この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地震研究の最前線 (ニュートン別冊) ムック – 2016/10/18


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2016/10/18
¥ 2,800 ¥ 2,425
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震のマグニチュード9は,研究者ですら想定していない規模のものでした。また今年の4月に発生した熊本の地震は,震度7が連続して発生するという異例のものでした。
今,地震研究はこれまでの常識にとらわれない再検証や見直しを迫られています。本書では最新の知見にもとづいて,東北地方太平洋沖地震の真相や熊本地震の詳報,そして危険な活断層や地震予測の可能性など,地震研究の最前線を紹介しています。
巨大地震は確実にまた発生します。本書では,その中でも発生確率が高く,被害が大きくなるといわれている南海トラフや首都圏の大地震について,そのメカニズムや被害予測をくわしく解説していきます。ぜひご一読ください。

出版社からのコメント

想定外のM9はなぜおきた?
熊本地震だけじゃない!
危険な活断層は他にもある!
地震予測はどこまで可能か?


登録情報

  • ムック: 176ページ
  • 出版社: ニュートンプレス (2016/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4315520535
  • ISBN-13: 978-4315520538
  • 発売日: 2016/10/18
  • 梱包サイズ: 27.2 x 21 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 435,078位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。beyblade burst