中古品
¥ 543
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】カバーに折れがあります。ページ側面にヨゴレがあります。ページに三角形の折れがごく一部にあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方 単行本 – 2004/8/31

5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 169
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本の古い体質に風穴を開ける、ライブドア・堀江貴文社長の哲学は、彼の起業ストーリーを知らずして語ることはできない。31歳にして時価総額1000億円の上場会社をつくった男が、起業から上場、そしてプライベートまですべてをさらした、儲かる会社のつくり方。

堀江貴文の“株”をもらってみんなで幸せになろう!

 近鉄バファローズ買収に名乗りを上げ、その名も一躍全国区となった株式会社ライブドアの堀江貴文社長。形骸化した日本の古い体質をバッサリと切り捨てる堀江哲学の真髄は、彼の起業ストーリーを知らずして語ることはできない。
 31歳にして時価総額1000億円の上場会社をつくった男が、起業から上場、そしてプライベートまですべてをさらした、儲かる会社のつくり方。起業を志す人はもちろん、「勝ち組」企業に入ってストックオプションで大金持ちになりたい!という人も必見の内容だ。
 従業員、関係会社、買収先など、ライブドアの株主となった面々が“堀江貴文”という「勝ち馬」に乗って、どんな「夢」を手に入れたのか。
 本書では、その幸せのお裾分けということで、恐らく日本初となるビッグなプレゼントを用意した!
 本書を購入し、プレゼントを応募してくれた人の中から抽選で1000名の皆さんに「堀江貴文の持ち株」(東証マザーズ上場会社コード番号:4753)をプレゼント! 応募締切2004年12月末日(当日消印有効)まで、本を買った分だけ(笑)何度でも応募できるので、この「勝ち馬企画」に乗って、みんなで幸せになりましょう。

出版社からのコメント

I時価総額1,000億を超えた株式会社ライブドアを率いる、いま世間からいろいろな意味でアツイ視線を浴びている若きアントレプレナー堀江貴文。本書は、彼の上場までの紆余曲折のストーリーを追いながら、有限会社から、株式会社、そして上場に到るまでの会社を育てるカンタンかつ賢いやり方を1冊に凝縮した。さらに、従業員、関係会社、買収先など“フツーの人たち”がどのようにして「勝ち馬」を見極め、同世代の中でも圧倒的な人生の勝者となったのかを紹介。起業せずとも、「勝ち馬」にうまく乗り、人生の「勝ち組」となるヒントがここにある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ; 第3版 (2004/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797326948
  • ISBN-13: 978-4797326949
  • 発売日: 2004/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 97,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2004/9/5
形式: 単行本 Amazonで購入
前作、「稼ぐが勝ち」に比べると主張が非常にマイルドになっている。それは、やはり本書の「目的」が前作とは異なるからだ。本書の目的は非常にシンプルで、「起業をするとはどういうことか」ということを説明した著者の回顧録である。タイトルはやはり、目を引くキャッチーなものにする必要性と、たまたま著者の会社が儲かっていたから決まったのだろう。ちなみに、前作の「目的」は、「自らを鼓舞する意味も含めた社会の挑発」だろう(1次的な目的は注目度の高いうちに売り出そうということかもしれないが)。
本の話に戻ろう。先ほども述べたが、本書は基本的に著者の起業の回顧録である。そのなかでは、創業時の仲間や社員として会社に入った当時の彼女の話など非常に個人的でどろどろした話も出てくる。そして、驚きなのは、著者が自らの弱さをさらけ出しているという点である。あれほど、自信に満ちているように見える経営者でさえやはり弱さを抱えるのだということを知って、著者が身近に感じられた。本書はさらに、ヴェンチャーキャピタル、証券会社の選び方、会社の設立の仕方、社内のシステムの考え方など、著者の行った試行錯誤を基にしたアドバイスが披露されている。また、最初に作った(有)オン・ザ・エッヂの事業計画案や、株式会社オン・ザ・エッヂの事業計画書(抜粋)などが添付されていて、さらに会社を身近に感じることができるようになっている。実践的な
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/4
形式: 単行本
「お金で人の心は買える」など過激な発言が物議をかもしているが、
この本を読むと、起業から上場まで、彼が本当にキツイ痛手も乗り越えながら
地道に会社を大きくしてきたことが分かる。
彼の言葉尻だけをとらえて、一喜一憂しているメディアに踊らされるくらになら、この本を読んで彼のやってきたことから、堀江貴文という人物を評価したほうがいいように思う。
起業を目指す人だけでなく、ベンチャー企業で働く人たちの話も読めるのは興味深い。
特にM&Aで買収された側の会社の社長の話などは、買収されるというマイナスイメージを大幅に変えてくれるのではないか。
無能な経営者に舵を取られて、海の藻屑と消えるよりは
買収されて優秀な経営者のもとについたほうがいい、と思わせる内容だった。
しかし、自分の持ち株プレゼントとは驚いた。
株主利益を一番に考える、だからみんなに株主になってもらいたいという彼の言葉を本書でも実践したということか。
抽選で当たらなくても、株主になりたくなった。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 近鉄球団買収の話で一躍有名になったこともあり、正直な所まともな感覚の経営者ではないのでは、と最初は疑っていた。
 しかし、この本に書かれていることは彼のテレビでの言動とは少々異なり、きわめてオーソドックスでまともだ。ビジネスとして戦略的にあのような言動を繰り返しているのではないかとも疑ってしまう。
 ネットバブルに浮かれていた当時は無料でサービスやソフトを配布しまくるビジネスモデルがあった。このようなビジネスを批判し、日銭を稼ぐことこそ重要だと言う。また正直に会社の内紛劇や自身の女性問題を語るあたりは大変面白い。会社の規模によって同じ社員でも適正が変化してくるとの指摘は納得するものがあった。
 サイバービジネスでのし上がった経営者の考え方が奇抜なものでなく非常に地道なところが面白い。読んで損はないと思いますがやはり短期間に成長した企業の経営者だけあって、主張に多少のアクの強さはあると思います。反感を感じてしまう方もいるかも知れません。
 
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
既存の概念にとらわれない自由な発想を尊重している所には共感できる。
しかし、著者が「元手がない者が金持ちになるには投資だ」というように、戦後TOYOTAやSONYやHONDAが物作りで成長したのとは対照的に、この会社は基本的にストック・オプションの値上がりなど金をころがす事とアイデアで成長しており、読者は本書をバイブルとするあまり、物作りを軽んじる起業家にはなってほしくないと感じた。
「金が命」と思うようになったのは、自らが告白しているように暖かみのない家庭で育った事にあるのかもしれない。広い高層マンションに住み、フェラーリに乗り、宇宙旅行がしたくて起業したという著者は、「別れた子供は自分の顔を覚えていないだろう、もう当分結婚するつもりはない」と言う。宇宙旅行が三千万円でできるようになった現在、たぶん売名のために宇宙旅行もするのだろう。子供を育てる喜びや家族と共に歳月を経る喜びなどが、著者にとって「フェラーリに乗る事」以上に幸せかもしれない事を著者は知らない。世の中には「金が命」ではなく、別の価値観で充実した人生を送っている人が沢山いる事も忘れてはならない。著者が人生を終える時、始めて「財を残すは下なり、人を残すは上なり」を知るとすれば、それは悲劇以外のなにものでもない。
ともあれ、これから起業をめざす若者には、起業の方法や上場の仕方などがとても参考になると思った。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー