この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[基本を図で読む]ロジスティクス・エンジニアリング 単行本 – 2006/9/8

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728 ¥ 57
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者からのコメント

(本書「はじめに」より)
 1981年12月7日発行の運輸タイムズ紙第3ページに、「ロジスティクスと複合技
術」というタイトルの拙著の小論文が載っています。  四半世紀前に書かれた
この文の主テーマは、「コンピュータシステム、マテハン設計、梱包設計、電
機・電子制御などの幅広い技術の複合と、ロジスティクス組織の結合があってこ
そ真のロジスティクス合理化展開は実現する」「法規制問題の改善、業界内部の
協業体制など、日本の物流システムが欧米に近づくためには、このような分野で
の改革が急務」ということを訴えています。未だWMS(Warehouse Management
System)の概念は、物流現場に登場していない時代でした。

 この時代の物流現場は、ほとんどが手書きの伝票か、または途方もなく高価
で、ビルの1フロアを占拠するような超大型汎用コンピュータから、10時間以上
もの夜間処理で吐き出された伝票で商品を出荷する方式で運用されていました。
フリーロケーションの概念は無く、ベテランの倉庫係が、商品がどこに格納され
ているのか隅々まで記憶していて、その記憶頼りで出荷するのが当たり前でし
た。
 時代は変わって2006年、日本の物流倉庫の実態は上述の四半世紀前と大きく変
わっているでしょうか?

 日本の製造業は、この20年間で大きな変貌を遂げました。多機能ロボットと単
機能ロボットとの組み合わせで加工ラインの合理化が進み、作業者による組み立
てラインでは、セル型生産方式と最新のITの組み合わせで、中国に生産シフトし
なくても充分にコスト競争可能な工場に進化しています。
 例えば、ノート型PCやデスクトップ型PCを生産しているNECの米沢事業所(敷
地面積59,000平米、工場4階建て30,000平米)では、3年前に6人組みのセル生産
方式
であったものが現在では5人のセル生産(ノート型の場合)になり、かつRFIDの
導入で、データの入出力時間が大きく削減されています。
 これらセルとセルの間には、「みずすまし」と呼ばれるカンバンを持った部品
供給作業者が、文字通り「所狭し」と走り回っています。黄金の98時代をDELLの
サプライチェーンモデルで奪われたNECは、必死でPC工場の改革を推進し、上記
のセルラインの生産性はこの5年で6倍に到達し、1人の作業者が1日60台近い数の
PCを生産しています。

 このような進化を遂げた生産現場と比べ、物流現場の改革状況に目を転じる
と、大きく遅れが見られる業種もあります。
 1980年といえば、長島茂雄が巨人軍監督を辞任した年、静岡市の駅前では悲惨
なガス事故で多くの人が亡くなった年でもあります。このような時代から、ほと
んど変化していない物流現場も少なくないのです。さすがにWMSを導入している
物流現場は増えてきましたが、導入率は全物流現場の1割にも満たないのです。
 また、物流センター内の物流プロセスもほとんど進化していませんが、大企業
の物流センターを中心に、最新のマテリアルハンドリング機器を導入し、「機械
化」という点だけは生産工場と類似した変化を示しています。

 筆者はこのような日本の物流分野の現状を憂慮し、過去長い間に渡り、日本の
物流現場の実態に最もフィットした真のロジスティクス改革を推進できるメソッ
ド(手法)を体系化し、実際に多くの現場改革に適用し、試行錯誤を繰り返して
きました。また、共著者の異なる分野での経験を織り込み、より幅広い分野での
応用が可能になってきました。

 筆者はこれらの手法を総称し、「LE=ロジスティクス・エンジニアリング」
と名付け、13年前からこの言葉を使っています。最近は物流関連各社のホーム
ページでロジスティクス・エンジニアリングという言葉が散見されるようになっ
てきており、LEの定義は統一されていないものの、その必要性の理解が進んでき
たような気がします。
 筆者は、ロジスティクス・エンジニアリングという言葉を以下のように定義し
ています。
 「ロジスティクス改革推進に特化された技術要素とマネジメント手法を体系化
したもの」
 このロジスティクス・エンジニアリングの概念を具体化するメソッド(手法)
は、この定義を満たすものでなければなりません。本書では、ロジスティクス・
エンジニアリングの概念を分かり易く説明すると共に、レクソル株式会社が提唱
するMethod.LE手法などを解説することにより、ロジスティクス改革を使命とす
る多くの方々に活用して戴きたいと願って著したものであります。

   (平成18年8月 執筆者を代表して 大江一義)

出版社からのコメント

 ロジスティクス改革には[メソッド(手法・技法)]がある!
 
......本書は生産管理分野のIE手法に比肩される"LE"(ロジスティクス・エ
ンジニアリング)の考え方を、わが国で初めて体系化し、そのポイントと手順を
図解中心に平易に図説したものです。
 著者らの提唱するLE手法は、すでに実践の場において検証され、30%以上
の生産性向上を実現した事例が次々に現れています。
 ロジスティクス先進企業を目指す実務家・管理者のための「新たなバイブル誕
生」と言えるでしょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 136ページ
  • 出版社: 流通研究社 (2006/9/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902477130
  • ISBN-13: 978-4902477139
  • 発売日: 2006/9/8
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,057,104位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2007年1月5日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年9月8日
形式: 単行本Amazonで購入