中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地獄甲子園 (1) (ジャンプ・コミックス) コミック – 1996/10

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 200ページ
  • 出版社: 集英社 (1996/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088721365
  • ISBN-13: 978-4088721361
  • 発売日: 1996/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 chonmagedon 投稿日 2007/6/18
形式: コミック
漫F画太郎の最高傑作と思う。

無茶苦茶な設定+冗長な挿話+辻褄の合わぬストーリーはいつものことだが

本作はこちらまで吹っ飛ばされそうな勢いに引きずり込まれる。

本邦に野球漫画は数々あれど、コミックス3巻も費やして

県予選1回戦の1回裏の途中迄しか進まず、しかもそこで終わる漫画など空前絶後であろう。

画太郎先生ありがとう、いつも面白い漫画を描いてくれて。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 JOJO 投稿日 2004/2/9
形式: コミック
支離滅裂なストーリー。クチャクチャな絵。嫌いな人はとことん嫌いなんだろうけど、好きモノにとってはこの人以外の作品は読む気がしないという不思議な作家:漫F画太郎。この地獄甲子園はそのグチャグチャぶりに更に拍車がかかった、漫画史に残るクソ漫画である。星は100個でも100万個でもいいです。夜空に浮かぶ全ての星をこの大傑作に捧げよう。もうとにかく、冒頭の作者の言葉からして舐めている。「せーせーどーどーと描き抜くことを誓います」と言っておきながらソッコーで打ち切りになる辺り、マジサイコーっス。ストーリーなど最早この人の前では意味を成さないのである。行き当たりばったりのストーリー、同じコマの使いまわし、「描くのが面倒くせー」とキャラに語らせて、手抜きさえもギャグの常套手段としているのだからたまらない。その全てが革命的ともいえる手法の数々。先ず間違いなく100年後には世界最高のクソ漫画家として語り継がれていることでしょう。アカデミー賞にクソ漫画部門があったら受賞間違いなしです。アッパレ画太郎、ツッパレ画太郎、ぶっ飛べ画太郎。以上、合掌。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
そうとしか言いようがない

こんな中学生の思いつきみたいなストーリーが
鼻水まみれのバッチイ絵が
読者を人と思わない外道な振る舞いが
なんでこんなに桁はずれに面白いんだ……

ちゃんと下調べして、まじめに資料集めて、しっかりパースも取って、
うんうん悩みながら漫画描いてる作家さんがこれ見たら本気で凹むと思う

他の方が詳しく魅力を書いておられるので
手放しで絶賛して終わります

まじ傑作
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/12/6
形式: コミック
この本はすごい!勢いで読むのもいいが、その後じっくり読みかえすととじわじわと面白さが倍増してきます。画太郎先生の最高傑作だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 内容なども存在しないし、なによりこれでギャラをもらっているのかと考えてしまうほどに投げやりな内容。

 ひどい。ひどすぎる。

 だがそれでも、この漫画には魅力がある。画太郎パワー大爆発の感がある「地獄甲子園」は、ギャグマンガとして一戦を超越してしまっている。

 「ちんゆうき」でデビューを果たした時から、画太郎の作風は決定されていた。日本一売れている雑誌「週刊少年ジャンプ」に、ある日突然、あの絵が巻頭カラーで登場したのである。

 これは歴史的偉業であろう。言葉すら出ない。誰もが「ここまで逝っちゃってるんなら許す」と、その汚すぎる絵を見ながらに思った事だろう。

 「地獄甲子園」はその境地にある。

 資源の無駄遣いと思えるほどのコマ割りと内容。加えて、絵のひどさ。だが画太郎パワー全開の「地獄甲子園」はこれだけでは終わらない。

 全く進まない物語の進行。あらゆる点で矛盾するストーリー。本編とは無関係の短編挿入。出てこない主役。大量に使用されるコピー。四ページ丸々コピーを使って、台詞もまったく一緒。

 「これでどうだ!」と画太郎の叫び声が聞こえてきそうなほど、この漫画は崩壊している。

 コレこそ、画太郎最高傑作であろう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
現代漫画界において、超取扱い注意作家でありながら、
同業界の切り札的存在でもある漫画太郎の野球漫画。
絵も内容もムチャクチャ。
野球のシーンなど殆どなく、内容の多くはは暴力と汚物ばかり。
おまけに全然完結しないまま連載は終了。
でも何故か仲の良い友達には熱い口調で勧めてしまう、そんな漫画です。
この魅力を文章だけで表現するのは不可能です。
とにかく一度ご覧になって下さい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック