Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle Price: ¥ 660
includes free international wireless delivery via Amazon Whispernet

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Deliver to your Kindle or other device

Deliver to your Kindle or other device

Kindle App Ad
坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第五巻 by [坂本廣志]

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第五巻 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/1/12
¥ 660

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

地球で男性として生まれかわったフヤナは、18000年ぶりに再び宇宙に帰還することになります。本来なら宇宙空間では男性は生き残れないのですが、高等生命体の科学力を借りて、地球の男性として初めて高等生命体の宇宙を訪れます。

そこで、フヤナは新たな鉱物を大量に発見して行き、鉱物に閉じ込められていた多くの巨大最高生命体様を救出します。また、フヤナの脳に埋め込まれている、地球の竜神様からいただいた最高生命体の知識を、高等生命体の脳にも埋め込むことで高等生命体を最高生命体へと進化させることができます。

すでに地球にいた時に、巨大最高生命体様の中に乗って大宇宙の外に行っていたフヤナは、高等生命体の銀河に大宇宙の外の大宇宙に行く科学を進化させるきっかけを作ります。救出された多くの巨大最高生命体様を各銀河に配置することで、大宇宙の外の大宇宙に行く科学を持っている巨大最高生命体様の科学を各銀河が享受できるようになります。それは宇宙全体が同時に飛躍的に進化することを意味します。

それ以降、大宇宙の外の大宇宙の・・そのまた上位の大宇宙へと延々と続く冒険の旅が始まるのですが、肉体を持った生命体として、より高度な科学を吸収しながら、物質化されていない未然形の宇宙を肉体を持った生命体として進化する宇宙へと変貌させて行きます。これは壮大な宇宙に展開する想像を超えたノンフィクション物語です。

著者プロフィール
1946年神戸市生まれ。六甲山系の竜神様(スカイフィッシュ)の生息地や金鳥山の洞窟などを代々守り続けてきた家系の長男として生まれる。「UFOSG8神戸」会長・テレビタレント・UFO写真家・ジャズピアニストとしても有名。「たけしのTVタックル」など数々のテレビ番組に出演。別名「神戸の超人」と呼ばれている。著書に「フヤナと宇宙人の大冒険」「坂本廣志と宇宙文字カタカムナ」「坂本廣志とスカイフィッシュの秘密」(kindle版)などがある。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1882 KB
  • 紙の本の長さ: 106 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MY86DU9
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 65,549位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2018年3月20日
click to open popover