Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 972
ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[柏谷 博之]の地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書)
Kindle App Ad

地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは? (サイエンス・アイ新書) Kindle版

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 972
新書
"もう一度試してください。"
¥ 15,730 ¥ 1,503

紙の本の長さ: 208ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

コケでもシダでもないふしぎな共生生物の話

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

自然林や街路樹、コンクリートの構造物上でも見ることができるふしぎな“植物”体。それが菌類の仲間、“地衣類”です。この摩訶不思議な地衣類の世界を、国立科学博物館で長年研究し続けてきた著者が、秘蔵の写真コレクションを使いながら紹介していきます。

●目次
■目次
第1章 地衣類のとは何か
第2章 身近に見られる地衣類
第3章 地衣類の生物学
第4章 地衣類の成長
第5章 地衣類の化学分類と地衣成分の検定法
第6章 地衣類とヒトとのかかわり
第7章 地衣類調査と標本のつくり方、写真撮影

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

内容紹介

コケでもシダでもないふしぎな共生生物の話
自然林や街路樹、コンクリートの構造物上でも見ることができるふしぎな“植物”体。それが菌類の仲間、“地衣類”です。この摩訶不思議な地衣類の世界を、国立科学博物館で長年研究し続けてきた著者が、秘蔵の写真コレクションを使いながら紹介していきます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 117772 KB
  • 出版社: SBクリエイティブ (2009/10/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00B4KAAI2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 101,287位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mozartfan トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/12/5
形式: 新書
 地衣類に関する一般向けの入門書は無かった。そういう意味でたいへん興味深い本だし、知らなかった事実もたくさん書いてあった。
 しかし、記述と本の作り方には重大な欠陥がある。それはこの本を見ても確信をもって同定できる種がひとつもないことだ。
 それに怒りを覚えるような欠陥もある。化学分類の記述である。著者は「採集してきた標本を同定するだけなら呈色反応とミクロ法が手軽で実用的である」と書く。そして呈色反応用の試薬の作り方も出ている。ところがその呈色反応の結果が具体的な地衣類の同定とどうつながるのか、例示がほとんどないのだ。「地衣類の色」の項目と合わせて読むのだろうか。不親切な!なにが「手軽なものか!」と私は怒りがわいてきた。さらにここで実用的と書いている「ミクロ法」とは何だろう。その後に記述が無い。後に書かれているのは「顕微化学的手法」というものだ。これが「主要地衣成分を検定する方法としてはおすすめである」というから、たぶんこれが「ミクロ法」なのであろう。顕微=ミクロだろうから。そこで期待して読んでいくと技法は詳しく載っているのに「結晶の色と形から」地衣成分を割り出すとあるだけで、具体的な結晶は一種類しか載っていない、なにが手軽なものか!そして「手法をマスターしたければ一般向けの実習や観察会に積極的に参加するとよい」などと書いてある。一般向きの講習会でマスターできる
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 つい先日、国立科学博物館の別の研究者によるセミナーを聴講して地衣類に興味を持ったので、館内売店にあった本書を購入した。

 書名が「地衣類のふしぎ」だから全くの初心者向けかと思ったが、そうではなさそうだ。第1章「地衣類とは何か」では早くも種名・属名が並び、第2章「身近に見られる地衣類」でも裂芽・粉芽、仮根、偽盃点、地衣体裂片などの専門用語が連発する(次章以降を読み進めば説明されている)。第3章「地衣類の生物学」からやっと解説が始まるが、サイエンス・アイ新書にしては表現が堅く、専門書のような書き方である。

 筆者は大学教授であり、かつ、国立科学博物館の名誉研究員でもある。たぶん地衣類セミナーに来た私のような者から「何か良い参考書はないか」と何度も尋ねられたことから書いたのではないか。それなら読者は既に地衣類がどのようなものであり、無性生殖・有性生殖についての知識も有していることを想定していても不思議はない。

 とはいえ、研究者を読者に想定しているわけでもないから、第5章「地衣類の化学分類と地衣成分の検定法」については十数ページ(pp99-116)だけで、手法の紹介にとどまっている。したがってp.115のように「作業自体は比較的簡単であるが、独力でマスターするのは難しいことが多い・・・・・科学博物館では一般の人向けの実習
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 コメントに写真も豊富で一般向け入門書と書かれていたので
 山に持っていって参考にしようと買いましたが。。。

写真は質が悪くとても山に持っていって使える代物ではありません

子供に入門に読ませる程度位のオススメ度です(サイエンス・アイ シリーズはその程度)

同じ値段でもっと良い本も出てるみたいですので内容を確認してから買いたいと思う人だけにおすすめします
2 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Donkey ears VINE メンバー 投稿日 2016/12/13
形式: 新書
地衣類の特徴は単一の生物でないことだ。
系統的にかけ離れた藻類と菌類の「共生体」。それが地衣類なのだ。深山の鬱蒼とした樹林帯の倒木や、300メートルの稜線上の岩に着いているにシミのような物はこれら地衣類の付着した物だ。
 これらり地衣類の見分け方、生態、調査の仕方、標本の作り方などが詳説されている。
 豊富な写真で地衣類の魅力を熱く語る。お世辞にも美しいとは言えないこれらの植物だが種としてのその巧みな成長戦略には感心させられる。本書をよんだら、地衣類への見方が少し変わるかも知れない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
菌類と藻類が共生生活をしている地衣類。
ほとんど知識らしい知識もなかったので、「なるほど」と納得の知識がたくさんありました。
興味がない人には「なんのこっちゃ」ですが、興味があるひとには楽しめます。
特に写真が豊富な点がうれしいです。
何でもそうでしょうが、ある分野を極めるということは大変なんだなぁ、と感心しました。
この本を読むと、地衣類を探しに「地衣(ちい)散歩」に行きたくなりますよ(←つまらないギャグでした)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover