• ポイント: 29pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ち... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに軽いスレ・傷・小さい破れ(補修済)、天地小口に薄汚れありますが、本文は書込み、経年ヤケ、開きグセなく、良好な状態です。簡易アルコール消毒済みです。クリスタルパックで丁寧に包装の上、ゆうメールにて迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫) 文庫 – 2015/4/8

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 950
¥ 950 ¥ 548

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫)
  • +
  • 私小説―from left to right (ちくま文庫)
  • +
  • 本格小説〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,807
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

明治以来豊かな近代文学を生み出してきた日本語が、いま、大きな岐路に立っている。我々にとって言語とは何なのか。小林秀雄賞受賞作に大幅増補。

内容(「BOOK」データベースより)

日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となった“普遍語=英語”の問題を避けて、これからの時代を理解することはできない。われわれ現代人にとって言語とはなにか。日本語はどこへいくのか。第8回小林秀雄賞受賞の意欲作が、大幅増補で待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 460ページ
  • 出版社: 筑摩書房; 増補版 (2015/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480432663
  • ISBN-13: 978-4480432667
  • 発売日: 2015/4/8
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,221位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.3

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 6件目のレビューを表示

2018年3月23日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月17日
形式: 文庫
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月18日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月16日
形式: 文庫
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年6月14日
形式: 文庫
69人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月25日
形式: 文庫
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。センター 英語