坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)Amazon.co.jp配送センターより送料無料・年中無休で発送します。帯や付属品の欠品、色あせ等ある場合がございます(レンタル品は扱っておりません)注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。 ※Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】

5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,236
価格: ¥ 5,597 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,639 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 5,597より 中古品の出品:9¥ 1,011より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 坂道のアポロン 第1巻 Blu-ray 【初回限定生産版】
  • +
  • 坂道のアポロン 第2巻 Blu-ray 【初回限定生産版】
  • +
  • 坂道のアポロン 第3巻 Blu-ray 【初回限定生産版】
総額: ¥15,488
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 木村良平, 細谷佳正, 南里侑香, 遠藤綾, 諏訪部順一
  • 監督: 渡辺信一郎
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2012/07/27
  • 時間: 68 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B007WB5EEM
  • JAN: 4988104071811
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,238位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

原作「坂道のアポロン」、第57回小学館漫画賞受賞! 、「このマンガがすごい! オンナ編」NO.1(2009)
監督:渡辺信一郎 × 音楽:菅野よう子! 「カウボーイビバップ」の黄金タッグが再び!
「ノイタミナ」が奏でる、青春アニメのニュー・スタンダード! !

【初回限定特典】●結城信輝描き下ろしイラスト全巻収納BOX
●キャラクターデザン・結城信輝イラストデジパック仕様 (デジパック中面:原作・小玉ユキイラスト)

【通常特典】●メイキング映像:Making of "Kids On The Slope" SESSION #1
●木村良平×細谷佳正 トークセッション「青春はいつも坂道発進」
●律っちゃんの方言講座
●次回予告(#2・#3・#4)
●WEBラジオ「ムカエレコード・地下スタ通信」未公開版#1(音声特典)
●ノンテロップOP・ED)

1話~3話収録(全12話)/2層/16:9/日本語リニアPCM2.0ステレオ/日本/2012年/カラー

【ストーリー】1966年初夏。高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きのワル"と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎との出会いが彼を変えていく。千太郎を通じて知ったジャズの魅力、そして初めての「友達」と呼べる存在。仲間と奏でる音楽がこんなにも楽しいなんて! 千太郎の幼なじみで心優しいレコード屋の娘・律子、ミステリアスな上級生・百合香、憧れの兄貴分、淳兄…。アメリカの文化漂う海辺の街を舞台に、友情・恋心・音楽がまぶしく交錯する青春群像劇!

原作●「坂道のアポロン」小玉ユキ(小学館「月刊フラワーズ」連載)
監督●渡辺信一郎/脚本●加藤綾子・柿原優子/キャラクターデザイン●結城信輝/総作画監督●山下喜光/音楽●菅野よう子/ピアノ:松永貴志 ドラム:石若駿/オープニング・テーマ●YUKI「坂道のメロディ」(EPICレコードジャパン)/エンディング・テーマ●秦 基博 meets 坂道のアポロン 「アルタイル」(Ariola Japan / Augusta Records)/アニメーション制作●MAPPA/手塚プロダクション 制作●「坂道のアポロン」製作委員会

【キャスト】西見薫●木村良平/川渕千太郎●細谷佳正/迎律子●南里侑香/深堀百合香●遠藤綾/桂木淳一●諏訪部順一

公式サイトwww.noitamina-apollon.com

※発売元:フジテレビ/東宝 販売元:東宝

※商品仕様は変更になる場合がございますので、ご了承ください。※初回特典は数に限りがございます。ご注文はお早めに。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

小学館漫画賞を受賞した小玉ユキの人気コミックをアニメ化した青春ストーリー第1巻。60年代、アメリカの文化漂う海辺の街を舞台に、高校生たちの瑞々しい青春模様を描く。第1話から第3話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
坂道のアポロン全12話を見終えてのレビューです。(ネタバレはありません)

最初に言っておきたいのですが私は原作全巻既読しておりますが、結論からすると原作はストーリー性重視、アニメは音楽性重視のストーリー構成であったと思います。これから、アニメを見られる方は先にアニメを見てその後原作を読まれる事をお勧めします。主人公の心理描写が原作では丁寧なのでアニメの後だとより楽しめると思います。

感想としては、今作はアニメーションの力を最大限に発揮した素晴らしい作品だと思いました。
今現在今年中の作品では動きに一番力を入れていて、更に主人公の親友や恋人との人間関係を実に痛々しく、清らかに描いています。特に友情のテーマが深く、薫と千太郎が互いの意見の違いで友情に歪みが出ても、それを解決するのはジャズのセッションで語り合うという爽やかで胸を熱くさせる展開の数々で、OPを見ても色々な世代の人(おやじさん、淳一さん等)がジャズで心を1つにして充実した毎日を過ごしているように感じて、現代ではあまり見られない形の生活でとても羨ましくも思いました。

この作品を担当されたスタッフの方々も菅野よう子さん、渡辺信一郎監督等非常に豪華で、中でも脚本家の柿原優子さんと加藤綾子さんには驚かされました。この二方は、以前「ちはやふる」という作品の脚本
...続きを読む ›
1 コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
評価の高いマンガが原作、との知識だけで視聴したのですが、
まずOPが驚嘆の素晴らしさ。
菅野よう子さんの紡ぎ出す疾走感のある美しいメロディにYUKIの歌声。
超絶クオリティのアニメーション、そして監督にはカウボーイビバップの渡辺信一郎の名前。
これは絶対名作になると確信しました。

実際第一話ラストの千太郎のドラムソロに痺れてもうメロメロ。
もっとも次週が楽しみなアニメになりました。

作品としては、全体的に駆け足だったとの評も多いですが、
その反面、テンポが早く飽きさせなかったとも言えます。
確かにもう一話あったらとも思わなくはないですけど。

本当に面白く、素晴らしい作品だったので、アニメを見終わった後、原作も早速揃えました。
やっぱり最高に面白いですね。

これはやはりアニメから原作に行くのが正解ですね。
原作からだと、何故あのシーン、セリフをカットしたのか、となってしまいます。
アニメはどうしても時間制限があるので、アレンジや引き算が必要になってしまいます。
その点アニメ→原作だと、細かい心理描写等が補完出来ますし、
(まさか薫のメガネ外しが、りっちゃんへのイケメンアピールだっ
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/4
設定が斬新であろうとベタであろうと、まず「人間」が描けているかどうかが肝心。
良い側面も悪い側面もある心理の機微や生活感の描写がしっかりしていて、
画面越しに息遣いが感じられれば派手さはなくても自然と引き込まれる。

昨年度は「うさぎドロップ」等がそれに該当しましたが2012年前半は本作がこの点でイチオシ。
(ベタな部分も時代設定が昭和のため自然と受け入れられます)

アニメという媒体で原作の「音楽」要素を生かすため菅野氏も参加しているなど
制作側の意気込みも感じられるのも好印象。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
たまーに出会う、こういう名作。
精霊の守り人や四畳半神話体系と出会った時と同じ、この確信。

最初の数秒で、動画に魅了された。
陰影の付け方も、動きも、なんて凄いんだろう。
特に注目して欲しいのは、「手」である。
普通のアニメなら、指を動かすだけで、あまり回転させない手首。
しかし、それは手首の存在を無視しているようなものだ。
指の動きは感じるが、手首の関節を感じる事の出来るアニメは少ない。
動いていたとしても、回転ではなく曲折だ。
このアニメの描写の丁寧さは、この手首を含む手全体にも及ぶ。

「手は顔と同じくらい表情豊かだ」と良く言われる。
何かを掴んだ時、持った時、ダラリと重力に任せた時、意志を伝える時
手は感情を表現するのに非常に適していて、それを「見せる」事の出来るアニメだと思う。

なんかマニアックな評価になって申し訳ないけど
描写の細かさに気づいて欲しくて、ダラダラと長文を書いてしまいました。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す