通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
坂東蛍子、日常に飽き飽き (新潮文庫nex) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

坂東蛍子、日常に飽き飽き (新潮文庫nex) 文庫 – 2014/8/28

5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 坂東蛍子、日常に飽き飽き (新潮文庫nex)
  • +
  • 坂東蛍子、屋上にて仇敵を待つ (新潮文庫nex)
  • +
  • 坂東蛍子、星空の下で夢を語る (新潮文庫nex)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その女子高生、名を坂東蛍子という。タクシーに乗れば誘拐事件、出歩けば十重二十重のストーカー包囲網、恋に落ちようものなら世界が震撼する。だがそれも、本人は知らぬこと。彼女自身は、無邪気に暢気に黄金の青春を謳歌し、今日も今日とて、公道のど真ん中を闊歩して、人生という大海原を自由気ままに航海する。天上天下唯我独尊、疾風怒涛の女子高生譚。第1回「新潮nex大賞」受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)

その女子高生、名を坂東蛍子という。タクシーに乗れば誘拐事件、出歩けば十重二十重のストーカー包囲網、恋に落ちようものなら世界が震撼する。だがそれも、本人は知らぬこと。彼女自身は、無邪気に暢気に黄金の青春を謳歌し、今日も今日とて、公道のど真ん中を闊歩して、人生という大海原を自由気ままに航海する。天上天下唯我独尊、疾風怒涛の女子高生譚。第1回「新潮nex大賞」受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 293ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/8/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101800065
  • ISBN-13: 978-4101800066
  • 発売日: 2014/8/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,577位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
表紙良いですよね、これに惹かれて買いました。
以下ややネタバレがあります。

『多大な影響を無自覚にもたらす一人の少女に周囲の人々(人外含む)が振り回されるお話』
真っ先に浮かんだのは涼宮ハルヒシリーズです。共通点は非常に多いです。
が、私はハルヒシリーズほど入り込めませんでした。決定的な違いはキョンが居ない事です。
人語を解す猫や宇宙人が出てきますがそれらに驚き・ツッコミ・纏めてくれる読者の分身が居ないのです。
ハルヒシリーズならばキョンが受けて返す『荒唐無稽』を読者は喰らいっぱなしで作中に返す術がありません。

また『荒唐無稽な彼ら』の何人かと蛍子は既に顔見知りです。(勿論相手の正体は知りません)その状態から
物語はスタートしているので、いきなり現れた彼らの視点で「またあいつか」「やれやれ」「しょうがない、やるか」
…的な事言われても多くの読者は置いてけぼりを食らうと思います。
登場してページが進み、暫くして回想という形で出会いが描かれているキャラも居ますがあくまで一部です。
本として世に出た以上、初めて知り手に取る客も多い筈です。既知のネット小説のファンアイテムとしてみれば
満足できるものでしょうが、単体として読むとどうしても唐突・説明不
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
少々傲慢かつ高飛車な美人の女子高生が非日常を渇望しながら、まるで台風の目のように実際にそれが起きていることに気付かないまま
周囲で巻き起こるイレギュラーな出来事や超自然的事象が奇妙な化学反応を起こしていくさまは、まるで宇宙人や未来人、異世界人、
超能力者に囲まれているにもかかわらず非日常を求めてエキセントリックな行動を取る『あの少女』の姿が頭をよぎるが、
物語に関わるすべての登場人物――人間のみならず人形や兎のぬいぐるみ、猫、鳩、宇宙人、武者の亡霊そして創造神たちの視点で描いた
群像劇として描くことによって差別化を図っている。
また、多視点の作品は往々にして読者の混乱を招くきらいがあるのだが、本作に関しては読者が混乱しないよう、文章にある程度の工夫が
為されているところも注目するべきところである。しかしながら、それがしっかりと機能しているかどうかは読み手の判断に委ねられるところだが。

『千代田区タクシー誘拐事件』
組織での一発逆転を狙って誘拐を企てるうだつの上がらないやくざ、タクシーの運転手のフリをしながら人質を連れまわす共犯者、
本来誘拐されるはずだった金持ちの少年、身代わりになった少年の友人の豆腐屋の息子、武者の霊、ぬいぐるみそして好奇心旺盛な
女子高生・坂東蛍子と、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レーベル立ち上げの新潮nex大賞の第一回受賞作ということで購入してみました。

他の方も既に書いているように、ネット上に掲載されているものを元に本書を書き下ろしたようです。
内容は群像劇のスタイルを取っています。

たぶん好き嫌いははっきりと別れる文章だと思います。一文一文がどちらかというと冗長で、目が滑りがちです。
リズムに乗れれば気にならないのかとも思いますけれど、自分にはちょっと無理でした。
なにより視点があまりに目まぐるしく展開して、これは誰が喋っているのだろう?とか
なんでこんなことを?と突っ込みたくなることを繰り返しているうちに、物語の世界からどんどんと思考が離れていってしまいました。
2章は特に辛く、何度も途中で続きを読むのを止めようかと思いました。

試みは面白いと思うので、もう少し整理して読みやすくした状態だったらなぁとも思いましたが、
自分のようなタイプはもしかしたら珍しく、他の皆さんはすらすらと読めたのかもしれません。

あと、どうしても物語の内容上、森見さんの夜は短し歩けよ乙女と比較してしまい、そうなるとこの評価に落ち着いてしまいました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
新レーベルのロンチタイトルであり,その大賞受賞作を元に書き下ろされたデビュー作.

人の言葉のわかるぬいぐるみや猫,幽霊や閻魔大王,果ては宇宙人によその星まで,
その荒唐無稽な設定に一切の説明はなく,始まってすぐに読む側は戸惑いを覚えます.

また,一つの場面や状況を多く視点から見せる,いわゆる群像劇スタイルの作品ですが,
その視点や場面の転換が効いているとは思えず,誰のセリフかわからないこともたびたび.
このほか,括弧書きのモノローグや地の文,未来を示唆する言い回しも読みづらく感じます.

もつれ合う最後のドタバタは悪くなかったですし,不思議な世界観も否定はしませんが,
それで押し通せるだけの魅力には乏しく,膨らみ続ける疑問も先への期待には繋がらず….
好き嫌いがハッキリわかれるのは確かで,残念ながら自分には最後まで楽しめませんでした.
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー