この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

塚本邦雄歌集 (現代歌人文庫 1) 単行本 – 1988/10

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 10,939 ¥ 2,700
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

近代短歌に反旗をひるがし、鮮烈絢爛な言葉によって現代の詩としての歌を築き上げた戦後最も偉大な歌人の究極のアンソロジー。未刊歌集、歌集未収録を含めた全歌業を見通し、厳選した千二百余首を収録。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

塚本/邦雄
1920年8月、滋賀県生まれ。38年、神崎商業卒業。41年、呉海軍工廠に徴用。43年、「木槿」に入会、「青樫」同人となる。47年、「日本歌人」の前川佐美雄に師事。51年、第1歌集『水葬物語』刊行、近代短歌の枠組みを覆した反写実の技法は中井英夫、三島由紀夫らに絶賛され、以後、岡井隆、寺山修司らと前衛短歌運動を展開。現代歌人協会賞、詩歌文学館賞、迢空賞、斎藤茂吉短歌文学賞、現代短歌大賞など受賞。85年から歌誌「玲瓏」主宰。01年、塚本邦雄全集完結。05年6月9日歿。歌集、小説、評論等、約300冊の著作を残し、独自の美意識で貫かれた多彩な活動は歌壇の枠を超え日本の文学表現に広く影響を及ぼした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 単行本: 156ページ
  • 出版社: 国文社 (1988/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4772001883
  • ISBN-13: 978-4772001885
  • 発売日: 1988/10
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 825,294位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2007年9月20日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年3月24日
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年9月10日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年11月9日
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告