通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
場末の文体論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 sea-lass
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯なし。カバーに多少スレありますが、中身は良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

場末の文体論 単行本 – 2013/4/18

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 90
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 場末の文体論
  • +
  • その「正義」があぶない。
  • +
  • 地雷を踏む勇気 ~人生のとるにたらない警句 (生きる技術!叢書)
総額: ¥4,730
ポイントの合計: 139pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

読者をうならせる天才コラムニスト、その原点を語る。
ビートルズ、北杜夫、立川談志、ソニー……。
オダジマは、いかにしてオダジマになったのか?

明日できることを今日するな
(トルコのことわざ)……いや、でも締め切りは?by担当編集者

日経ビジネス オンラインの大人気連載、待望の書籍化!
『地雷を踏む勇気』『もっと地雷を踏む勇気』『その「正義」があぶない。』に続く、
切れ味するどいオダジマワールドがここに!

津田大介氏との「同郷」特別対談も収録。
東京都北区赤羽があの男を育てた!

内容(「BOOK」データベースより)

オダジマはいかにしてオダジマになったのか?ネットで大人気コラムを連載する著者が、その心の故郷を初めて明かす。激論を巻き起こした数々の名コラムを生み出した「文章の職人」の秘密に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249530
  • ISBN-13: 978-4822249533
  • 発売日: 2013/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 1.5 x 13 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kogonil VINE メンバー 投稿日 2013/5/2
形式: 単行本 Amazonで購入
Web上の日経ビジネスでの週一連載の単行本化(「の」が多すぎ)。四冊目です。

私、読んだ本とか、このAmazonにレビューしたりしてるわけですが、読んだ本を全部レビューしてる
わけではありません。あまりにつまらなかったので最後まで読んでないとか、めっちゃ難しかったので途中
で投げ出しましたとか、こんな本を読んでいることがバレると恥ずかしいとか、いろんな理由で、読んだけ
れどもレビューしていないって本は多いんですが。

一番多いのは、その本を読んだことによって私の内部に起こった思考や感情を、うまく800字以内で
言語化できなかったために、<あきらめちゃう>場合。

そう思ってみると、小田嶋さんの言語化能力は(そもそものフィールドが違うとはいえ)感嘆しないでは
いられない。むしろ、あまりにも自然な言葉に置き換えられているから、その内容が十分吟味されること
なく、スルーされているのではないか。
政治学の学術調に置換すれば大論文になるようなことや、叙情的な詩文調に置換すれば感動巨篇
となるようなことが、あまりに自然な日常語に置き換えられているがために、コラムとして消費されていくこ
とが惜しいくらいで。

政治的無関心層に
...続きを読む ›
1 コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 corel 投稿日 2013/8/13
形式: 単行本 Amazonで購入
値段分は楽しめるが、駄文もあるので星2つ。小田嶋節にも適応範囲があって、
得意分野以外は全然ダメなんだなぁと認識。だれでもそうか。

はじめに
1)マンボウに乗った少年
中学時代にマンボウファンというのは多い。おやっと思ったが、面白くない内容。
1ページで書ける内容を11ページも書いている。

2)談志中坊に宿る
よかった。専門家じゃないけど好きなことを書くと面白い。

3)ワズ・ア・ソニー・ディ
面白くない。なんでだろ。他のひとと同じようなことだからだろう。

4)いつかゴミになる日まで
この手の話はさすがに上手い。面白い。

5)お父さんが大学に行った理由
部分的には小田嶋節で面白いが、全体としてはまとまりがなくよくわからん。

6)ワイルドでは生きてはいけない。マイルドでは生きていく資格がない
題名も痛いけど、内容も痛い。

7)でもとだからの間
小田嶋節。面白い。

8)科学の子の未来
よかった。

9)イタリヤのリタイヤと維新の真意
大阪とイタリアが似ているというのは初見で面白
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 もっと地雷を踏む勇気 ‾わが炎上の日々 (生きる技術! 叢書)に続く日経ビジネス連載の記事をまとめた単行本の4冊目である。
 今回の本の前半の部分は、読者世代を選ぶかもしれない。その時代の空気を吸っていないとわからないし面白くもないのではないか、というコラムが続く。私は、著者と同じく「学校の勉強や運動会や、生徒会の活動やフォークダンスの練習といったあらゆる集団的な取り組みに対して、消極的になっていた。で、そういう対象に向けて頑張っている人間を冷笑するための理由を賢明に探し求めていた」中学生時代を過ごしてきてので、これらのコラム群は文字
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直、読者を選ぶ本かと。
世代的に、20代以下の人ではピンとこないだろう。
著者がエッセイを書いた時期(2012?)の時事ネタを元に、本人と社会の過去を回想するものだからだ。
「なつかしい〜」と思える人にとっては面白い内容。

それから、「文体論」というタイトルだが、ノウハウなどは一切書かれていないので、期待してはいけない。
エッセイ集なのだから。

小田嶋ファンにとってはたまらなく面白いであろう本。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告