¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグロー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール 単行本 – 2009/7/24

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 112

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 地球全体を幸福にする経済学―過密化する世界とグローバル・ゴール
  • +
  • 貧困の終焉―2025年までに世界を変える
  • +
  • エコノミスト 南の貧困と闘う
総額: ¥8,316
ポイントの合計: 281pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グローバル経済が着実に成長を続ける一方、自然環境の悪化や人口爆発によって、世界はますます過密になっている。このペースを放置すれば、開発途上諸国での水害や病気の蔓延、貧困の激化と政情不安を引き起こし、連鎖的に先進国の社会や経済も深刻なダメージを免れない。私たちにとって21世紀の課題は、それらの危険の有機的なつながりを正しく見定め、持続可能な開発をなしとげ、世界共通の富を保全することである。それは夢のような話ではない。これまでの古い対立構図を捨てて、国際協調のもと、先進国がわずかなコストを振り向けるだけで解決可能なのである。

開発経済学の第一人者でありコロンビア大学地球研究所、国連ミレニアム・プロジェクトのリーダーを務めるサックスが、いま「なぜ世界全体のことを考えなくてはならないか」を明快な言葉と広範囲にわたる調査や分析に基づいて解説。また、達成すべきグローバル・ゴールとそこに至るステップを具体的に提示する。世界がもっとも注目する経済学者の話題作。

内容(「BOOK」データベースより)

これまでも、これからも世界はひとつ。環境悪化、人口爆発、貧困の罠…世界が注目する国際開発の第一人者が、全球的解決への道すじを示す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 485ページ
  • 出版社: 早川書房 (2009/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 415209057X
  • ISBN-13: 978-4152090577
  • 発売日: 2009/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 358,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
邦題はややミスリーデングかな、Common Wealth: Economics for a Crowded Planet
経済学というより日本語では開発論ですね。経済論というには、スティグリッツや
クルーグマンのような経済的な説明が不足しています。その一方、環境・社会問題
には、豊富なデーターを駆使して説明がなされています。
ただ、その主張は主流なもので、毒が無さすぎて面白くない。
開発経済をこれから知ろうという人たちにはバランスのとれた、非常に主流な(また
そうなってほしい)パラダイムなんで、ぜひご一読ください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書に書かれていることが絵空事ではなく、現実になってきたことを痛感する。これまでになかった規模での水害などは序の口なのだろうか。われわれは、最悪の事態を回避するために、何ができるのだろうか。考えさせられた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
地球全体を幸福にする経済学 ジェフリー・サックス 早川書房 2009

原題:Common Wealth Economics for a Crowded Plant 2008

500ページ弱の本書である。
著者は国際経済学の第一人者だそうです。「貧困の終焉」でも2025年までにMDGs(
ミレニアム開発目標)を達成して極度の貧困等を無くそうとしている。すなわち国連主導の活動である(世銀やIMFのイニシアチブでなくて)。
面白いのは、この著者の目指すところはおそらく同じなのだが、戦略が違うだろうと言う、「傲慢な援助」(東洋経済新聞社 2009)の著者であるウイリアム・イースタリー だ。
本書の中ではサックス教授は、イースタリーをしっかり批判しているのだが(ワシントンの右翼のために一役かっているそうだ p82)。そして、別なセクションで持ち上げるのであるp85(さすがアメリカ経済学者である。先に書いたように二人のゴールはほぼ同じなのだから)

まったくの門外漢なので備忘録的にメモだけ残しておきたい。
持続的な開発の戦略p60 (そんなことが果たして可能なのかな?)
貧困の罠の根絶p74(進歩したテクノロジーがこの罠からの脱出を可能にするらしい)
中東の石
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
450ページの大作。膨大なデータとそれに基づく公正な評価と分析。
控えめだが力強く訴える対策が、途切れることなく続く。

気候変動、水不足、人口問題、貧困問題など、地球が抱える問題を
すべて扱っている。しかし、それらが密接に絡み合い、総合的に関連付けて
理解しなければならないことをみごとに説明している。その上で、その解決には、
既得権や慣習を超えたグローバルな協力体制が必要である、と訴えている。
地球を維持するには、持続可能な技術の開発を進め、持続可能な社会を
作る(人口を一定に保つ、二酸化炭素を一定にするなど)ことが必要なのだ。

その分析は冷静でかつ公正で、アメリカに都合の悪いこと・・・軍事に頼りすぎで
敵対勢力を侮辱し対話や交渉を拒否し、対外援助を侮り、まっとうな外交政策を
とれずにいる・・・も(ここまで書いていいのか、と思うほど)記述している。

この本には、高いレベルの知性と良識を感じることができる。

そして私たち一人ひとりができること、も提示されている
・現在の課題を知り、基礎となる科学にくわしくなること(科学雑誌を読もう)
・なるべく旅をしよう(異なる土地、文化にふれよう)
・持
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
恥ずかしながら、初めてこの手の本を読みました。経済学といっても資本主義、社会主義云々といった話ではなく、世界における貧困、人口爆発、環境問題に対して各国が協力体制を築きながら、経済投資をしようといった内容でした。グローバル経済体制になっても、決してグローバル政府といった概念になれないのが世界の現状です。自国の利益に固執せずに地球全体を考えることができる国こそが、21世紀において本当のリーダーシップをとることができるのではないでしょうか。決して知識主義のみに終わるのではなく、人類の利益のために日々研究を行う著者の姿勢に見習うべきものを感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー