通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
塩狩峠 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

塩狩峠 (新潮文庫) 文庫 – 1973/5/29

5つ星のうち 4.3 169件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 塩狩峠 (新潮文庫)
  • +
  • 博士の愛した数式 (新潮文庫)
総額: ¥1,329
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第155回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『コンビニ人間』 、直木賞は『海の見える理髪店』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

結納のため、札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車は、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れて暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた……。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う長編小説。

内容(「BOOK」データベースより)

結納のため札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた…。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 459ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1973/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101162018
  • ISBN-13: 978-4101162010
  • 発売日: 1973/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 169件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/3/27
形式: 文庫
高校時代この本に出会い、こんなに涙を流し、心が揺さぶられたのは初めての経験でした。宗教的なものに関心がない方をも、この本は引き込む力があると思います。本当の愛とはどういうものなのか、生きるとはどういうことなのか、深く考えさせられる一冊です。自分の命を犠牲にしてまでも、多くの乗客の命を救った主人公の真実の愛に触れ、私の生き方は変わったと言っても過言ではありません。三浦綾子作品を読まれた事がない方、是非この本からスタートしてみてはいかがでしょうか。
1 コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
夏休みに何かずっしりとしたものを読みたくて、
手に取ったがこれほどまでに頭の中からぬぐいされないものを残していった本は久々だ。
愛という意味は好きの延長線上にあるような、本来の深い意味を忘れかけていた私にとって、
信夫の愛がどれほど偉大であったか、今でも感動で震えてくるぐらいだ。
もしあの列車にふじ子が乗っていたら、信夫でなくても多くの人が愛する人のために身を投げるかもしれない。
しかし彼は愛するふじ子が待っているかがやかしい未来を捨て、
多くの人命を救うために自らの命を差し出した。
信夫は私たちが軽々しく口にしている愛以上の、それを飛び越えた人間愛を持ちえる人なのだ。
もちろんそれが彼の人間性の基盤となり、ふじ子との愛をすくすく育てていったのは言うまでもない。
でも信夫は生まれながらの聖人ではなかったところに、私はもっと心打たれる。
人を下げすんだり、欲望に征服されそうになったこともある信夫だったからこそ、読んだ私たちには彼の生き様が頭から離れないのだ。
彼が鉄道員として働いていたときの仕事場の人間関係は、今働いている私にとって、何よりもの教訓となった。
言葉ではなく、行動によって示し、周囲の人々に多大な影響を与えていく姿に、
日ごろ会社の不満ばかりも
...続きを読む ›
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人として大事なことがこの本にはあります。
私はどれだけ前評判で「この本は泣ける」などと書かれている本を読んでも、
涙の出ない性分なんですが、この本には思わず目尻が熱くなりました。
勘違いをしないでもらいたいのですが(する人もいないと思いますが)、
これはキリスト教を物語の支柱の1本として置いています。
しかし、決してキリスト教の勧めのような、
偏った宗教色の強い作品ではないので。
あらすじなどを見て、もし万が一そう勘違いして本書に手を出すのを控えていた人がいれば、読んでもらいたいです。
人間としてあるべき道を示唆してくれ、
荒んだ心に静謐で慈愛に満ちた光を与えてくれる本書は、
一生手放したくない、私にとってはかけがえのない名作です。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
大変読みやすく、半日ほどで読める本です。キリスト教の本と評価する人が多いですが、物語の大半は、主人公の少年時代から大人になるまでの心身の成長の物語に恋愛、当時の時代背景、宗教家および身体障害者への差別問題などが巧みに織り込まれて楽しく読めます。ですから、物語の展開と結末は、まったく知らないで読まれることをおすすめします。多くの書評と、本のカバーと解説(アマゾンの書評にも)に作品の結末が書かれていますので、注意が必要です。塩狩峠は、キリスト教の考えが反映された部分もありますが、多くの点で、仏教や武士道を尊重した内容があると思われます。生者必滅会者定離 (124頁)は仏教用語で、また、主人公の父は、日常の生活において、言ったこと、為したこと、すべてこれ遺言と思ってもらう(170頁)、つまりは自分の日常がすなわち遺言であるような、そんなたしかな生き方をすることを言っています。こういった考えは、あの世より、この世を大切にする厳しい生き方で,キリスト教の保守層からは、少し遠い考え方であり、むしろ、キリスト教徒の新しい考え方をもった人たちの間では支持をうけている概念です。安直なキリスト教の賛美の小説ではありません。“自分は信仰に固く立っているという自負心を持ったとき、たとえ牧師でもガタガタに崩れていく(215頁)”とか、“聖書を実行してみようとすると、あるべき人間の姿にいかに自分が遠いものであるかを知る(325頁)”、キリスト教の信者にとって、かなり厳しい信仰のあり方が述べられています。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ストーリーは波乱に富み、面白いと思います。
前半、主人公の幼少期~青年期の描写も、
現代の人が読んで興味深いと感じられると思います。
けれど、後半、
キリスト教を避けていた主人公がキリスト教に目覚めていく様、
そして目覚めてからは、
どうも、キリスト教賛美に傾きすぎていて、
洗脳されそうで怖かったです。
主人公の最期についても、
登場人物は尊敬するし、評価していますが、
私には割り切れない思いが残ります。
自己犠牲は手放しで美しいですか?
身近な多くの命と、
身近な少数の幸福(もしかすると、最愛のひとつの命も)では、
迷わず前者を選ぶことが、尊敬に値するのでしょうか?
考えさせられる、といえば、当てはまりますが、
あまりに宗教くさいので、
読んで気持ちのいいものではありませんでした。
技術的なことをいえば、
一人の人間を、このように、
バックグラウンドから内面まで繊細に追い、描いてあるので、
分量のわりに読みやすく、また、
その人間に入り込みやすいといえます。
いい文章だと思います。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック