通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速対応します。発送はメール便になります。★小口焼けあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス) コミックス – 2010/6/10

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 坂道のアポロン (6) (フラワーコミックス)
  • +
  • 坂道のアポロン (5) (フラワーコミックス)
  • +
  • 坂道のアポロン (9) (フラワーコミックス)
総額: ¥1,358
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

ジャズが彩る恋と友情の60's青春白書!!

大好評の「坂道のアポロン」第6弾!60年代後半、九州のとある都市を舞台に繰り広げられる青春群像劇。都会からの転入生の薫は不良の千太郎と出会い、ジャズを通じて友情を育む。一時は気持ちがすれ違い、千太郎と離れたが、文化祭の演奏で派手に仲直り!そんな薫の周りでは、さまざまな恋心が動き、形を変え始めていて……!?

編集担当者からのおすすめ情報
「坂道のアポロン」を読むとジャズが聴きたくなります。オリジナル・サウンドトラックも出ていますのでぜひこちらも聴いてみて下さい。→「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラク」(EMIミュージック・ジャパン)


登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409133198X
  • ISBN-13: 978-4091331984
  • 発売日: 2010/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 夢見る夢子 投稿日 2010/6/10
形式: コミック
早いものでアポロンももう6巻です。

今回は淳兄の今に至ってしまった原因となるシリアスな話、
そして千太郎との果し合い、新たな旅立ちがメインです。

千太郎と淳兄の粋な果し合いのシーン、
百合香を電車へ引き込むシーンなんかは
さながら映画の1シーンのようでドラマチックで素晴らしかったです。

その話の合間には
薫と律ちゃんとのすれ違い恋模様もそこかしこで描かれていて
今回もとても読み応えのある充実した一冊でした。

今回特に感じたのは、
薫、ほんとに一回り成長したなぁということ。
律ちゃんが気になり始めたのも無理はないです^^;

別に読みきりの話も収録されていますがこれまたいいですよ♪
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品、「少女マンガ」でカテゴライズするにはもったいない。「ちはやふる」が「少女マンガ」の枠を超えて「スポ魂」ものとしても認知されはじめブーストして男性読者をも取り込んだように、この作品も男性読者(特に40以上のおっさん)も十分に取り込める作品だと思います。
JAZZとROCK(特にBeatles)、学生闘争、昭和40〜50年代に青春を過ごした人の恋愛価値観、などなど。さらにそういった「昭和臭エレメント」の細部も表現なされていて、作者の方はかなり勉強家なんだなぁ、と感じました。昭和に青春を過ごした人間すべて共感できる作品なんじゃなか!?とさえ思ってしまいます。
自分もおっさんですが、この作品にあっという間に取り込まれました。ちなみに、普段マンガを一切読まない妻もはまってます。
とても素敵な作品に出会えて良かったです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず表紙の薫くんがとてもよかったです。1巻のアンニュイな雰囲気とは一転して少し大人になった、何かを乗り越えたあの爽やかな表情がいいなぁと思いました。

さらに内容も、淳兄さんと千太郎の苦悩ぶりがよく描かれていてとっても伝わってきました。ただ、百合香さんが千太郎の気持ちに対してどうなのか、とかそのあたりも詳しく描いてもらえたらもっと気持ちも入っていったような気がします。

そしてかなり気になる律ちゃんと薫くんの気持ちの行方。二人には本当にハッピーな結末を迎えてほしいなと願うばかりですが一筋縄ではいかなそうな予感です、、、次の7巻が本当に楽しみです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告