¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
増補改訂版 V字回復の経営―2年で会社を変えられま... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

増補改訂版 V字回復の経営―2年で会社を変えられますか 単行本 – 2013/6/26

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,628 ¥ 1,469

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 増補改訂版 V字回復の経営―2年で会社を変えられますか
  • +
  • 戦略プロフェッショナル[増補改訂版]
  • +
  • 経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥4,474
ポイントの合計: 189pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本復活のチャンス到来! 真の経営の「要諦」を説く驚異のベストセラー! 変革ドラマの舞台裏を明かす実在ヒーローと著者の対談を加え、装いを新たに、読みやすくした決定版! 日本的改革のモデルを提示。

成功に導くシンプルな戦略、熱き心の「魂の伝授」―再生劇の真実、教訓の活かし方、その後の成長物語への軌跡を初めて明かす対談は出色の面白さ。

内容(「BOOK」データベースより)

実在リーダー同士による熱き対談を増補!日本的改革の要諦を説く名著。組織を「戦う構造」に変え、骨太の「戦略ストーリー」を作り、一気呵成に逆転する方法を伝授。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 424ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社; 増補改訂版 (2013/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532318874
  • ISBN-13: 978-4532318871
  • 発売日: 2013/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
経営コンサルタントの過去の実例をベースにした臨場感ある物語と、著者のコンサルタントとしての的確な指摘/メモがどちらも非常に面白いかつ、勉強になります。

不振にあえぐ潰れそうな事業をどう立て直すか、
著者がその会社に乗り込んで、どう改革し、
不振事業をV字回復させたのか、
リアルな体験をベースに描かれています。

この本を読むと、他人事とは思えなくなってくるのではないでしょうか。
今、自分の会社がそんな状況じゃないかとか、
日本全体がまさにこんな状況じゃないかとか、
組織の衰退、腐敗を考える良書。

ぜひ読んでほしい1冊。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
終止まるでドラマのような緊迫感ある展開で、小説を読むような感覚で経営戦略理論を学ぶことが出来る。
また、その合間に頻繁に出てくる解説は説得力の塊のようなもので、引き込まれるようなストーリー展開に水を差してしまっているのも事実だが、
理解を深める意味では大きな役割を果たしていた。

物語の中で数々と浮き彫りになる「太陽産業」の問題点は、実際に大半の日本企業にも当てはまっていて、
かつなかなか改善へと動き出すことができないでいるものばかりだ。
多くの読者は、自分の勤める会社のことを思い返して、ハッとさせられたに違いない。

しかし、読み進めていくうちにそれらを解決するヒントも数多く散らばっていて、
読み終えた後は自省の念に駆られると同時に、自然とやる気に満ちあふれていることだろう。

ボスコン出身、ターンアラウンドの専門家である著者の本とあって、経営戦略の考え方が多く登場するが、
それだけではなく情熱や強い意思を持つことの重要性も読み取れて、そこが他の本と一線を画している一つのポイントであるように感じた。

経営者の方はもちろん、自分の会社での振る舞い方に疑問を持っている方、そして文中にも登場する
「あなたはもはや野党ではいられない」という意味を知りたい方には是非読んで頂きたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一見、自己啓発本や戦略、根本的な考え方を論じている本の印象だが、ノンフィクションの物語を読んでいると同じ「リアリティ」を味わうことの出来る一冊である。経営コンサルタントの厳しい世界はもちろん、その考え方から行動の仕方、さらには事例をベースに様々な視点から組織、事業、経営者を視ることが出来る。実際に働いたことのない身として論じるだけでは響かないような内容がすべて、「迫真のストーリー」として頭に残り、純粋に面白く、考えさせられ、自分の会社をもっと「知りたくなる」。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の良い点は、V字回復し立て直した企業のストーリー中で問題点とポイントが要所要所に書かれていることです。
ストーリーでも、悪い状況だなと理解できるのですが、
なぜこのような悪い状況が作り出されるのか、
何が問題だったのかというのが、
明確に分かり

・問題解決の糸口を探している人
・これから会社を立て直そうとしている人

に是非読んでほしい一冊です。

組織やチームの問題というのはどこでもあるものです。
一度低迷した組織をもう一度回復させるのは、ただ利益を上げるためだけの努力だけではなく、組織を解体して問題点を一つ一つ潰していく必要があり、とてつもない努力と苦労が必要と感じた一冊です。

日本の企業がより良くなるための一冊と言えます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『V字回復の経営――実話をもとにした企業変革ドラマ(増補改訂版)』(三枝匡著、日本経済新聞出版社)は、業績不振企業・部門に所属する人間にとって必読の書である。なぜならば、目を覆いたくなるような悲惨な実態、変革に向けての血みどろの闘い、その後の目覚ましい業績回復のドラマが、臨場感豊かに描き出されているからだ。それも当然といえば当然である。この増補改訂版の巻末で初めて明かされていることだが、著者がコンサルタントとして、そして改革責任者として深く関与したコマツの産業機械を扱う産機事業本部と、その傘下の販売子会社・コマツ産機の実話に基づいているからである。

著者の本書執筆の目的は、シンプルかつ明快である。「日本企業の元気を取り戻すためには、組織の中で『今そこにいる人々』を元気にすることが最大の経営課題なのだ。日本企業の強みは日本人の平均点の高さだ。『今そこにいる人々』が強いリーダーの下で目を輝かせ、戦略ストーリーを共有し、心を一つに合わせて頑張れば、日本企業はとてつもない強みを発揮する余地を残している。それが、本書の最大のメッセージである」。

その具体的な「改革(経営行動) 9つのステップ」は、このように説明されている――第1ステップ「期待のシナリオ」(「具体性不足」の壁を壊す)→第2ステップ「成り行きのシナリオ」(「現実直視不足」の壁を壊す)→
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー