通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
増補新装 カラー版世界服飾史 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 2401395
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

増補新装 カラー版世界服飾史 単行本 – 2010/3/24

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 949

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 増補新装 カラー版世界服飾史
  • +
  • 史上最強カラー図解 世界服飾史のすべてがわかる本
  • +
  • 図説 ヨーロッパ服飾史 (ふくろうの本/世界の歴史)
総額: ¥6,804
ポイントの合計: 205pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は服飾とその歴史が持つ多様性と意味の大きさ深さを考える恰好の手引として編集された。
服飾は時代の美を集約する美術作品や驚くべき奔放な創造性を示す。
最新の技術や素晴らしい手仕事が集約されたものでもあり、それらが豊富なヴィジュアル資料を駆使して簡潔に把握できるよう構成されている。
本書は1998年4月刊行の「カラー版 世界服飾史」の12年ぶりの増補新装版。本文(カラーページ)がプラス8ページ、データ分(モノクロページ)がプラス10ページの総ページで18ページ増の総218ページ(年表含む)の増補新装版です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

深井/晃子
京都服飾文化研究財団理事、同チーフ・キュレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 218ページ
  • 出版社: 美術出版社; 増補新装版 (2010/3/24)
  • ISBN-10: 4568400775
  • ISBN-13: 978-4568400779
  • 発売日: 2010/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 355,742位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kaizen #1殿堂 投稿日 2010/6/27
形式: 単行本
古代の服飾から描いている。
16世紀から21世紀までが中心。

主に正装ナノで、土着の民族衣装は出てこないのが残念です。
「世界」といっているのにヨーロッパが中心なのも気になりました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
決して退屈しない。美しい写真を眺めているだけで、心はバロックのギャランな貴族の決闘シーン、ロココの優雅な貴婦人の踊る舞踏会、マリー・アントワネット時代の宮廷に飛んで行く。,確かに欧米の服飾中心という印象は否めないが、世界共通の服飾という視点に立っているので、結果としてそうなったと言う事であろう。これでもかこれでもかと、女性の美を引き出し、女性に美を与えて来た、創意と工夫に溢れた服飾が次々と登場してくる。説明文は気なるファッションの時のみ読み、後はぱらぱらと美しい服飾を眺め、ポンパドゥール夫人から原宿ゴスロリ・ファッションまで時空を超えて服飾の美の散歩ができる。まさにファッションとは「時間」と「空間」という二つのカテゴリーを通して身体に意味を与える実践である(「モードと身体」(角川書店))。このような美しい服飾を眺めて行くと、なぜか今度は日本の服飾史をも見てみたくなる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告