この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

坂本龍一・全仕事 大型本 – 1991/12

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 1991/12
"もう一度試してください。"
¥ 1,100
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

音楽を作る坂本龍一、その全思考の記録。自筆の未公開資料約800点一挙掲載。世界的音楽家、坂本龍一がその全音楽活動を通じてプライヴェートに保存してきた創作ノート、楽譜、メモ類など、現存する膨大な未公開資料と彼のメディアへの全発言、未公開インタビュー等をもとにその全仕事、全思考を追った坂本龍一全集。全リー・アルバムほか、多数のアレンジ作品からCM音楽に至るまで、その音楽活動の全貌を集大成。456点の楽譜スケッチ、333点のメモ、さらにそれらをもとに作成された“サカモト・キット177点”を一挙に掲載した。

内容(「MARC」データベースより)

世界的音楽家、坂本竜一がその全音楽活動を通じてプライヴェートに保存してきた創作ノート、楽譜、メモ類など膨大な未公開資料と彼のメディアへの全発言、未公開インタビュー等をもとに、その全仕事、全思考を追い、彼の音楽活動の全貌を集大成。


登録情報

  • 大型本: 678ページ
  • 出版社: 太田出版 (1991/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872330463
  • ISBN-13: 978-4872330465
  • 発売日: 1991/12
  • 商品パッケージの寸法: 26.2 x 19 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 430,845位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

同じ著者による『楕円とガイコツ』('99年刊行)の中でこんな告白文があります。
「あの本は実はほとんど間違いなのです」

その通り!刊行当時('91年)には訳も分からずただ分量(百科事典かと思った!)と小難しい分析に
圧倒されて終わりでしたが、あれから多少理論的なことを身につけた今読み返すと、トンデモ分析炸裂!

例えば、『王立宇宙軍』テーマ曲のただの転調でしかない箇所を愚直に同一調視してコードネーム化していたり、
『シェルタリング・スカイ』の本質であるベースの半音下降構造にまるで気が付かないままコード分析で
かきまわして収拾付かなくなった挙句の果てに「坂本は砂漠の響きに達したのだ」とかなんとか、
わけのわかんない結論でお茶を濁したりと、いやもう酷いのなんの。

『チック・コリアの音楽』で馬鹿ぶりが頂点に達した感のある山下邦彦。でも『ビートルズのつくり方』の
モード分析は素晴らしい。最終ページに紹介されている坂本の『ザ・シード』分析を除けば、だが。

『ウェザー・リポートの真実』もそうだったが、このひとはどうもセンチメンタルな資質があって、
『楕円とガイコツ』以後の冴えわたる(大スカもたまにあるにせよ)分析手腕を大いに損なっているよう
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NikHarnoncourt トップ1000レビュアー 投稿日 2005/2/1
自身のオリジナル作品に関する資料はそこそこ載っています。ただ1980年代に"Sound & Recording Magazine"や"Keyboard Magazine"を読んでいた人にとって目新しい情報は少ないでしょう。
また「全仕事」というタイトルを信じてはいけません。この本の致命的とも言える欠点は、坂本氏が他者の作品に参加した際の資料があまりにも少ないことです。矢野顕子、大貫妙子、David Sylvianとの共同作業は氏の仕事の中で重要な位置を占めると思いますが、わずかしか掲載されていません。特に矢野の「峠のわが家」、Sylvianの「Secrets of the Beehive」などはほとんど共同作品といってよいほどの深い関わりをしているだけに、本書におけるあまりにも軽い扱いは残念です。本書は坂本氏本人に関係する資料のみで成り立っており、周辺人物に対しては取材や資料収集をしていないものと推測されます。
坂本氏本人の仕事としては、CM音楽に関する情報が非常に少ないです。一時期の坂本氏は資生堂にかなりのインスト曲を提供しており、資生堂チェーンストアのみに配布されるなどしていました(アルバム2~3枚できるくらいの分量はある)。しかし本書で割かれたページはわずかです。
これらの職人・裏方としての仕事は、先に上げた雑誌類への露出が少なかった分野であり、もっとこの本で記載してほしかったことでもあります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかく分厚い。ブリタニカの事典顔負けのボリュームと世界のサカモトに密着した分析は読み応えがあります。「教授」の蔵書や言説を作品とからめながら、おそらく当の本人も「そうだったの」とびっくりするくらいに一つの「思想」にまとめ上げています。出版後の教授の仕事は同じ著者の『坂本龍一音楽史』に少しまとめられており、『楕円とガイコツ』では少し考えがかわっいるので合わせて読んでみてはいかがでしょう。巻末の充実した文献リストのおかげで私は随分と出費してしまいました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同著「チックコリアの音楽」に向かって、その基礎的な研究がなされたように思われる一冊。
とにかく資料の量が多い。そのためか書籍として大判なので気軽に持ち運べず、どこでも読めるというわけではない。
現在入手できない上記著作で結実する音楽理論の産声を感じる内容。
これまでクラシック一辺倒だった私は大きな衝撃を受けました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告