通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
増補改訂版 - 追跡・アメリカの思想家たち (中公... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 里山堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯なし。カバーに多少のヨゴレ・シワがあります。本文はヤケ・書込み等無く、綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

増補改訂版 - 追跡・アメリカの思想家たち (中公文庫) 文庫 – 2016/7/22

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 347

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 増補改訂版 - 追跡・アメリカの思想家たち (中公文庫)
  • +
  • トランプ現象とアメリカ保守思想
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ラッセル・カークから始まった、現代アメリカを形作ってきた思想家たちを訪ねる“旅"。
彼らの思索の中核には何があるのか。
保守、リベラルといった概念の真の意味とは――。
著者の精緻な読み解きが、アメリカ文化の複雑さと奥深さ、そしてパラドクスをも浮かび上がらせる。文庫化にあたり〈「トランプ現象」とラディカル・ポリティクス〉を収録。

目次
プロローグ メコスタ村へ
第一章 戦後保守思想の源流――ラッセル・カーク
第二章 ネオコンの始祖――ノーマン・ポドレッツ
第三章 キリスト教原理主義――J・グレシャム・メイチェン
第四章 南部農本主義――リチャード・ウィーバー
第五章 ネオコンが利用した思想――レオ・シュトラウス
第六章 ジャーナリズムの思想と機能――H・L・メンケン
第七章 リベラリズム――ジョン・ロールズ
第八章 リバタリアン――ロバート・ノジック
第九章 共同体主義――ロバート・ニスベット
第十章 保守論壇の創設者――ウィリアム・バックリー
第十一章 「近代」への飽くなき執念――フランシス・フクヤマ
第十二章 「歴史の終わり」から「歴史の始まり」へ――フランシス・フクヤマ(続) 第十三章 「トランプ現象」とラディカル・ポリティクス
エピローグ 戦後アメリカ思想史を貫いた漱石の『こころ』

内容(「BOOK」データベースより)

ラッセル・カークから始まる、現代アメリカを形作ってきた思想家たちを訪ねる“旅”。彼らの思索の中核には何があるのか。保守、リベラルといった概念の真の意味とは―。著者の精緻な読み解きが、アメリカ文化の複雑さと奥深さ、そしてパラドクスをも浮かび上がらせる。文庫化にあたり“「トランプ現象」とラディカル・ポリティクス”を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 増補改訂版 (2016/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 412206273X
  • ISBN-13: 978-4122062733
  • 発売日: 2016/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,983位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 保武佳吾 トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/18
形式: 文庫 Amazonで購入
 トランプ政権の誕生をただ保護主義やポピュリズムの台頭と解するだけにしてしまうのを避けるためのような書。
 新潮選書の一冊の増補文庫化。
 ロールズ以外は保守思想の系列である。
 内容からすると中公文庫に相応しいとは云えよう。
 底本にレビューがあるので、評価されない面も既に言及されている。ただ、ちょっとした言及にも深さがなくはなく、それが思想というものだという面もあろう。読み取る方に能力があれば、これくらい簡潔な方がすっきりしていると逆にも云えるかもしれない。
 バーク『フランス革命の省察』、トックヴィル『アメリカの民主制』、エリオット『文化の定義のための覚書』等の古典をどう読むか、これらが米国ではどう読まれてきたか、読まれているかを知るためにも好適。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告