通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
境界性人格障害(BPD)のすべて がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 送料無料!帯あり、カバーに1cmほどの凹みが1箇所、角部にイタミがあり、中身は見返しにスタンプが押してありますが、書き込みなく綺麗な状態です。丁寧に梱包して迅速に発送いたします。アマゾン配送センターからの発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

境界性人格障害(BPD)のすべて 単行本 – 2004/6/1

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 236

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 境界性人格障害(BPD)のすべて
  • +
  • 境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書)
  • +
  • 境界性パーソナリティ障害は治せる!  正しい理解と治療法 (心のお医者さんに聞いてみよう)
総額: ¥4,277
ポイントの合計: 186pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

感情が不安定で、爆発的な怒りを発しやすく、自傷行為をおこなう、自分のリアリティに周囲を巻き込む、論理的な説得が伝わらないなど、本人はもちろん、周囲の人も傷つきへとへとになってしまうBPD(境界性人格障害= ボーダーライン) 。近年その研究が進み、医療現場でも注目を集めているBPDについて、長年に渡る豊富な臨床例と、それらに基づくさまざまな対処法を記し、米国でもっとも信頼できるBPDの書のひとつとしてロングセラーを続けている本の日本語版です。
 ADHD など他の障害との合併症として存在するケースも多く、臨床家も判断するのが難しいとされてきたBPDの診断基準を、人に対する不安定で激しい態度、自傷行為の繰り返し、気分の激変などの明解な8 項目にわけて紹介。またさまざまな人のケースをくわしく解説しながら、BPDの症例と対処法を具体的に示しています。
 医療現場でも対応が難しいとされているBPDですが、当事者や家族、医療担当者らが一緒になって根気よく取り組めば、治療は可能で、少なくとも症状は大幅に改善できることも、さまざまなケースを通じて紹介されています。本書の「SET のコミュニケーション」サポート( 支持する) 、エンパシー( 共感する) 、トゥルース( 真実を伝える) と呼ばれる治療の基本(BPD以外にも応用できます) を始め、怒りへの対応、グループ療法の有効性、娯楽が症状改善に果たす役割など、BPDに関する知識を得るだけでなく、当事者や関係者に希望を持っていただける内容が充実しています。
 また、日本語版の発行にあたり、弊社既刊書籍『知って良かった、アダルトADHD』の著者であり、専門医でもある星野先生のインタビューを巻末に掲載。これが大変読み応えある内容。この部分をお読みになるだけでも、この本をお買いになる価値があります。                                
●BPDの原因に深く関わる家族関係の見直しや、子ども時代に負った心の傷を癒すことが不可欠。
●パートナーや家族への関わりは、暴力的な支配、あるいは支配への依存に陥りやすく、互いに傷つきヘトヘトになってしまう。
●BPDの人を責めたり、同情したりするのは逆効果。一人では歩けないが、一人で歩けるように導いていくことで状況は改善できる。必要に応じて専門家に相談を。
●BPDの治療は、SETのコミュニケーション──サポート(支援)、エンパシー(共感)、トルース(真実)──が基本。
●つらい状況を乗り越えたBPDの人には、介護士や看護師になる人も多い。人から感謝されることはBPDの改善に大きな効果がある。

内容(「BOOK」データベースより)

「21世紀はパーソナリティ障害の時代」と言われている。「他の障害の合併症」としても頻出するBPDは、実はその当事者が非常に多い障害。感情が不安定。怒りと親密さを短時間に行き来する。ベクトルが内部に向けば自傷行為、外部に向けば激しい怒り。本人も周囲もへとへとになってしまうBPDの原因から実践的コミュニケーション法にいたるまで、BPDのすべての疑問に答えた米国ロングセラー良書。福島学院大学星野先生のわかりやすい巻末解説付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 339ページ
  • 出版社: ヴォイス (2004/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4899760701
  • ISBN-13: 978-4899760702
  • 発売日: 2004/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/24
形式: 単行本 Amazonで購入
私はこの病気です。精神科に通っています。
これほどまでにこの障害について書かれた本は他にはないのでしょうか。本人の私が読んでもこころから理解が出来、ずっと手元に置いておきたい本になりました。この障害に悩んでいる方にぜひ一読をお勧めしたいです。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は境界性人格障害です。
この本は、患者の心構えのようなニュアンスで書かれており
大変、勉強になりました。
ラストの「日本の境界性人格障害の現状」の対談も参考になりました。
「境界性人格障害の子供をつくる方法」に私の人生が
ピッタリとあてはまり、涙がでました。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
20歳代の娘について悩み いろんな本を探して8冊目でやっと出会えた良書でした。お医者様に聞いても、他の本でも納得・理解できなかった事の答えをくれました。絶対お薦めです。悩んでいるみなさん一緒に頑張りましょう!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
おかしな人、困った人、怖い人…いろいろな形容のされ方をするBPDは“病気”なのだと納得。だからこそ治療が可能であると得心した。おそらく患者も周りの人々も絶望することが多かったと思われるが、本書を読めば、たいへんではあるが治る病気であると勇気づけられるのでは。
確かに本書も、前半はとても重苦しい絶望感に襲われる部分が多い。そこで、というわけではないが、途中で巻末のインタヴューにいくのがおすすめ(最初に読んでもいいかも)。編集佐藤のインタヴューに、星野医師が自身の事例を交えてわかりやすく、そして希望をいだかせる内容で応えており、ホッとしたものである。むろん、原書の後半にも米国における数々の実践例が述べられており、決して絶望するだけの病でないことに心救われる。
それにしても、BPDの治療には周りの“愛”が重要なのだということをつくづく感じた。LOVEだけでない愛、菩薩の慈悲にも似た愛こそが患者を癒すのだと教えられた。BPDと健常の“境界”のあやふやさを思うとき、だからこそ、直接患者と関係することのない人々にも読んでほしい。“境界”を越えないでいられたのが、周りの“愛”のおかげだったと気づくことができると思うから。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
翻訳ものなので、ちょっと読みにくく時間がかかりました。BPDの事を手っ取り早く知る為なら、最近の日本語の本を読んだほうが分かりやすいかもしれません。

患者が自分の事を話す形をところどころに取り入れ、色々なケースを紹介しています。そして周りの人がしっかりSET(support, empathy, truth)を意識して接していくことで、本人および周りの人も変わっていく必要のあることを伝えています。

実は読みながら思ったのですが、この本の構成そのものも、読者に対してsupport, empathy, truthの段階を踏んでいるような気がしました。順に読む事で、読者の自己認識・改革を促している、と言うのは考えすぎでしょうか?
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
統合失調症のような本格的な精神病と神経症の間に位置付けられている
境界性人格障害は、全体像が茫洋としてつかみどころがない印象を持っていた。
本書を読むことで、一定程度、そのイメージがつかめたとは言える。

その中で、最も分かりやすかった特徴として次のような記述があった。
「安定したアイデンティティを確立するために、BPDの人たちは、いつもつきまとって
離れない『自分が本物ではない』感覚、つねに「ごまかしつづけている」ような感覚と
葛藤しています。」

この件は境界性人格障害の一側面をとてもうまく切り取っていると思われる。
人格障害と言われるだけあって、キーワードはアイデンティティなのだ。
そして生来的な脳の機能障害よりも、機能不全家族の元での成育歴こそが
その発現の鍵を握っているという。それはもっともなことだと思う。
環境論であれば、この障害が増え続けているとする指摘も腑に落ちる。

数年の根気強い治療を要するが、治療の対象外と言わないところも希望が持てる。
ただ、筆者はBPDの原因についての考察には成功しているとは思えないし、
BPDの人に対応するためのメソッド「SET」(サポート=支持、エンパシー
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー