¥853
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 205 (24%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 648
Kindle版
¥ 853
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 205 (24%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか (朝日新書) 新書 – 2019/6/13


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 853
¥ 853 ¥ 1,567

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 報道事変 なぜこの国では自由に質問できなくなったか (朝日新書)
  • +
  • 同調圧力 (角川新書)
総額: ¥1,760
ポイントの合計: 17pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「簡潔にお願いします」「結論をお願いします」――。
官房長官会見における、東京新聞記者への露骨な質問妨害。
「あなたに答える必要はありません」――。
不都合な質問を封じ、日に日に軽視される記者の質問。
巨大化する権力の揺さぶりに、記者はどう立ち向かうべきか。そして、何がこうした政権の横暴を可能にしているのか。
政治部記者として歴代官房長官会見を500回以上取材した著者が、嘘や強弁がまかり通る政治の現状に警鐘を鳴らし、「質問できない国」の内側を暴く。


目次:
【第1章】 答えない政治家
元号発表の記者会見
4カ月ぶりに会見場で行われた首相単独の記者会見
かつては総理にも日常的に質問できた
テレビカメラの前でのぶら下がり
回路を閉ざした民主党政権
解禁された単独インタビュー
懸念通りに進んだ選別
選挙前に首相が選んだ「AbemaTV」の番組
問う場のない首相、そして官房長官に

【第2章】 「望月封じ」全詳報
記者のいない会見
「答えたくない質問には答えなくていい」
発端は「怪文書」発言
オフレコ取材を人質に
なぜ望月記者の質問が誤解されたのか
産経が質問状
「トランプと同じ」
お盆の巻き返し、ルール変更
指名権と時間制限がセットになることで
辺野古問題で再燃
異例の官邸前集会に600人
なぜ政治部の記者が聞かなかったのか
OBを使った巻き返し
根底の噓は改めず

【第3章】 「ウソ発言」「デタラメ答弁」ワースト10
「誤報」の脅し
1「週刊誌に売ること自体が犯罪だ」
2「リーマン・ショック前の状況に似ている」
3「状況はコントロールされている」
4「日本人の命を守るため、自衛隊が米国の船を守る」
5「新規隊員募集に都道府県の6割以上が協力拒否」
6「裁量労働制で働く方の労働時間が短いというデータもある」
7 国語辞典も無視?
8「戦闘ではなく衝突」
9「4千ページに家内が頼んだということは出ていない」
10「個人メモ」

【第4章】 文書が残らない国
「首相動静」を根拠にする首相
政治環境に左右される公文書
「存在確認できない」文書の漏洩の疑い
適切な記録を「リスク」に変えた安倍政権
オフレコ取材から会見・公文書を重視するメディアへ

【第5章】 記者クラブ制度と「連帯」
新聞労連の「可能性」
小泉進次郎氏が突きつけた記者クラブの無力
「AbemaTVに食い込め」
従来型の権力均衡の崩壊
呑み込んだ日弁連
フリーランスからの不信
ネットワークづくりと女性の力
「組織の危機」を乗り越えて

内容(「BOOK」データベースより)

いま政治取材の現場で何が起きているのか。「質問できない国」の内側を暴く。不都合な質問を封じ、日に日に軽視される記者の質問。巨大化する権力の揺さぶりに、記者はどう立ち向かうべきか。そして、何がこうした政権の横暴を可能にしているのか。政治部記者として歴代官房長官会見を500回以上取材した著者が、嘘や強弁がまかり通る政治の現状に警鐘を鳴らす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2019/6/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022950250
  • ISBN-13: 978-4022950253
  • 発売日: 2019/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,105位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう