地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: こちらの商品はキズ等がある商品です。 商品説明、掲載画像を必ずご覧ください。 中古品のため、ダウンロードコンテンツ、デジタルコピー等は使用できないものとお考えください。 状態を気にされる方は購入をお控えください。中古品のため、ディスクに少しキズがあります。ご了承のうえ購入をお願い致します。ケースの状態は概ね良いです。こちらの商品は Amazon配送センターより迅速・丁寧に発送されます。(当店の商品にレンタルアップ品は一切ありませんので ご安心こください。冊子、ブックレット、特典等は、コンディション説明に記載が無い場合は付属していないものとお考え下さい。中古品になります。擦れ、キズ等が気になる方、完璧な商品をお求めの方は購入をお控え下さい)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]

5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,218
価格: ¥ 2,845 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 373 (12%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,845より 中古品の出品:16¥ 1,812より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で地雷を踏んだらサヨウナラを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
  • +
  • キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]
総額: ¥3,772
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 浅野忠信, 川津祐介, 羽田美智子
  • 監督: 五十嵐匠
  • 形式: Color, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語, ベトナム語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006F1V5
  • JAN: 4900950229802
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 21,287位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   70年代初頭、激動のインドシナ半島を駆けめぐった戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の伝記作である。最後に悪名高きクメール・ルージュ(カンボジア大量虐殺を引き起こしたポル・ポト率いる共産党勢力)支配下の遺跡、アンコールワットの撮影に向かった彼は、そのまま帰らぬ人となった。
   彼が行方を絶ったまさにその日に生まれ、制作時の年齢が享年と同じ、さらに顔まで似ているという因縁の主演となった浅野忠信が、このうえなく印象的だ。物語では、子供たちとの交歓、べトナム美人との淡い恋、日本への一時帰国時における姉の結婚や、カンボジアでの親友の披露宴といった、ごく平穏な風景の描写がされている。これらが浅野十八番の親しみやすく天真爛漫なキャラクターと相まって、逆に現場の過酷さ、悲惨さを浮き立たせている。
   静と動のコントラストが絶妙な、五十嵐匠監督作品だ。(武内 誠)

内容(「Oricon」データベースより)

1972年、内戦の激化するカンボジア。銃撃飛び交う中、シャッターを押しつづけた伝説の戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の半生を描いた伝記映画。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
20歳のころ、図書館で彼の写真を見た。突撃しようとする兵士の恐怖と狂気が入り交じった表情に、他の戦争カメラマンにはない、被写体の内面に自然と寄り添って撮ったような、そうせざるを得ないような不思議な印象を持った。
何年か後にこの映画のポスターの一ノ瀬泰三の名前を見るに付け、もう見ないわけにはいかなかった。
彼は写真家である前に一人の人間だった。彼にとって写真は目的ではなく手段だった。
彼ほど現地の人に心を開いて、愛して、満たされて、失って、傷ついた人はいない。
彼の愛した人々が次々に亡くなっていく。なぜ?どうして?彼がいくら問えど叫べど戦火はとどまるところを知らない。
平和な日本に生きてさえ、青年は社会の矛盾に真っ向から立ち向かい激しい傷を負い、大人になっていく。
普通の青年より遥かに感受性豊かな一ノ瀬青年はよりにもよってあのポルポト大虐殺時代のカンボジアでそれをやってのけた。
常人であればそうなる前に心の間口をぐっとしぼり、人を愛さないようにする。でも彼は大いに愛しみ、そして失った。彼が全身で引き受けた痛みの発露が写真だったんです。
あの時代にアンコールワット撮りに行くことは自殺行為だった。だけど彼が愛する世界がことごとく傷つき、失われ、蹂躙されつつある現実に、彼は一矢報いたかった。己の無力を認めること
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
 映画の中で泰造が言う。「俺は(写真が)下手だから、体をはるしかないんだ。」実際、一ノ瀬泰造の写真をみれば、彼はこれからの人なんだ、ということが誰にもわかる。combat photographer と war photographerを日本語ではどちらも戦場カメラマンと言ってしまうが、彼は、combat photographerだ。でも、彼が戦場を撮った写真はたしかにインパクトが強いけれど、戦場から少し退いたところで生活している人々を撮った写真の方が写真としては完成度が高いような気がする。写真の専門家はもしかしたら、そんな一ノ瀬泰造を、写真のみで評価してしまうかもしれない。しかし、映画を見る私たちは、彼の生き方を、彼という人を見て、そして、一ノ瀬泰造を永遠の人にしてしまった主演の浅野忠信を、もう、一ノ瀬泰造そのものと切り離しては考えられなくなる。写真だけでなく、「こんな人になりたい。」「こんな生き方がしてみたい。」と限りなく憧れさせられてしまうのだ。
 映画のプログラムにこんなエピソ-ドが書かれていた。『泰造の母が撮影のときに、浅野の背中から小さく「タイゾ-」と呼ぶと、「は-い」とにこやかな笑顔で振り返った。』浅野の後姿を映画で見ると、自分がカンボジアに行って、こんなふうに彼に呼びかけ、「は-い」とふりかえった笑顔を受けとめているような錯覚をもってしまう。浅野忠信の、人の心に共鳴現象を起こしてしまう魅力のためだろう。 とにかく、めちゃくちゃかっこいい映画なのだ。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
レンタル屋になく、購入。
見てみた。どうしても欲しかった、見たかった。
これが男の生き様だと思う。
自分の信念を最後まで貫いた戦場カメラマン一ノ瀬泰造。
普通ポルポト時代のカンボジアに赴こうとする者はいないだろう。
だけど一ノ瀬泰造はアンコールワットに赴いた。
これが男だと思う。
最近めっきり減ったタイプの男らしい男だと思う。
尊敬する。自分にはできない、こういった自分にできないことを
できる人は尊敬に値する。
彼は命を落とすのだけど、命をかけて自分の信念を貫いた。
太く短い生涯だと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 一之瀬泰三は実在した人物です。私はこの映画を観て、そして「一之瀬泰三」という本に出会って、彼のことを知りました。彼は今、アンコールワットを臨む菩提樹の下で眠っています。今もなお、カンボジア国内やには地雷が計り知れないほど存在し、ゲリラも活動しています。また今でこそアンコールワットは世界遺産、観光スポットとして有名ですが、彼がアンコールワットを撮りに向かった頃は、アンコールワット周辺一帯はゲリラの潜伏地域でした。

 真にお金が欲しいのなら、わざわざ戦場へ行く必要はありません。映画の中で写真を買い取ってもらうときに値段の交渉をしていますが、そのお金は主に膨大な数のフィルムやその現像代、移動費のためであって、例え新聞の一面を飾っても一攫千金といえるような額はもらえないのです。

 前置きが長くなりましたが、私が言いたかったことは、彼がなぜ戦場に向かい、そしてアンコールワットを目指したか、をこの映画が伝えてくれるということです。決して安易に「金が欲しくて戦場へ行った」などと考えないで欲しいということです。

 また、機会があれば彼の撮った写真も是非見てください。映画よりももっと真っ直ぐに彼の思いが伝わるのではないでしょうか。

 余談かもしれませんが、主演の浅野忠信さんのお顔は、一之瀬泰三さんにとてもよく似ています。映画を観た後、本を読んでびっくりしました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す