例は読んでいて即学びになります。また、コラム「プロ野球の戦略指標を考察する」は、ホームランやチーム打率といった目立つ数字が必ずしも勝利という最終成果には直結しておらず、全進塁数こそが打者が追うべき戦略指標だという主張が論理立てて述べられており、瞠目させられました。本書を読んだ後は、世の中のあらゆる事象を数値化して戦略立ててみたくなります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック