中古品
¥3,200
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに多少のスレ、薄いヨゴレがあります。帯はありません。本文は概ね良好。表紙カバーはアルコール消毒済みです。Amazon配送センターにて商品の保管、管理を行い、ご注文が入りますと指定されたお届け先に直接発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


境界例vs.分裂病―言語と主観性の臨床精神病理学 単行本 – 1991/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,350
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

神経症と分裂病の中間にあたる境界例。正常者や分裂病者の言動と対比することによって、その病態解明につとめてきた著者の既発表論文などを一冊にまとめたもの。創見にみちた鈴木理論の全貌が明らかにされる。


登録情報

  • 単行本: 351ページ
  • 出版社: 金剛出版 (1991/05)
  • ISBN-10: 4772403582
  • ISBN-13: 978-4772403580
  • 発売日: 1991/05
  • 梱包サイズ: 21.8 x 16.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,019,964位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう