通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
塩の街 (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

塩の街 (角川文庫) 文庫 – 2010/1/23

5つ星のうち 3.9 114件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 塩の街 (角川文庫)
  • +
  • 空の中 (角川文庫)
  • +
  • 海の底 (角川文庫)
総額: ¥2,242
ポイントの合計: 210pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「世界とか、救ってみたいと思わない?」。塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、そそのかすように囁く男が運命をもたらす。全ての本読みを熱狂させるロマンチックエンタテインメント!

内容(「BOOK」データベースより)

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが―「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 444ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043898037
  • ISBN-13: 978-4043898039
  • 発売日: 2010/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 114件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30,654位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
私の後ろの机の方もファンだし、そういう方には申し訳ないですが、おもしろくなかったです。もっと、災害物というかアクション物というか『塩化』の話に特化したほうがよかったような・・・。恋愛の形も不自然で現実味がありませんし、後半は父と子の確執みたいな問題まで出てきて・・・。『塩化』などというものすごく大変なことが起きているのに、恋愛とか家族とか、そんな場合か、みたいな。登場人物の語り口も、『塩化』という深刻な事態にあって軽すぎて嫌な気持ちになりました。発想がおもしろいだけにとても残念です。表紙も塩っぽくてかっこいいのに。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 途中で人間ドラマメインの恋愛小説風に変わったので、そこはものすごく違和感があったけど
 大人向けのライトノベルというくくりであることを知り納得した。
 また、今回、初めて有川さんが女性であることも知り納得した。
 本書を読み進めると、どうしても男性の描写に違和感があって、それはたぶん、女性の立場から見た男性という書き方がどうしても強かったからなのだということも分かった。男が書けば、こんなどこか昔の漫画に出てきそうな登場人物は描かないだろうから。とにかくSFだと思ったとしても現実感のない人間描写であったことは残念。ただ、こうした細かい人物描写が子どもじみていて、拙いのは作者自身も認識しているようです。
 私なんか深みがないので最初の3分の1くらいで読むのをやめようと思ったくらいですが、でもなぜか心にびーんと届くものがある。それが本書の魅力なのではと思った。
 「上手に書こうではなく、書きたいように書こう」と作者があとがきに書いていたが、
 書きたいように書くからこそ、私の心に届くものがあったのあだとあらためて思った。
 ストーリーも塩の柱を破壊することで終わるのだと思っていたのだけど、その後のさまざまな人間模様を入れている点とかも面白かった。これはあとで書き足したのかもしれないけれど、スケールが大きかったのもよか
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
初めてこの作者さんの作品を手に取った者です。
作品自体は他の方も仰るよう素晴らしいものだったと思うのですが
どうしても我慢ならない点があったので書かせて頂きます。

帯の宣伝文章が本作品の正しい説明を行っていません。

以下、帯の文章を引用させて頂きます。

 “自衛隊三部作”の『陸』にもあたる
  有川浩の原点、登場。
  塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
  塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた――。
  第10回電撃小説大賞<大賞>受賞作にして、
  『図書館戦争』シリーズでおなじみの有川浩デビュー作。
  本編大幅改稿、番外編短編四編を加えた大ボリュームで登場。

この煽り文句で本編の内容を正しく推測できる人がどれだけ居るでしょうか。
既に図書館戦争シリーズその他の作品を読んだことのある方ならともかく、
初見の方にはとても親切な紹介であるとは思えません。

(ちなみに愚かな私はまさかこんなに愛がメインの物語とは思わず購入してしまい
一読目を終えたときは「何だこの話は!?」と怒りに近い感情すら抱いてしまいました。
そういうものだときちんと認識し
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ストーリーも文章も設定も構成もキャラクターも、何から何まで薄っぺらであまりにも拙い。
友達に勧められてこの作者の「図書館戦争」シリーズや「空の中」も読んだのだが、男女を出すと無理矢理にでもくっつけないといられないようで、でもそのキャラクター造形も画一的で同じタイプばかり。
これはデビュー作だから仕方ないのかなーと思いながら読んだが、他の作品も日本語の間違いや変な癖が多く、あまり成長が見られないのが残念だ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 beatpops 投稿日 2010/10/19
形式: 文庫
 「価値観の相違」って言葉。よく離婚の原因なんかで使われるけど、私にとってはこの本がまさにそれ
かも。もうどこがどうとかより根本からすべて悉く合わない。「阪急電車」が良かったので「他の作品も」と
手に取ったのですが、この作品は自分には全くダメでした。(以下ややネタばれ注意です)
 冒頭2章の読み応えからSF的な盛り上がりを期待したのに、いつのまにかうぶな少女の恋愛物語に
なってしまったのも興ざめでしたが、それは筋違いの勝手な期待をしてしまったこちらにも問題がある
わけで価値観の相違とまでは思わないのですが、問題は登場人物の心の動きとそれに伴う行動の
ひとつひとつが自分にはまったくしっくりこなかったこと。そもそも秋庭のような性格の男が、真奈の
ようないたいけな少女(といってもいいぐらいの幼さを感じる)に、保護者しての父性の座から降りてきて
恋愛感情を持つに至ること自体に大いに違和感を感じる。で、「世界が滅んでもいいからいかないで」
とかって迫られて感極まってしまうのですが、現実の男性は女性のこういう態度に萌えてしまうような
奴ばかりではない。「うえっ俺やっぱこいつ無理」となる奴も(私も含め)たくさんいると思う。秋庭のような
性格の男はまさにそういうタイプなのではないかと思うの
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー