中古品
¥ 990
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 bookよいこ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き、初版発行。カバー、帯に多少のスレあり。ページ使用感なく綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

坂本龍馬と謎の北極星信仰 単行本 – 2010/11/26

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,622 ¥ 690
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

坂本龍馬と謎の北極星信仰

坂本龍馬はなぜ殺されたのか。
なぜ龍馬は歴史を回天させることができたのか。
おのれのことしか考えていなかった龍馬を何が突き動かしたのか。
その背景には共通してある謎の信仰があった。
坂本龍馬、勝海舟、ジョン万次郎、千葉道場など幕末を動かした者たちに多大な影響を与えた北極星信仰「妙見信仰」。
星信仰には、古くは聖徳太子、桓武天皇、平将門といった偉大な歴史上の人物たちが頼ってきた。
そして歴史の節目、節目に登場しては世の中に変革をもたらしてきた妙見信仰は幕末に再び多くの志士たちを突き動かす。千葉道場は秘密結社として動きを活発にし、その中心にいた龍馬は大政奉還、尊王開国へと突き進む。
まさに妙見信仰は革命の思想だった。
明治新政府が怖れ、その存在を消し去ろうとした信仰と、龍馬の死の真相に迫る。

内容(「BOOK」データベースより)

明治新政府はその存在を怖れた―フリーメイソンをも凌駕する“妙見政治結社”。その中心に龍馬がいた。新説!龍馬「暗殺の真相」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093897301
  • ISBN-13: 978-4093897303
  • 発売日: 2010/11/26
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 256,210位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2015年5月15日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2010年12月5日
形式: 単行本
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告