通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ガイドラインに沿った出品です★■特記事項■カバーに軽い傷み、小口薄ヤケ、その他概ね良好。※品質には十分注意しておりますが、万一不具合等ございましたらご連絡下さい※使用品の為、多少の傷や微ヤケ・微ヨゴレ等はご理解下さい※特記事項において全てのページの書込みや傷みを確認する事は出来ませんので、あくまでも目安となります。どうぞ宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫) 文庫 – 1982/12/16

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1982/12/16
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

飄逸と反骨で知られ、一貫して民衆の弁護士であった山崎今朝弥の痛快無比の奇文集。自伝的エッセイ集『弁護士大安売』と、関東大震災時の朝鮮人虐殺事件等への批判の書『地震憲兵火事巡査』等から新たに抜粋編集した本書は、社会運動史の貴重な記録であり、特に関東大震災時の一連の虐殺事件を助長した官憲を痛罵した表題作は圧巻である。


登録情報

  • 文庫: 306ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1982/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003316010
  • ISBN-13: 978-4003316016
  • 発売日: 1982/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 309,465位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
この本の著者は山崎今朝弥である。戦前・戦後を通じて一貫して弱者救済の弁護士として活躍し、社会主義者としての筋を通した。特に、関東大震災の際の朝鮮人虐殺を、「天人共に許さざる大悪無上の話である」として断じた。官憲が朝鮮人襲撃のデマを流して虐殺したことを怒りをこめて皮肉ったものである。そして、朝鮮人に「低頭平心」して謝罪し、朝鮮の独立が問題解決の糸口であると結論づけた。当時の朝鮮人に対する差別意識が顕著であった頃に、こうした弁護をすることはかなりの勇気が必要であったことは言をまたない。ことに、官憲に飄逸な修飾語で煙に巻いたことは社会主義者としての面目躍如たるものがある。
 また、山崎の奇行として、弁護士会の名簿に登録するにあたり、すべてのひとが法服姿であるのに、彼だけが裸で腕組みをした写真を掲げているのにはビックリした。邪心を持って判断しないということを態度に表したものといえるのではないか。この表題の「地震・憲兵・火事・巡査」も語呂があっているが、新聞広告には「菊判堂々三百余、定価僅僅金壱円、送代例例零十銭」等と謳っている。そして、借金の保証人になってくれと頼まれれば快く引き受けたが、そのハンコには「連帯保証無効の印」と彫られていた。
 自分を「米国伯爵」と称したのも、米国留学を通じて社会主義の洗礼を受けたことによるもので、自分自身が伯爵であるのではなさそうだ。とにかく一読されることを推奨したい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告