中古品
¥ 251
中古品: 良い | 詳細
発売元 おたちゅー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。帯あり。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地球が静止する日 文庫 – 2008/12/10

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全人類よ、地球のために滅亡せよ!
謎の球体から現れた異星人の最終警告。
『地球が静止する日』(12月19日、日劇1ほか全国拡大公開)のノベライズ。地球に正体不明の球体が飛来する。宇宙微生物学を研究するヘレンは各分野の科学者とともに政府からの召集を受ける。向かった先で彼女を待っていたのは、球体から現れた異星人クラトゥだった。圧倒的な科学力とパワーを持つ彼が、全人類へ向けて発した警告――「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」
キアヌ・リーブス主演、『マトリックス』『コンスタンティン』『アイ・アム・レジェンド』のプロデューサーが現代社会への警鐘を鳴らす。ハリウッドSF超大作を小説で完全再現。映画スチール写真を収録した8Pカラー口絵あり。

内容(「BOOK」データベースより)

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『宇宙戦争』この正月、その全てを超える衝撃が!『マトリックス』3部作キアヌ・リーブス主演で贈るSFアクション超大作。突如、地球に現れた宇宙から使者クラトゥ。彼の正体は?目的は?「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」クラトゥの宣告が意味するものとは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2008/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840126178
  • ISBN-13: 978-4840126175
  • 発売日: 2008/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,757,401位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
個人的には面白かったのですが、上記の<内容(「BOOK」データベースより)>を鵜呑みにして『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』や『マトリックス』のような内容を期待する人にはお奨めできません。また「謎」に対して明確な「答」がないと納得いかないような人も向いていないでしょう。
わたしが面白いと思えたのは、これは人類に勝ち目はないわ‥‥と思わせる宇宙人の圧倒的なオーバーテクノロジーと、逆立ちしたって勝ち目がないのはわかっていても抵抗しようとする人類(というか米政府ですが)の悲しさです。
でも、この作品中の人類が愚かだとは思いません。ノラ猫が、撫でようとして手を近づけた猫好きな人を噛み付くのと同じで、無理からぬことでしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 black20040121 投稿日 2008/12/17
形式: 文庫
台詞と最低限の説明文だけといったスカスカの本。作家でも翻訳家でもない日本人が書いたせいか、こちらが期待している背景の深い説明とか、登場人物の情報や内心などの書き込みはほんのわずか。脚本を訳したような雰囲気に近く、がっかり。最近の日本人ライターによるノベライズって、こういうレベルが増えてますね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告