墨攻 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,100
通常配送無料 詳細
発売元: Y.m. SHOP
カートに入れる
¥ 3,100
通常配送無料 詳細
発売元: ハピトクショップ【365日迅速・丁寧・安心発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

墨攻 [DVD]

5つ星のうち 3.5 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,100 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,004 (24%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、しーざー堂 【土日も発送致します】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,500より 中古品の出品:14¥ 296より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アンディ・ラウ, アン・ソンギ, ワン・チーウェン, ファン・ビンビン
  • 監督: ジェイコブ・チャン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 北京語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2007/07/27
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000R17JM4
  • JAN: 4527427638655
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 33,682位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   2007年2月に公開された、アンディ・ラウ主演の歴史アクション。共演は、アン・ソンギ、ワン・チーウェンほか。原作は、絶大な人気を誇る森秀樹の同名コミック。コミックならではのダイレクトなスケール感を損なうことなく実写化に成功しており、物語の魅力をさらに増幅させている。アンディは、たったひとりで壊滅寸前の小国を救う稀代の天才戦術家・革離を見事に演じきり、アジアのトップスターの実力を見せつけた。また、敵将・巷淹中を好演したアン・ソンギの存在感も忘れがたい。迫力あふれる戦闘シーンはもちろんのこと、人間どうしの軋轢や友情、ロマンスなど、メンタル面でのドラマも丁寧に描かれていて好もしい。――戦国時代の中国。趙の大軍に狙われた梁城は、降伏を決意する。が、その時、ひとりの男が現れ…!?(みき~る)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

森秀樹の同名コミックを、アンディ・ラウ主演で映画化した史劇アクション大作。紀元前370年頃の中国。趙の大軍に攻め込まれようとしていた梁の王は、防衛の専門集団である墨家に助けを求める。しかし、現れたのは革離という戦術家ただひとりだった。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/5/23
前半は奇想天外な作戦が見所。繰り返される知略と息詰まる攻防、そして感情の軋轢が齎す終盤の混乱など、全篇で見せ場が用意されており、平均してテンションが高く飽きさせません。

敵の動きを先読みし、巧みなトラップで城内への侵入を許さぬ革離の獅子奮迅の活躍ぶりは、胸のすく爽快さ!!

CGもそれほど使わないで、娯楽歴史活劇としてのスケール感と迫力をダイナミックに映像化したのは凄い。戦闘モッブシーンなど、スピーディで重量感もありテンポもいい。

撮影監督は日本の阪本善尚が担当しており、リアル感満点の多彩映像を素晴らしいカメラワークで実現しています。音楽も「アヴァロン」の川井憲次が担当しており、東洋的な味わいと迫力の音楽で盛り立てています。

後半は、王や腹心と革離たちとの人間関係が悪化するドロドロ政変ドラマへと変貌します。戦略を用いながら本懐を“民を守る”ことに置く墨家としての理想を堅持しながら、戦争のあまりにむごい現実との乖離に苦しむ革離の姿を対比させる。人を殺さずに墨守することの明確な答えはなかったけれど、そうしたヒントがあったように思います。

ただ、1本の映画としてみると、エピソードを詰め込みすぎて個々のエピソードが充分に活きていないこと。ファン・ビンビン演じるヒロインの存在が明らかに
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ewolf 投稿日 2007/11/25
シチュエーション的には、絶体絶命の国を救うべく訪れた援軍はたったひとり!? 
と燃える展開なのですが、いかんせん、援軍がひとりでも誰もびっくりしないし、自慢の知略も半分くらいご都合主義的展開で、敵さんの奇襲攻撃のほうが奇をてらってたりします(苦笑)
他にも、鎧のまま水に飛び込み平然と泳いだり、火の海の中主人公だけ不自然に無傷だったり、穴掘り一人で地下水を掘り当てたり(しかも素手で)と、いろいろと萎えさせてくれました。

漫画は読んだことないですが、そちらのほうがオモシロそうだなぁ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 こうゆう古代戦記ものはストーリーの先が見えて面白くないという方もいるでしょう。確かに面白くないもの多いです。しかし、これは好きです。最後まで面白く見れました。平凡なストーリでも見せてしまうというのはすごいことだと思います。戦争とは?平和とは?と深刻に考えるというわけでもなく、戦って最後がハッピーエンドというハリウッド映画ほど単純でもない。
 理想を求めても現実の冷徹さの前には屁のツッパリにもならない。それでも理想を追い求めてしまうところがかっこいい。男のやせ我慢は、いつの時代もかっこいいのです。でも、女性の人には支持されない分野かもしれませんね。「7人の侍」が好きな人には面白いと思います。
 ただ、宣伝用の「10万人の敵にたった一人で挑む。」というコピーはいただけません。そうゆう台詞はありますが、ぜんぜん違う。かれは、領民を鼓舞して、皆で戦っている。足をひっ張る者もいるが、彼一人で戦っているわけではない。主人公の革離が聞いたらびっくりすると思いますよ。そんなの一人じゃ無理だよ、と。(笑)
<追記>原作を読みましたが、主人公のキャラクターは映画のほうが好きです。女性の将軍がいたり、ロマンスがあったり、細部は全くナンセンスですが、映画ではこの町を守り抜く、この人々を守り抜くという強い意志が前面に出ている。博愛の部分が強調されています。それに比べて
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MK5 投稿日 2009/12/19
作品としては、アンディー氏がかっこよく映し出されすぎである。

”革離”はきっと頭のきれる人物だったのだろうが、前線であそこまで陣頭指揮していたら無傷ではいられなかっただろう。

とはいえ、どこぞの国の組織に”専守防衛”をモットーにした部隊が実在する事は記憶の片隅におくべし。

”攻撃は最高の防御”と説く国とどうやりあっていくのだろう?

---
<墨家十論>

1,兼愛
兼(ひろ)く愛する、の意。全ての人を公平に隔たり無く愛せよという教え。儒家の愛は家族や長たる者のみを強調する「偏愛」であるとして排撃した。
2.非攻
当時の戦争による社会の衰退や殺戮などの悲惨さを非難し、他国への侵攻を否定する教え。ただし防衛のための戦争は否定しない。このため墨家は土木、冶金といった工学技術と優れた人間観察という二面より守城のための技術を磨き、他国に侵攻された城の防衛に自ら参加して成果を挙げた。
3.尚賢
貴賎を問わず賢者を登用すること。「官無常貴而民無終賤(官に常貴無く、民に終賤無し)」と主張し、平等主義的色彩が強い。
4.尚同
賢者の考えに天子から庶民までの社会全体が従い、価値基準を一つにして社会の秩序を守り社
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー