通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
報い―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【クリーニング済。専用の袋に梱包】概ね良好◆特に大きく目立った傷み・汚れのない商品です◆記載ない限り帯・特典などは付属致しません。◆Amazon専用在庫です。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

報い―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫) 文庫 – 2017/2/14

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2017/2/14
"もう一度試してください。"
¥ 788
¥ 788 ¥ 310

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 報い―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫)
  • +
  • 内通者 (朝日文庫)
  • +
  • 潜る女 アナザーフェイス8 (文春文庫)
総額: ¥2,387
ポイントの合計: 222pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

警察に届けられた一冊の日記。そこに記された内容から、二年前に起きた強盗致死事件の容疑者として、辰見という男が浮上する。未解決事件を追う追跡捜査係の沖田は宇都宮に急行するも、到着直後、辰見は重傷を負った姿で発見され、死亡してしまう。容疑者特定の矢先の出来事に、沖田と栃木県警は当惑を隠せない。一方、同係の西川は別の事件の資料を読み返し、頭を悩ませていて…。不可解な事態に翻弄される刑事たちは、事件の本筋を手繰り寄せられるのか。書き下ろし警察小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

堂場/瞬一
1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 427ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2017/2/14)
  • ISBN-10: 4758440697
  • ISBN-13: 978-4758440691
  • 発売日: 2017/2/14
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,782位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

複雑に絡み合った事件がひとつの線でつながっていきます。
”静と動”、”机上派と現場派”、”論理派と型破れ”と、まった正反対のキャラ二人の刑事が主人公。
アンマッチで相容れない二人が長所を生かしてコンビネーションをとっていきます。
「邪心」の主人公、犯罪被害者支援課の村野も登場してきます。
追跡捜査係が二つの事件を掘り起こし、読みを働かせて、核心に迫っていきます。
その過程での聞き込み捜査と新たな事件、次から次へと変遷していき、読書スピードは加速していきます。
そして、誉田哲也の「ブルーマーダー」を彷彿させるシーンは圧巻。
惜しむところは、ラストの締めくくり。
「メビウス1974」でもラストを迎えるまでは読みごたえがあります。
警察小説なので、スッキリと納得感ある一網打尽の解決を求めたいところです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告