ポイント: 33pt  (3%)  詳細はこちら
無料配送 5月26日 木曜日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 8:00 - 12:00の間にお届け 1 時間 36 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り7点(入荷予定あり)
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
壁を破る言葉 がカートに入りました
配送料 ¥330 5月 27-28日詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 消毒&クリーニング済み。多少の使用感があります。特に記載の無い場合は付録、特典などの付属品はついておりません。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。その他の状態についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインに準拠しております。ゆうメールで配送する場合は、土日祝日は配達がない為、到着予定日が土日祝日と重なる場合は翌平日の配達となります。まれに検品漏れ等がある場合がございますので、お気づきの点がありましたらお問い合わせください。
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

壁を破る言葉 単行本 – 2005/4/1

5つ星のうち4.2 78個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,100
¥1,100 ¥67

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 壁を破る言葉
  • +
  • 強く生きる言葉
  • +
  • 愛する言葉
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、創るのか。なぜ、生きるのか。岡本太郎から強烈な一撃。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

岡本/太郎
1911年、東京生まれ。岡本一平・かの子の長男。東京美術学校に入学するもすぐ中退、30~40年までパリに住む。数々の芸術運動に参加する一方、パリ大学で哲学・社会学・民俗学を専攻、ジョルジュ・バタイユらと親交を深める。戦後、創作活動を再開、現代美術の旗手として次々と話題作を発表した。70年の大阪万博テーマ館「太陽の塔」は国際的な話題となった。1996年、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ イースト・プレス (2005/4/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2005/4/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 180ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4872574257
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4872574258
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 78個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
78 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入り
2015年10月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年3月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 もう、どっか突き抜けて、ある境地に達していた人・・・岡本太郎!
2019年3月28日に日本でレビュー済み
岡本太郎の本を読んでいると、この人、仏法を極めてある境地に達した坊さんと同じだったのではないかという気がしてくる。
なにものにもとらわれない。俗世の凡俗のことなどかまわない。あるがままの自分だけで生きていく。そのまま社会にぶつかっていく。
子供の頃から好きで、いつかあの有名な太陽の塔を見てみたいと思い、大人になってから行ってみた。
よく晴れた夏の日でした。それはスックと立っていました。
圧倒的な存在感。「何なのだろうこれは!」というか「恐るべき意味の無さ!」というか・・・
塔、モニュメントというものは、何かを象徴しているものです。が、でも、これは何なのだろう?太陽の塔というからには、太陽なのでしょうが・・・
このまま永遠に立っていてほしい。
2千年ぐらいたって、人々はどう思って眺めるのだろう。
「2千年前に、万国博覧会という祭りがあり、ここに”お祭り広場”というのがあって、世界中の人達が集まってきていたと記録にあります。何かの祭祀祭礼が行われていたのでしょう。」などと凡俗顔の学者がわかったようなことを言う。
「いや違う!これは芸術だ!すごい奴が昔いたのだよ!」と看破した2千年後の岡本太郎が言う。
そういえば、縄文土器を”発見”したのも岡本太郎だった。
わかる人にはわかるのだ!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年4月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年10月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年11月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2014年3月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年8月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入