¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
城をひとつ がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

城をひとつ 単行本 – 2017/3/30

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,380

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 城をひとつ
  • +
  • 北条早雲 - 明鏡止水篇
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 101pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

調略を武器に乱世を生きた一族の熱き闘い。城攻め×伊東潤 間違いなしの面白さ! 「城をひとつ、お取りすればよろしいか」、小田原城に現れた男は不敵にそう言い放った。商人に扮して敵地に入り込み、陣中を疑心暗鬼に陥らせ、一気に城を奪い取る――家伝の調略術で関東の覇者・北条氏を支え続けた影の軍師・大藤一族の五代にわたる闘いと北条の命運を決する小田原合戦までを描く圧巻のインテリジェンス合戦記!

内容(「BOOK」データベースより)

北条氏綱の評定の間に現れた男、大藤信基は不敵にそう言い放った。幻の兵法書『孟徳新書』の説く秘伝「入込」の術を用いてある時は馬の商人に、ある時は気鬱の医者に姿を変えて敵陣深く潜入し、情報操作を弄して一気に城を奪い取る―大藤家の五代にわたる闘いと、北条の命運を決した小田原合戦までを追った、痛快無比な戦国スパイゲーム連作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 325ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103318538
  • ISBN-13: 978-4103318538
  • 発売日: 2017/3/30
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 13.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,489位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者、久しぶりの戦国物小説。
幕末~維新の作品が続いたが、やはり戦国のもが最高に面白い。

関東の覇者、後北条氏を支え続けた影の軍師・大藤一族の五代にわたる闘いを北条氏の江戸城乗っ取りから小田原合戦までを描いた戦国絵巻。
北条氏綱を前に大胆不敵に「城をひとつ、お取りすればよろしいか」と大藤信基が言い放つシーンから始まる「城をひとつ」と他の5作品の短編集のような、大藤一族の五代にわたる長編小説になってます。
さらに上杉謙信や福島正則などの戦国武将の総出演が嬉しいですね。
最近の戦国もの小説が溢れるなかでピカイチの作品であると思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
戦国時代の関東で活躍した英傑たちが総登場するぜいたくな歴史小説です。彼らの矜持、野心、不安、焦りが生々しく描かれ、彼らとともに戦乱の世を生きていると感じさせてくれます。そして、英傑たちの栄枯盛衰に深い感慨を抱かせてもくれます。歴史小説ファンだけでなく、大人の小説を求めているみなさんにお薦めの一作です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 私たちが知っている歴史では捉えきれないほどのたくさんのドラマがあるのだろうなということを改めて考えさせられた。有名でなくても、必死に生きていた人たち、この本での大藤家の人たちのような物語がとても心に刺さった。特に、「幻の軍師」という章に心が動いた。作者の本は読んでいる方だと思うが、また新しい楽しさを味わわせてもらった気がする。作者の今後の活躍を切に願う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
秘伝の『入込』術を武器に、五代に渡って北条家に仕えた大藤一族のお話です。
初代の信基から景長・秀信・政信・直信と、北条一族の勃興から秀吉に成敗されるまでの過程をスパイ風味で仕上げてあります。

個人的な感想は普通とさせてもらいます。活字だとはいえ、もちっと敵地侵入時の緊張感を味わいたかった。私自身この大藤一族を知らなかったせいもあり、主人公一族にのめり込めなかったです。
クドイですが、敵地侵入時の化かし合いから味方への連絡の繋ぎ方の描写等、より頁を割いてほしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す