通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
塔京ソウルウィザーズ (電撃文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 帯付き!リーフレット付き!新品・未読同様のコンディションです。☆土日祝日も年中無休で発送致します☆クリスタルパックに入れて丁寧に梱包し迅速に発送いたします!※弊社で入念なチェックはしておりますが、中古の品になりますので見落としがある場合がございます。万が一の品質不備は審議の上ご返金対応致します。発送はゆうメール(ポスト投函、日祝配達なし)またはゆうパックにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

塔京ソウルウィザーズ (電撃文庫) 文庫 – 2013/2/9

5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

鉄の箒にまたがった魔女が、夜空を滑走する。ここは「塔京」。ソウル・ウィザーズが集いし魔法の都。自分の魂を改造し、死者のソウルを消費し『奇跡』を起こす者達をソウル・ウィザードという。時計塔学園・双児宮に所属するウィザード・黒乃一将は、『自由騎士』として、自身の守護霊である不死の魔犬ブリュンヒルデと共に「児雷也」討伐クエストの任務に就く。動物霊召喚専門の異名を持つ一将は奇策により「児雷也」に勝利。焼け残ったアジトから、金髪の少女の姿をしたデバイス「ソフィア=04」を発見する。それは、一将に幸運と凶運をもたらし…。第19回電撃小説大賞銀賞受賞作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

愛染/猫太郎
東京都出身。『塔京ソウルウィザーズ』で第19回電撃小説大賞“銀賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 360ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2013/2/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404891331X
  • ISBN-13: 978-4048913317
  • 発売日: 2013/2/9
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 689,573位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
猫太郎は滅びぬ!何度でも蘇るさ!猫太郎の作品こそ我々ファンの夢だからだ!

不死鳥猫太郎さんに栄光あれ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
設定が結構ちゃんといるし、素直に面白かった。
続編早く読みたい。
否定的評価が多いのは非常に不思議。
ステマがどうとかは知らないけど切り離して評価すればいいんじゃないの。

同じキャラクターと使い回しの設定の本の方が、多くの人には楽なんだろうけど、この本みたいにある程度自分の世界を
作り上げていくような本を評価するべきだと思う。
そうじゃないとアニメでもラノベでも10年後の日本は不毛の地になる。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他のレビューでも言われていますが、とにかく設定の説明、話題が多いです。初めは深く考えずにまあそんなもんか程度で読んでたんですが、その勢いはなんと200ページを越えてもとどまる所を知らず…。すいません、流石にかなりきつかったです。
しかしそれよりも特に強く思ったのは、物語性が薄いということです。今思い返してみても、一体約350頁も何があったのかよく思い出せません。設定がうおえぇーとか、テンプレイチャイチャとか、ノルマみたいな戦闘とか、そういうパーツ的なものは思い出せるんですが。おそらくこの作者、文章で商品を作る才能はあるんですが、物語を創る才能はないんだろうなーと、そのように思います。
あと個人的になんですが、とってつけたようなテンプレラブコメは、もういいんじゃないかと思いました。いや、別にこれはラノベに限らず漫画とか、ドラマとかでもそうなんですが。そういうのは、ニヤニヤできる、ではなく、失笑である、と、そろそろ作り手側も気が付いてもいいのではと、そのように思うんです。『君に届け』とか、そういったレベルの恋愛を、本物の心を、書いてほしいと願います。まあ、それも所詮フィクションといえばそれまでなんですが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
確かに読みづらい・・・というか、その世界に入りづらいかも。
事細かな説明は、巻末とかにまとめちゃってもいいかもしれませんね。
それよりも作中はもうすこし砕けた簡単な説明でいいように見えます。
説明も確かに大事ですが、読みやすさを損なってはもったいないと思います。

少しくらい不思議な分からないところがあっても、読みやすければ世界に入り込める作品なきがします。

何よりそれは要らないかも・・・と思われる言葉が多いきもします。
(浄罪コードとか、浄化フォーマットとか、漢字かカタカナどちらかだけでいいのでは?)
しかし・・・天国産ヴァージンブラッド味とか・・・微妙すぎる名前多し。あまりノリで色々名前出しても、作品の世界壊すと思うのは私だけ?
懲りすぎたせいで、かえって読者の想像して楽しむ部分が消されているきがします。

ちともったいない作品。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者には申し訳ないが、設定に酔った感情移入しにくい作品だった。個人的に登場人物の感情や行動に違和感があり、なぜ・どうして、と感じるシーンが少なくない。自分の読解力の問題で、もう一度読み返せばわかるかなとも思ったが、残念ながら二度も読む気にはならなかった。これは他のレビューにもあるが、とにかく設定について説明文が多すぎな点がある。その設定も多少雑学の様な部分でもあれば良かったのだが、ゲッシュだダミー人格だの厨二病設定オンリーでは読了するだけで力尽きてしまった。 現在、ステマ疑惑もあるようで二巻は出ても買うことはないと思う。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
設定について多くの方が述べておられます。
その設定を活かせているならば楽しむ事へと繋がっていくのでしょうが、
読んでいて文章が頭に入っていきませんでした。
面白さを感じる、興味を覚える以前に読み進めるうちに既に冷めてしまっている。
それは設定量の詰め込みもあるでしょうが、
戦闘場面でもどうにもテンポの悪さが感じられたので、
文章のメリハリがつけられない、表現力が及ばない作家さんなのかと。
文字の多い少ない、平易か否かという事では無く、
流れがつけられていない文章を読むのは骨が折れます。
こればかりは個々の嗜好の問題かと思います。
残念ながら、私には満足のゆく作品、作家ではありませんでした。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー