Androidアプリストア 知育学習玩具大賞 まとめ買い・セット本ストア Amazon Cloud Drive Amazon MasterCard summer_Bike nav_flyout_videogame ファッション Fire 7 ・Fire HD 8 Fire TV おせち特集2018 ハロウィンストア2017 家電_秋のセール Kindle Amazon MP3 釣具・釣り用品 戦闘車

堤防で釣れる代表的な魚

堤防釣りの定番魚、釣れてしまう危険な魚をご紹介

初心者でも釣りやすい魚

堤防に生息する魚種は様々。そのなかでも初心者が狙いやすい魚種を紹介します。

アイナメ

・体長:25cm~40cm
・釣れる時期・場所:11月~2月 堤防や浅い岩礁域など
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサは岩イソメ、青イソメ、エビ類など)
・調理方法紹介:刺身、焼き物、煮つけ、椀物など 白身魚で脂肪分と旨味が強い

アイナメ釣りにおすすめの釣具

アジ(マアジ)

・体長:10cm~40cm
・釣れる時期・場所: 回遊の群れが回ってくればオールシーズン 堤防や磯、沖など
・初心者におすすめの釣り方:「サビキ釣り」
(エサはコマセ、オキアミなど)
・調理方法紹介: 刺身、たたき、焼き、干物、フライなど くせのない青背魚

アジ釣りにおすすめの釣具

イワシ

・体長:12cm~15cm
・釣れる時期・場所:群れが回ってくればオールシーズン 海岸息を回遊
・初心者におすすめの釣り方:「サビキ釣り」
(エサはコマセ、オキアミなど)
・調理方法紹介:刺身、干物、から揚げ、煮つけ、汁ものなど 赤身の青魚

イワシ釣りにおすすめの釣具

カサゴ

・体長:20cm~30cm
・釣れる時期・場所:オールシーズン釣れる 磯、ゴロタ石、堤防、根回り、テトラ帯などに生息する根魚
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはオキアミやアオイソメがポピュラーだが甲殻類から小魚まで何でも食べる)
・調理方法紹介:煮付け、塩焼、から揚げなど 脂ののった白身

カサゴ釣りにおすすめの釣具

カマス

・体長:30cm~50cm
・釣れる時期・場所:5月~11月 岩礁周辺
・初心者におすすめの釣り方:大きいものをねらうなら「ちょい投げ」、量をかせぐのなら「サビキ釣り」
(エサはキビナゴ、オキアミなど)
・調理法王紹介:淡白な白身で水っぽいため、干物、から揚げ、塩焼など

カマス釣りにおすすめの釣具

カレイ

・体長:20cm~50cm
・釣れる時期・場所:12月~4月 砂地、泥地の海底
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはイワムシ、アオイソメなど)
・調理方法紹介:刺身、から揚げ、煮付け 独特の泥臭さは好みを分ける

カレイ釣りにおすすめの釣具

キス(シロギス)

・体長:15cm~30cm
・釣れる時期・場所:3月~7月 砂底付近に生息し、海底から10cm程度の場所を群れで移動する
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはアオイソメ、ジャリメなど)
・調理方法紹介天ぷら、刺身、塩焼き、干物、など様々 くせのない白身

キス釣りにおすすめの釣具

サバ(マサバ、ゴマサバ)

・体長:20cm~40cm
・釣れる時期・場所:回遊の群れが回ってくればオールシーズン 堤防や磯、沖など
・初心者におすすめの釣り方:「サビキ釣り」
(エサはコマセ、オキアミなど)
・調理方法紹介:から揚げ、南蛮漬けなど 刺身は「アニサキス」という寄生虫に注意が必要

サバ釣りにおすすめの釣具

サヨリ

・体長:20cm~40cm
・釣れる時期・場所:8月~12月 沿岸、波止の表層部を回遊
・初心者におすすめの釣り方:「サビキ釣り」
(エサはコマセ、オキアミなど)
・調理方法紹介:刺身、椀物、塩焼き、干物など様々 白身の高級魚

サヨリ釣りにおすすめの釣具

ハゼ

・体長:10cm前後
・釣れる時期・場所:6月~10月 遠浅の河口付近、砂泥底
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはアオイソメ、オキアミなど)
・調理方法紹介:から揚げ、てんぷら、佃煮、干物など

ハゼ釣りにおすすめの釣具

ベラ

・体長:10cm~20cm  ※堤防で釣れるものに限る
・釣れる時期・場所:オールシーズン 生息域は浅い岩礁域
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはジャリメ、オキアミなど)
・調理方法紹介:煮付け、一夜干しなど 柔らかい白身

ベラ釣りにおすすめの釣具

メバル

・体長:15cm~30cm
・釣れる時期・場所:オールシーズン 夜行性  磯、ゴロタ石、堤防、根回り、テトラ帯などに生息する根魚
・初心者におすすめの釣り方:「ちょい投げ」
(エサはアオイソメ、石ゴカイ、活きエビなど)
・調理方法紹介:塩焼、から揚げ、刺身など 透明感のある白身

メバル釣りにおすすめの釣具

堤防で釣れる代表的な危険な魚

堤防釣りの最中に、危険なトゲや毒を持った魚を釣り上げることもあります。

アイゴ

夏の海でよく釣れ、木の葉のような形の体。斑点模様が特徴。
背ビレ、臀ビレ、腹ビレに毒棘を持つ。
刺された患部は腫れ上がり、痺れや麻痺が起こる場合がある。
刺されたら至急病院へ。
応急処置:患部を水で洗い、60℃以上の高温で毒の成分が分解されると言われているため火傷しない程度のお湯(45℃前後)に30分~1時間程度漬ける。
そうすることによって毒が不活性化し、痛みが治まります。


アカエイ

茶褐色の背面に長い尾をもつエイ。砂泥底の海域に生息し、ごく浅い場所でも出現する。
長い尾の付け根に大きめの毒棘を持つ。
毒棘には返しがあり、一度刺さると抜けにくいため無理に抜こうとするとダメージが広がる。
死亡事故にもつながる猛毒で、刺された直後から激しい痛みに襲われるが、重症の場合は血圧低下、呼吸障害などの症状に陥る可能性もある。
応急処置:患部を水で洗い、毒を絞り出し、出来る限り早く病院へ。


ゴンズイ

茶褐色の体に頭部から尾部にかけて2本の黄色い線がある、ナマズの仲間。
背ビレと胸ビレに毒棘を持つ。夜間釣れることが多く、気づかず触ってしまうこともあるので注意が必要。
刺された患部は腫れ上がり、激しく痛む。重症の場合は患部が壊死することもある。
刺されたら至急病院へ。
応急処置:患部を水で洗い、60℃以上の高温で毒の成分が分解されると言われているため火傷しない程度のお湯(45℃前後)に30分~1時間程度漬ける。
そうすることによって毒が不活性化し、痛みが治まります。


ハオコゼ

10cm程度の小さ目の魚。カサゴに似ているが、背ビレが頭の上までトサカのように伸びている。
背ビレ、腹ビレ、尻ビレに毒棘を持つ。
刺された患部は腫れ上がり、ジンジンと継続的に痛む。命に関わるような毒ではないが、病院へ。
応急処置:患部を水で洗い、60℃以上の高温で毒の成分が分解されると言われているため火傷しない程度のお湯(45℃前後)に30分~1時間程度漬ける。


フグ

堤防釣りで釣れる、毒を持つ魚の中でもよく釣れる。
(クサフグ、ハコフグ、キタマクラなどがよく釣れる)
素人が調理して食べると死亡事故につながる猛毒で、フグの種類により異なるが、内臓や皮、筋肉などに毒を含んでいる。
また、歯が鋭く、指を噛まれることがあるので注意が必要。
専門的な免許をもっていないと調理できないため、持ち帰らず海に返すことをお勧めする。

ロッド・竿

すべてを見る

リール

すべてを見る

ルアー

すべてを見る

仕掛け / 仕掛け用品

フィッシングツール

すべてを見る

収納ケース・バッグ

すべてを見る

必須 / 便利アイテム

ボート用品

すべてを見る

ウェア

すべてを見る

ウェーダー

すべてを見る

シューズ・ブーツ

すべてを見る

メイキング・メンテナンス