地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 最遊記
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。こちらはディスク、ケース、チャプターリストの商品となります。中古品となりますのでディスクに薄い傷が少々ございます。ご了承ください。こちらの商品、検品は万全を期しておりますが、万が一商品価値を落とす破損や不備、また記載内容と商品の状態に大きな違いがあった場合、返金等の相談や対応をさせていただきます。クリーニングした上クリアパックに梱包しアマゾン倉庫からの迅速発送となります。ぜひご利用ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]

5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,218
価格: ¥ 2,871 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 347 (11%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 2,871より 中古品の出品:13¥ 1,990より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
  • +
  • キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]
総額: ¥3,798
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 浅野忠信, 川津祐介, 羽田美智子
  • 監督: 五十嵐匠
  • 形式: Color, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語, ベトナム語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00006F1V5
  • JAN: 4900950229802
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 34,430位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   70年代初頭、激動のインドシナ半島を駆けめぐった戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の伝記作である。最後に悪名高きクメール・ルージュ(カンボジア大量虐殺を引き起こしたポル・ポト率いる共産党勢力)支配下の遺跡、アンコールワットの撮影に向かった彼は、そのまま帰らぬ人となった。
   彼が行方を絶ったまさにその日に生まれ、制作時の年齢が享年と同じ、さらに顔まで似ているという因縁の主演となった浅野忠信が、このうえなく印象的だ。物語では、子供たちとの交歓、べトナム美人との淡い恋、日本への一時帰国時における姉の結婚や、カンボジアでの親友の披露宴といった、ごく平穏な風景の描写がされている。これらが浅野十八番の親しみやすく天真爛漫なキャラクターと相まって、逆に現場の過酷さ、悲惨さを浮き立たせている。
   静と動のコントラストが絶妙な、五十嵐匠監督作品だ。(武内 誠)

内容(「Oricon」データベースより)

1972年、内戦の激化するカンボジア。銃撃飛び交う中、シャッターを押しつづけた伝説の戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の半生を描いた伝記映画。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
戦場カメラマン一之瀬泰造さんの生き方を写した映画です。フリーカメラマンとしてベトナム・カンボジアへ行き、「自分には弾は当たらない」と本気で信じている風な行動を続けながら、誰も撮ったことのないアンコールワットを目指します。
彼には「命がけ」なんて言葉は似合わない気がします。
子供がおもちゃを欲するような、単純で強い情熱が彼を動かしていたんだと思います。
私はこの映画を観て彼の情熱が伝染して、実際にアンコールワットを見に行きました。今でも映画を観る度に行きたくなります。
本物の情熱というのは人を動かす力を持つんだなと実感させられる素晴らしい映画です。(☆をひとつ減らしたのは、やっぱり彼の実人生には適わないだろうという気持ちからです。)
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
戦場フリーカメラマンはなぜ、身分保障がなく多くの場合には作品・努力に対する適性な評価も得られない劣悪な条件・環境のもと、戦場を撮り続けるのであろうか。この映画の中で泰三や彼の友達であるアメリカ人フリーカメラマン、ティムが語る言葉に見られるように、ピューリツアー賞受賞などカメラマンとしての名声を得たい、一攫千金を夢見たい、死と隣り合わせの緊迫感に魅惑されて、といった個人的な願いや感情もあるかもしれない。その土地で馴染んだ人が戦争の犠牲になる瞬間に出会う経験や自分自身も危機一髪で生死を分けるような経験を重ねる中で、カメラを持つ意味や意義は変わっていったのだろうか。
 この映画の鑑賞者はおそらく、泰三の経験を想像し、その時の気持ちを推察することにより、戦場に散った、そして先輩諸氏の死を知りながらも現在戦場を駆けている戦場フリーカメラマンについての理解を深めることができよう。今回のイラク戦争においても日本人フリージャーナリストを含め、数多くのフリージャーナリストの犠牲が起きた。彼らが命を賭して遺してくれた作品が伝える戦争の残虐さが武力による主義主張の行使を止め平和を希求する礎となることを切に祈願する。
 戦場に生きる村人達が戦争への怒りや哀しみを抑えて生きる意義や幸せを見出そうとする姿、村人達の互いに支え合おうとする姿には心打たれる。人々は決して戦争の駒や戦場の点ではな
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
 映画の中で泰造が言う。「俺は(写真が)下手だから、体をはるしかないんだ。」実際、一ノ瀬泰造の写真をみれば、彼はこれからの人なんだ、ということが誰にもわかる。combat photographer と war photographerを日本語ではどちらも戦場カメラマンと言ってしまうが、彼は、combat photographerだ。でも、彼が戦場を撮った写真はたしかにインパクトが強いけれど、戦場から少し退いたところで生活している人々を撮った写真の方が写真としては完成度が高いような気がする。写真の専門家はもしかしたら、そんな一ノ瀬泰造を、写真のみで評価してしまうかもしれない。しかし、映画を見る私たちは、彼の生き方を、彼という人を見て、そして、一ノ瀬泰造を永遠の人にしてしまった主演の浅野忠信を、もう、一ノ瀬泰造そのものと切り離しては考えられなくなる。写真だけでなく、「こんな人になりたい。」「こんな生き方がしてみたい。」と限りなく憧れさせられてしまうのだ。
 映画のプログラムにこんなエピソ-ドが書かれていた。『泰造の母が撮影のときに、浅野の背中から小さく「タイゾ-」と呼ぶと、「は-い」とにこやかな笑顔で振り返った。』浅野の後姿を映画で見ると、自分がカンボジアに行って、こんなふうに彼に呼びかけ、「は-い」とふりかえった笑顔を受けとめているような錯覚をもってしまう。浅野忠信の、人の心に共鳴現象を起こしてしまう魅力のためだろう。 とにかく、めちゃくちゃかっこいい映画なのだ。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 一之瀬泰三は実在した人物です。私はこの映画を観て、そして「一之瀬泰三」という本に出会って、彼のことを知りました。彼は今、アンコールワットを臨む菩提樹の下で眠っています。今もなお、カンボジア国内やには地雷が計り知れないほど存在し、ゲリラも活動しています。また今でこそアンコールワットは世界遺産、観光スポットとして有名ですが、彼がアンコールワットを撮りに向かった頃は、アンコールワット周辺一帯はゲリラの潜伏地域でした。

 真にお金が欲しいのなら、わざわざ戦場へ行く必要はありません。映画の中で写真を買い取ってもらうときに値段の交渉をしていますが、そのお金は主に膨大な数のフィルムやその現像代、移動費のためであって、例え新聞の一面を飾っても一攫千金といえるような額はもらえないのです。

 前置きが長くなりましたが、私が言いたかったことは、彼がなぜ戦場に向かい、そしてアンコールワットを目指したか、をこの映画が伝えてくれるということです。決して安易に「金が欲しくて戦場へ行った」などと考えないで欲しいということです。

 また、機会があれば彼の撮った写真も是非見てください。映画よりももっと真っ直ぐに彼の思いが伝わるのではないでしょうか。

 余談かもしれませんが、主演の浅野忠信さんのお顔は、一之瀬泰三さんにとてもよく似ています。映画を観た後、本を読んでびっくりしました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す