通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
声優男子。Vol.5 (ぴあMOOK) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

声優男子。Vol.5 (ぴあMOOK) ムック – 2016/10/26

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2016/10/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,300
¥ 1,300 ¥ 557
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 声優男子。Vol.5 (ぴあMOOK)
  • +
  • 声優Pick-upActor Vol.1 (タツミムック)
総額: ¥2,596
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【表紙+グラビア&インタビュー】
浪川大輔

【グラビア&インタビュー】
前野智昭
内山昂輝
増田俊樹
蒼井翔太
緑川光

【REPORT】
神谷浩史・小野大輔「DGS EXPO 2016」
神谷浩史「LIVE THEATER」
舞台「AD-LIVE」 ~鈴村健一インタビュー~

【PRESENT】
サイン入りインスタント写真


登録情報

  • ムック: 80ページ
  • 出版社: ぴあ (2016/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 483563165X
  • ISBN-13: 978-4835631653
  • 発売日: 2016/10/26
  • 梱包サイズ: 29.6 x 23.3 x 0.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,671位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最近の声優さんの、グラビアや写真集などでの露出が本当に多い中、「写真を見せる」というよりは「記事を読ませる」タイプの号だと感じました。(あ、露出が多いことに対する批判ではありません。)
浪川さんや緑川さんのようなベテラン勢についてご存じの方も多いかと思いますが、改めて経歴や現場での苦労話を読むと「すごい人だなぁ…」と思わずにはいられない内容でした。
増田さんは後輩気質の体育会系の顔もありつつ、「僕は本当に楽しくなければ笑いません」と言い切る潔さもあり(これは私は初めて知りました)、様々な作品で声を聞く役者さんですが、まだ知らない面があることに驚きと嬉しさを感じました。
前野さんが「自分の声が嫌いだった」ことも意外でした。下積みが長かったのは知っていましたが、その中身はよく知らなかったのでさらに彼について分かったのはファンとしては嬉しい限りです。グラビア撮影ではコンタクトを着用していたのに、「眼鏡姿が好きなファンもいるから」と伊達眼鏡を自前で用意してくれたようです。惚れ(直し)てまうやろー‼( 〃▽〃)

声優さんの声を「聞く」、姿を「見て楽しむ」、作品を「愛する」のも楽しいのですが、彼らについて「読む・知る」のもすごく楽しいと改めて思いました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告