通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


基盤としての情動―フラクタル感情論理の構想 単行本 – 2005/6/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥5,500
¥5,500 ¥3,270
お届け日: 明日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

感情論理の発表から20余年を経て、大胆な構想のもとに結実した精神の科学の新たなパラダイム。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

チオンピ,ルック
1929年イタリアに生まれる。1963年よりローザンヌ大学病院社会精神医学部門の発展に貢献するとともに、ローザンヌ研究と呼ばれる有名な統合失調症長期予後調査を遂行した。1977年から1994年までベルン大学社会精神医学教室主任教授。1982年出版の『感情論理』により科学基礎論や構造主義を駆使した多元的な人間論を展開する精神病理学者として各界からの注目を集めた。1984年、先端研究プロジェクトとして統合失調症患者の治療のための共同生活施設「ソテリア・ベルン」を創設した。ベルン大学退官の後、ウィーン近くのアルテンベルクにあるコンラート・ローレンツ(進化・認知)研究所に客員教授として招かれ本書『基盤としての情動』を執筆した。これにより、感情論理の構想は、精神病理学の領域を超えて、相対的構成主義、神経科学、システム論、カオス論を支柱とする大規模な思想体系へと発展している

山岸/洋
1958年生まれ。1984年京都大学医学部卒業。現在、財団法人田府興風会医学研究所北野病院神経精神科部長、京都大学医学部附属病院臨床教授(精神医学)

野間/俊一
1965年生まれ。1990年京都大学医学部卒業。現在、京都大学医学部附属病院精神科神経科勤務

菅原/圭悟
1957年生まれ。1984年京都大学医学部卒業。京都医療少年院勤務を経て、天理よろづ相談所病院精神神経科部長

松本/雅彦
1937年生まれ。1964年京都大学医学部卒業。京都大学医療技術短期大学部教授、京都府立洛南病院院長を経て、京都光華女子大学人間関係学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 学樹書院 (2005/6/1)
  • 発売日 : 2005/6/1
  • 単行本 : 407ページ
  • ISBN-10 : 4906502296
  • ISBN-13 : 978-4906502295

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません