この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


増税と政局・暗闘50年史 (イースト新書) (日本語) 新書 – 2014/4/10

5つ星のうち3.9 25個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥9,980 ¥18
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

生き地獄に等しいデフレからようやく抜け出そうとしているときの消費増税は、なぜ「予定どおり」に行われたのか。そもそも、なぜ消費税とその増税が大蔵省で伝統となり、財務省に引き継がれたのか。田中角栄の時代から連綿と続く大蔵省・財務省と歴代総理の権力闘争の歴史を、気鋭の憲政史家が検証する。

著者について

1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、同大学で日本国憲法を教え、現在に至る。日本近現代史の泰斗でもある鳥海靖教授に師事し、同教授の退任に伴って同大学院を退学。2012年、希望日本研究所所長を務める。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
評価の数 25
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2017年3月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年5月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
85人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月5日に日本でレビュー済み
64人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年4月7日に日本でレビュー済み
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告