中古品
¥1,980
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 SHoRoKu
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 4ページ赤鉛筆の線引きがありましたが、消しました(うっすら消しあとが残っています)。全ページ、チェックしましたので、それ以外の線引き・書き込みがないことは、確認いたしました。初版(2007年1月10日発刊)。ちくま学芸文庫。帯はありません。カバーの背の上部に少しすれがありますが、それ以外はカバー本体とも状態は総じていいです。小口はきれいです。ページ折れ、開きぐせなどはありません。線引きがありましたが、本体の状態はわりと良好ですので、総合評価は「良い」といたしました。何かお気づきの点がございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。よろしくお願いいたします。77
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


増補 科学の解釈学 (ちくま学芸文庫) (日本語) 文庫 – 2007/1/1

5つ星のうち3.8 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1,980
¥1,700
お届け日: 9月28日 - 30日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

はたして科学は万能なのか。19世紀以来の「科学主義」は、現在なお「自然主義」の衣を纏って生き続けている。本書は「科学主義」と「反科学主義」をともに退け、科学を自然というテクストを解読する解釈学的営みとして捉え直す。ハンソンとクーンの「新科学哲学」、クワインの「知識の全体論」、ウィトゲンシュタインの「アスペクト論」を手がかりに、科学哲学に「科学的理性批判」という本来の哲学的課題を担わせることを目指す。ここに新たに論文3篇を加え、サイエンス・ウォーズや実在論/反実在論など、現代の哲学状況と切り結ぶスリリングな論考。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野家/啓一
1949年、仙台市に生まれる。1971年、東北大学理学部物理学科卒業。1976年、東京大学大学院科学史・科学基礎論専攻博士課程中退。1979‐80年、プリンストン大学客員研究員。現在、東北大学副学長。専門は科学哲学。1994年に第20回山崎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2007/1/1
  • 文庫 : 481ページ
  • ISBN-10 : 4480090398
  • ISBN-13 : 978-4480090393
  • 出版社 : 筑摩書房 (2007/1/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 4個の評価
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。科学哲学