中古品
¥1
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 3月7日 - 11日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。

お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


壁の男 (日本語) 単行本 – 2016/10/28

5つ星のうち4.0 44個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1
¥4,720 ¥1
文庫 ¥825 ¥100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ラスト一行で世界が変わる

「以前から時代小説が好きで、そこに出てくるような一つのことにストイックに取り組む男を現代小説で登場させてみたかったんです」

栃木県のある町で学習塾を営んでいた伊苅は、自宅兼教室の壁に稚拙な原色の絵を描き始める。あるきっかけで周囲の民家の壁にも絵を描いてほしいと頼まれ、町はSNS上で話題になる。それを知ったノンフィクションライターの鈴木は伊苅を取材しようとするが、多くを語らない――。

第一章は壁画だらけの町が誕生するまで、第二章から最後の第五章までは伊苅に関する過去の物語が続く。この構成は執筆前、突然思い浮かんだという。

「五つの箱が降りてきた感覚です。最後の箱の終わり、つまり物語のラストシーンは頭にあるんですが、どうすればたどり着くのか自分でも分からない(笑)。初めての経験でした」

伊苅は大学進学後しばらく東京で過ごしたが、中年になって地元に戻った。家族はいたのか、絵を始めるきっかけは? 読者は、鈴木が伊苅の過去、そして絵を描き続ける動機を明かしてくれる人物だと期待するだろう。しかし……。

「最初から意図したわけではありませんが、取材で手に入れた伊苅の断片をつなぎ合わせることで、本当に一人の人間が見えてくるのか疑問が浮かんだんです。もちろん鈴木は色々な事実をつきとめますが、人の印象なんて捉え方次第で変わりますよね。鈴木を単なる狂言回しにしなかったことで、後半では思ってもみなかった鈴木の姿が立ち上がってきたように思います」

殺人など、犯罪こそ起きないが、人間の心や世界そのものがミステリーになってしまうのは著者ならでは。

「時代小説にインスパイアされたと言いながら、僕が書くとミステリーの技法を注ぎ込んでしまう(笑)。ラスト一行にたどり着いたときにこれまで見えなかった物語が一気に浮かんでくる仕掛けになっています」

その言葉通り、結末にたどり着いたときのミステリー的爽快感と同時に、むしろ書かれていなかった物語が動き出す。

「わざと空白を作って、それを読者に埋めてもらう小説を目指したからこその読後感でしょうね。特に第一章は伊苅の心情に関して、“嬉しい"というようなポジティブな感情は書きましたが、悲しさや悔しさはあえて表現しませんでした。最後まで読んでもらえば、あのとき伊苅はどんな心情だったか絶対にわかってもらえる自信がありましたから」

評者:「週刊文春」編集部

(週刊文春 2016.12.18掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

ある北関東の小さな集落で、家々の壁に描かれた、子供の落書きのような奇妙な絵。その、決して上手ではないが、鮮やかで力強い絵を描き続けている寡黙な男、伊苅(いかり)に、ノンフィクションライターの「私」は取材を試みるが…。寂れかけた地方の集落を舞台に、孤独な男の半生と隠された真実が、抑制された硬質な語り口で、伏せたカードをめくるように明らかにされていく。ラストには、言いようのない衝撃と感動が待ち受ける傑作長篇。

登録情報

  • 出版社 : 文藝春秋 (2016/10/28)
  • 発売日 : 2016/10/28
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 348ページ
  • ISBN-10 : 4163905529
  • ISBN-13 : 978-4163905525
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 44個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
44 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年1月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年1月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年7月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年10月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年7月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年5月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月6日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告