通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
地震は必ず予測できる! (集英社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

地震は必ず予測できる! (集英社新書) 新書 – 2015/1/16

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 地震は必ず予測できる! (集英社新書)
  • +
  • 緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)
総額: ¥1,728
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「巨大地震の前兆をとらえていたのに、それを公表しなかった――。3・11のその大きな後悔から、私は決意した。
どんな壁があろうと、これからは人々のために少しでも前向きな地震予測をしていこうと。」(本文より)

2013年のメルマガ発行開始以来、震度5以上の地震を確実に“予測"し、該当地域に事前警告を発してきた著者。
なぜ、これほど的確に“危険地域"を特定できるのか。
専門の測量学の知見を活かし、全国の電子基準点から送られてくるGPSデータを分析することによって得られる
画期的な地震予測のメカニズムが、本書で余すところなく明かされる!

【主な内容】
・なぜ門外漢が「地震予測」に取り組むのか
・2003年の十勝沖地震で得た確信
・東日本大震災の不気味な前兆
・地震は病気と同じ。くしゃみや発疹で異常を感知
・「週刊MEGA地震予測」の配信
・地震の確率論は当てになるか?
・4つの電子基準点で異常が鮮明に出た駿河湾地震
・6カ月前に「一斉変動」が見られた伊予灘地震
・御嶽山噴火の前兆か? 飛騨地方群発地震
・鹿児島県串木野の異常隆起は桜島噴火の前兆
・不気味に隆起を続ける富士山、東京もゆっくり隆起

【目次】
序章 なぜあのとき「予測」を公表できなかったのか――3・11への悔恨
第1章 3・11前から観測されていた前兆現象
第2章 日本列島はどこもかしこも歪んでいる
第3章 「予知」は無理でも「予測」はできる
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

地震学者は、目に見えない「地下」の動きを研究するのに対して、測量学の権威である著者は、人工衛星で測定した「地表の動きを記録した数値データ」を根拠とする、独自の地震予測法を開発した。そして、メルマガ発行を開始した2013年以来、伊予灘地震、伊豆大島沖地震、飛騨地方群発地震など震度5以上の地震を確実に“予測”し、警告を発してきた。画期的な地震予測のメカニズムが、本書で余すところなく明かされる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 176ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087207722
  • ISBN-13: 978-4087207729
  • 発売日: 2015/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 358,948位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
地震は必ず予測できる!
かどうかは分かりませんけど、諦めたらそれでおしまいです。
震度7で被災した私はどんな僅かな望みでも持っていたいと思っています。

同氏の研究で、今日明日の予測は不可能でも、中期的に危険性が高いエリアを避けて旅が出来ればいいと期待しています。
ただし今のところ予測は不可能ですし、この本を読んだからといって何が変わるものでもありません。
多くの人は疑問を感じるかもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
残念ながら、科学的に説得力のある内容が、ほとんど見出せません。GPSや地震学についての極めて低レベルな間違いも多いです。「地震をことごとく予測」というのも酷い誇張です。おすすめできません。

著者の村井俊治氏は、地震の前には数センチ規模に及ぶ前兆地殻変動があり、それが電子基準点(GPS)データの異常値をみれば発見できるとして、有料メルマガで地震予測を行っているのだそうです。

ですが、この著者は、電子基準点データにノイズによる異常値が数センチ規模で日常的に出るという事実を、全く理解していないようです。電子基準点(GPS)の測定値は、たしかに理想的な条件では誤差が数ミリなのですが、さまざまな条件(電離層の状態、気象条件、水蒸気量、積雪、周辺樹木による反射など)が影響し、日常的に正確な値から数センチは変動してしまうことが知られています。その単なるノイズを、この著者は地殻変動による値だと誤解し信じ切って、それを地震予測の根拠にしているのです。あまりにレベルが低すぎて、お話になりません。

本書には「GPSとは、位置情報を衛星に送信して測定するシステムである」という間違った記述が何ケ所も書かれており(13ページ、23ページ等)、著者の村井氏がGPSの基本すら理解していないことは明らかです。また実際、電子基準点に異常があったと主張さ
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本を読む前は著者の地震予測に期待していた部分もあったのですが,読んでみて本当に失望しました.

既に指摘があるように,著者の手法はGPSの日々の座標値のばらつきから
地震が予測できるというものですが,ほとんどはGPSの測位誤差に起因するものであり,
一部長期的な変動などに関する記述を除いて,著者の思い込みを書いているに過ぎません.

一番失望するのは,著者が測量学の権威と自称していることです.著者は自分の専門である写真測量学はよくご存じだとは思いますが,GPSやVLBIなどの宇宙測地技術を用いた測量に精通しているとはとうてい思えません.GPSの誤差要因や国土地理院がどのようにして座標値を算出しているかを理解していれば,著者が異常と指摘しているもののほとんどが,GPSアンテナ上への積雪や樹木等による受信障害,他の電波との干渉などによる系統誤差あるいはランダムな誤差であることがわかるはずです.
それに予測も当たっていませんし・・・

まじめに測量をやっている技術者,研究者に失礼です.
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
すでに他の方が書いておられるように、非科学的で客観性のない論述がつづきます。いったいなぜなのでしょう?高校生くらいの知識があれば、あるいは大学1~2年生くらいの理解力があれば、この本に書かれていることに疑問をもつはずです。なぜこの本が出版されたのか?ほんとうにわかりません。著者か、そうでなければ、真っ当な地球物理学者に説明してほしい。
地震予知にかんしては、オカルト的な予言を無条件に信奉する人や、似非科学的な予知を無批判に受け入れる人や、予知になっていないもの(地震の発生時期も、場所も、規模も、幅をもたせたもの)を礼賛する人がいるようですが、そうした人であれば、この本もすんなり受け入れられるのでしょうか?
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この手の予測方法はいくつか提案されていますが、場合によっては適用できない場合も出てくるみたいです。
他の方法とハイブリッドで予測しようという人はいないのでしょうか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告