この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

坂本龍馬伝 明治のベストセラー「汗血千里の駒」 新書 – 2010/3/10

5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 33,171 ¥ 199
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

読売新聞、高知新聞、京都新聞、長崎新聞、南日本新聞、
ダ・ヴィンチほかでも紹介された話題の1冊。

明治16年、坂崎紫瀾(しらん)が高知の『土陽新聞』に
発表した連載小説『汗血千里の駒(かんけつせんりのこま)』は、
坂本龍馬を初めて題材にした
伝記小説として大きな反響を呼び、
単行本化されるや50版を重ねるベストセラーに。

原本の美しい色刷り(龍馬の肖像画)の表紙を、
カバーにあしらって明治期の雰囲気を再現し、
訳者に「土佐人」のひとりを迎え、
初の現代語訳版(抄訳)にて、
一気に読み走れる普及版として甦らせたのが
『坂本龍馬伝 明治のベストセラー「汗血千里の駒」』だ。

汗血千里の駒とは、
血の汗をしたたらせ、千里を駆けぬける駿馬を意味する。
龍馬を駿馬にみたてた『汗血千里の駒』は、
龍馬ブームの先駆けとして、後世に与えた影響は大きく、
司馬遼太郎氏の大作小説『竜馬がゆく』も
『汗血千里の駒』の血を受け継ぐものであった。

そして、2010年のNHK大河『龍馬伝』もまた、
『汗血千里の駒』の影響を色濃く感じさせる。
毎週2000万人に視聴されている『龍馬伝』だが、
その初回(1月3日)の冒頭に記者・坂崎紫瀾が登場。
明治15年(1882)、立身出世した岩崎弥太郎が、
その坂崎に龍馬のことを語ってきかせるという趣向で、
『龍馬伝』は始まった-----。

そんな新たな龍馬ブームのなか、
『坂本龍馬伝 明治のベストセラー「汗血千里の駒」』は、
質感のする新書サイズながら文字も大きめで読みやすく、
ほんの数時間で明治人を魅了した龍馬の魅力を堪能でき、
『竜馬がゆく』ファンや大河ファンには一読必携の書だ。


【目 次】

一 駆けだした「汗血千里の駒」
二 龍馬の剣と恋
三 剣術巡業
四 脱藩者
五 勝の慧眼
六 伏見の女将軍とお良
七 薩長同盟と襲撃事件
八 我が国初の、新婚旅行と海軍実戦
九 海援隊誕生
十 奔馬のいななき
十一 天に駆けのぼった「汗血千里の駒」


1883年、日本初の『龍馬伝』。
すべての、龍馬関連書の原典であり、
すべての、龍馬ブームのこれぞ原点!

内容(「BOOK」データベースより)

NHK大河にも登場する坂崎が著した日本初の龍馬伝。待望の現代語訳版。国民的名作小説『竜馬がゆく』ほかすべての龍馬ブームのこれぞ原点。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 東邦出版; 第2版 (2010/3/10)
  • ISBN-10: 4809408590
  • ISBN-13: 978-4809408595
  • 発売日: 2010/3/10
  • 梱包サイズ: 17.4 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 379,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
坂本龍馬像の原点になった初の伝記小説の現代語抄訳。
いろいろカットして原書の6割程度に圧縮、文章は平易で、児童向けの偉人伝記本のような感じで読めます。
龍馬の行動中心に構成したため、何だかかえって時代の動きや流れが分かりづらくなっているのが残念。よく分からないうちに池田屋事件が起こって蛤御門の変が起こって長州征伐が始まっているような感じ。武市半平太も高杉晋作もいつの間にか死んでいたりします。
内容はオーソドックスに龍馬の事跡のダイジェスト。当時は存命だった人物や店もまたまだ多かったのでところどころで名前が差し替えられているのですが、その一方で、徳川慶喜と龍馬を対面させたり、千葉さな(本書では光子)とのロマンスが夢オチだったり、平然とフィクションをぶっこんでいます。実録本のノリですな。
もう一つ、引っかかったのは創作がけっこうある一方で、船中八策だったり、薩長同盟の裏書だったり、いまではおなじみの龍馬のお手柄のいくつかがまったく言及されていないということ。もしかして当時はそんな事跡の存在は知られていなかった……もっと後の時代になってからのでっち上げ? 研究者の史料批判に期待したいところであります。
発表時の時勢柄、幕府や会津藩は悪玉扱いでして、昨今の観光史学や明治維新否定論とは正反対の扱いなんですが、正直いってこちらの方が実像に近いんじゃないかと。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
全訳ではないそうですが、訳文は読みやすくコンパクトにまとまっています。
新書なので手に取りやすいこともいいですね。
この本のカバーには表も裏も「汗血千里の駒」の表紙があしらってあり、
原作へのリスペクトも感じられます。

NHKの「龍馬伝」を見ていますが、最初に出てきた坂崎紫瀾という人が
気になって調べたところ、この本に行き当たりました。
あわせて読むことで、ドラマがいっそう楽しめるとおもいます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
土佐の高知の自由民権家、坂崎紫瀾によって「龍馬」は世に知られたとのこと。歴史的にも非常に価値がある本を現代語訳にて、ついに出ました。龍馬ファンなら必見でしょう。龍馬伝で語られる龍馬とは、また違った趣があると思います。その「汗血千里の駒」は、自由民権の地、土佐の土陽新聞で連載され、民衆のヒーローとしての龍馬が描かれています。
高知市自由民権記念館では龍馬の遺志を継ぐもの第一弾 新聞挿絵展 最初の龍馬一代記「汗血千里の駒」の世界と題された企画展が催されています。土陽新聞で連載された当時の「汗血千里の駒」は、現在もその高知市自由民権記念館に保管されています。龍馬の志は自由民権運動に繋げられていったともいえます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
原作を読みたいけれどなかなか・・・という人におすすめ。
分かりやすい現代語訳。
訳者に高知の方がいるとのことで、
会話の土佐弁にも違和感がない。

同じ時代を生きた人が書いているこの本は、
坂本龍馬がすごいのではなく、司馬遼太郎がすごいのだという指摘を一蹴できる。
龍馬ファンとしてはそれも嬉しい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告