通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンのガイドライン基準にて販売させていただいております。帯は原則としてはございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略 単行本(ソフトカバー) – 2009/8/1

5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1,012

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略
  • +
  • ドリルを売るには穴を売れ
  • +
  • 図解 実戦マーケティング戦略
総額: ¥4,814
ポイントの合計: 129pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

とあるイタリアンレストラン。突然社長を任された若手女性社員が、すご腕マーケティングコンサルタントに『どんな業界でも役立つすごい売り方』を学び、ライバル店に立ち向かう物語。ストーリー+解説で、マーケティング戦略が丸ごと頭に入り、すぐに実践できます!

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、あの商品ばかり売れるのか?数々の企業で成果をあげたトップコンサルタントの最新マーケティング理論をストーリーで実況中継。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 285ページ
  • 出版社: 青春出版社 (2009/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4413037146
  • ISBN-13: 978-4413037143
  • 発売日: 2009/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,575位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
 この本は「ドリルを売るには穴を売れ」の続編にあたるストーリーです。

 前作で「そーれ・しちりあーの」を再生させた「うれたま」さんが、近くにできた
さまざまなイタリアンレストランとの競争を通じて、マーケティング戦略を基軸に、
「 企業のビジョンとは? 」や、「 どのように仕組みとして実現するのか? 」
という範囲まで含めてストーリーが展開されています。

 平易な文章で書かれているものの、こめられているメッセージと、実ビジネスを
念頭に置いたときにおさえるべき大事なポイントがきっちり押えられているので、
とても深い気づきが得られる一冊です。

 マーケティング系の本だと、往々にして「 こんなプランを考えました! 」で
終わってしまうものが多いです。
 しかし、本書の場合は副題にもある「明日から使える」だけの情報がおさめられて
いるので、マーケティング関係者もそうじゃない人も一読の価値ありです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本、会社の大先輩から紹介されて手にとりました。小難しい本に嵌っている
僕としては、正直この類の本をバカにしていました。小説仕立ての本。ん〜。
先輩、僕と話していてマーケティングへの理解が浅いと判断してこんな柔らかい
本を読むようにアドバイスしたんだな。ぐらいに。
でも、実際読んで見て驚きました。論理は確かだしなによりも具体性をもって
語られている。なにりも僕のなかで気付きにつながったのが、僕自身の姿勢。
会社のなかで、やれマーケティングは、役に経つから勉強しろだとか、マーケティング
ってのはな〜。とか、だからあんたは分かってないんだよ。っていうアプローチを
同僚、後輩はもちろん、上司にまだもしていた自分。聞き手がわかる言葉で
接することが如何に大事かに気付きました。相手が理解できることばで
マーケティングのフレームワークをつたえていかないと結局は実際の動きに
つながりませんから。それが組織だとなおさらです。
自分でマーケティングの勉強会を主宰していますが大いにこの本を参考に
今後はやっていこうと思っています。
Grazie 大先輩!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 企業立て直しや風土改革については、専門の職にしている人以外はなかなか取っつきにくい。そこで理論を記述する本が良くあるのだが、その中でも非常にいい内容だと思う。同じような本はいくつもあるのに何故か。

 まずは紹介する理論を非常に絞って理解しやすくしていることだろうか。著者はBASiCSと名付けているようだが、Battle Field(戦場・競合)、Asset(独自資産)、Strength(強み・差別化)、Customer(顧客)、Selling Message(メッセージ)というフレームワークで考える戦略論。後はせ・す・じ評価というオヤジギャグ風のPDCサイクルを早く回すこと、顧客の購買までの心理的なフローへのアプローチ、商品に関するアプローチぐらいだろうか。

 これらは灰色の紙に印刷されていて、物語と区別して参照しやすくなっている。また、主な登場人物が5人と少ないため、人物紹介を参照する回数が他に比べて格段に少ない。

 細かいことだが、差別化の軸として薄利多売、豪華主義、顧客密着の3パターンを紹介した上で、顧客密着型のストーリーにしている。他の2つは大企業か有名ブランドでしか実行できず、理論は紹介されても自分に当てはめることが難しい。日本の企業の多くは実は顧客密着型なのではなかろうか。

 さら
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
経営者がマーケティングを中心とした戦略を考える際にはどのようなことが必要か?
この命題に対して佐藤氏が考案した
「BAS'@CS」「売上5原則」「マインドフロー」「プロダクトフロー」
を織り交ぜながらストーリー展開している。

氏が常に解説しているのは「一貫性」と「具体性」の重要さだ。
ストーリーを読むことで全てのフレームワークが「一貫」していること、
そしてお客様を「具体化」し、戦略を「具体化」することの
大切さを実感することができる。

是非、マーケティング中級および上級者(特に経営目線が必要な方)に
読んで欲しい一冊だ。

なお、この本は「ドリルを売るには穴を売れ」の続編にあたるので、
先に「ドリルを売るには穴を売れ」を読むことをおススメする。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー