• ポイント: 43pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
増補 求道と悦楽――中国の禅と詩 (岩波現代文庫) がカートに入りました
+ ¥ 300 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【返金保証】きれいな状態です。除菌クリーニング後、中身が見えない梱包で発送致します。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きます】■郵便ポスト投函による「ゆうメール」配送のため日祝配送不可となり、また郵便追跡はできませんのでご了承くださいませ。※万が一、配送途中の紛失や到着納期が大幅に遅延してしまった場合は、送料を含む商品代金全額をお返しいたします。■Amazonからのメールと重複してしまいます為、弊社から注文確認・発送完了メールは配信いたしません。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます。■全ての商品はAmazonコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答えできない場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

増補 求道と悦楽――中国の禅と詩 (岩波現代文庫) 文庫 – 2012/1/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2012/1/18
¥ 1,469
¥ 1,469 ¥ 980

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 増補 求道と悦楽――中国の禅と詩 (岩波現代文庫)
  • +
  • 増補 自己と超越――禅・人・ことば (岩波現代文庫)
  • +
  • 禅思想史講義
総額: ¥5,249
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

入矢義高は、唐宋代の口語・俗語を多用した禅語録を、精確に解読することで、文学としての中国禅の理解を画期的に深めた。入矢の「禅と文学」に関する論文、随想を精選してまとめる。求道者は、言語を絶した体験を文学として表現することで、そこに無上の悦びが生まれることが語られる。今回、新たに六篇の論文・随想を増補した。(解説=衣川賢次)

内容(「BOOK」データベースより)

禅語録の語学的・文学的研究を確立した著者による代表的な論文、随想をまとめる。唐宋代の口語・俗語を多用した禅語録を、精確に解読することで、旧来の伝統的解釈に囚われない新たな禅思想の理解が可能にされる。語録、禅僧の詩偈を解読した論文の他に、寒山、董/蘿石、水滸伝、老子など中国古典文学も取り上げて、広く「禅と文学」の問題が論じられる。白居易、明代の文人、敦煌説話等の中国古典文学に関する論文六篇を、新たに増補した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 岩波書店; 増補版 (2012/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006002580
  • ISBN-13: 978-4006002589
  • 発売日: 2012/1/18
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,312位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう