地獄少女 1 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 MMX
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■送料無料。国内正規品。レンタルアップ品ではございません。DISC1、リーフレット1、ケース1.盤面キズなし、まあまあ綺麗な中古という感じです。Amazon専用在庫のため品切れはありません。ご注文確認後はAMAZON配送センターより迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

地獄少女 1 [DVD]

5つ星のうち 4.0 37件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,724
価格: ¥ 4,428 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,296 (23%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【アニプレックスストアはこちら】 アニメ、バラエティー、実写作品などをチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 能登麻美子, 水樹奈々, 松風雅也, うえだゆうじ
  • 監督: 大森貴弘
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アニプレックス
  • 発売日 2006/01/25
  • 時間: 72 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 37件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000C6DTFU
  • EAN: 4534530012319
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,129位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   深夜0時だけアクセスできるサイト「地獄通信」に怨みを書き込むと、地獄少女・閻魔あい(声・能登麻美子)が現れ、憎い相手を地獄に落としてくれる。しかし依頼人も死後地獄に堕ちてしまうという、ホラー・ファンタジーTVアニメのDVD第1弾。第1話「夕闇の彼方より」はクラスメイトの罠に落ちていじめられる少女が地獄通信にアクセスして復讐を遂げる。第2話「魅入られた少女」は、ストーカー行為を受け続ける少女が、その犯人の意外な正体を知って、ついに地獄少女と契約。第3話「汚れたマウンド」は陰でシゴキを続ける野球部スター選手が犯した罪の濡れ衣を着せられた少年がアクセスする。
   今回の3本は、いわば本作の設定の基本紹介編ともいえるもの。現実のイジメ問題などを彷彿させるそれぞれの内容と、幻想的に復讐を受け負うあいたちの魅力は、それゆえに本作が若者層に支持される理由をも痛感させられるが、「人を呪わば穴ふたつ」で依頼した弱者すらもやがて地獄へ落ちてしまうというのは、あまりにも痛い設定である。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

深夜0時にだけアクセスできる“地獄通信”を介し、様々な人々の恨みつらみを描くホラー・ファンタジー。声の出演は能登麻美子、水樹奈々ほか。第1~3話収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 なんといっても地獄少女・あいの美しさに目を見張らされます。大きな瞳に氷点下の表情、美しい黒髪。黄昏時にセーラー服でたたずんでいだり、白い長襦袢の姿で斎戒沐浴してる姿などは、「ほう・・・」とため息もの。こういうのも耽美っていうのかねぇ・・・。しかもCVは能登真美子さんで、エンディングも歌ってます。ただ、幕の引き方が毎回同じなので、各話の展開にどう変化をつけていくかがポイントではあります。そこは作り手の腕の見せ所でしょうね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
このアニメの最大の魅力は画にあると思います。 和をモチーフにした印象的な絵、カラフルな背景、独特の構図は新鮮さを感じました。 私は最近久しぶりにいくつかのアニメを見出したのですが、現代のアニメは独特の世界観を表現したものが多く、「地獄少女」はその中でも魅力的な作品です。 ストーリーは単純な勧善懲悪ではなく、恨みを晴らそうとする本人も代償を支払わねばならないという日本的なものです。 外国人が観てどう思うのか大変興味があります。 作品は個人的に非常に気に入っているのですが、DVDボックスとしてはもうちょっと豪華にして欲しかったので星4つです(アニメのDVDボックスを買うのは初めてなのでこれが普通なのかもしれませんが・・)。特典のカルタがよかったので、こういった絵として飾れるもの・楽しめるものを増やして欲しいです。 
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
基本的に1話完結型で、殺したいほど憎い奴がいる→地獄少女と契約→ギャフンの流れが毎回続く。
あからさまに同じ流れを繰り返しているので、おそらくは確信犯的なワンパターンだと思うのだが、それぞれのエピソード自体はよくできている。というか、まあよくもここまで嫌な話を集めたものだなと感心してしまった。とにかく復讐対象の人間は振り切れたクズばかりであり、見ていて胃が痛くなってくるほどだ。

しかし、問題は復讐成就の描写で、なんというか、普通である。過激さが足りない。
もちろん常識で考えればとんでもなく酷い目にあわせているのだが、罰を下すのが地獄の連中なのだから、こっちは変態鬼畜拷問パーティーを期待しているのである(下品ですみません)。申し訳ないが、私にはお化け屋敷に毛が生えた程度にしか見えなかった。

それから設定上の大きな疑問が1つ。いくら復讐を成せるといっても「永遠の苦しみ」と引き換えにただ1度の復讐というのは、どう考えても釣り合いが取れないのではないだろうか? しかも契約前に疑似的に地獄の苦痛の体験をさせているのに。どうもその点が腑に落ちない。

そんなこともあって、申し訳ないが2巻でギブアップ。
もしかしたら今後の展開で上記の物足りなさが解消されてゆくのかもしれないが、ちょっとそこまでは気力が持たない。
安易に萌えとかギャグを挟まなかったのはポイント高いけど。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
『マリア様がみてる』の志摩子、『ケロロ軍曹』のモア、『スクールランブル』の八雲などの役で非常に高い存在感を示した能登麻美子嬢を主演に据えたアニメ作品。個人的に非常にツボな声質の声優さんなので注目してたのは事実ですが、この作品のシリーズ購入を決めた決定的な要因は「第6話が地上波で放送禁止になった」点にあります。

和風ホラーを題材にして、放送禁止になった話があるアニメ作品と言うと、往年の傑作和風ホラー「吸血姫美夕」のテレビシリーズが真っ先に思い浮かびますが、あの作品のテイストは非常に好みだったので、似た路線の魅力を持つ作品かと思いシリーズ購入に踏み切りました。

視聴してみた感想ですが、てっきり能登麻美子嬢を中心にそえたストーリー展開になるのかと思いきや、「晴らせぬ恨みを代わりに晴らす」という必殺シリーズのテイストが濃く、主人公は主に締めに登場するだけ、この1巻を見る限り、恨みを募らせていく過程の描写がメインとなっているようです。

締めに出てくる能登麻美子嬢のキメ台詞はさすがの破壊力なのですが、それ以上にゲスト声優の豪華さに惹かれますね。1話の川上とも子、2話の清水愛、3話の羽多野渉と、非常に優れたキャスティングの作品だと感じました。

ただ、残念ながらストーリーはこの手の作品にありがちという以上の印象
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 非常の好きなので各話を5,6回見ているのですが、その上で分かる事がありました。

 各話を単独のストーリーの見地で見た場合、地獄少女、閻魔あいは主人公ではありません。

 あくまで脇役です。

 閻魔あいは「依頼者」に何かの効果的なアドバイスをしたりしませんし、助けるための派手なバトルアクションをしたりしません。

 基本的に淡々と「地獄通信」に送られた名前の元に赴いて「人形の説明」をする。

 そして、糸を解いたら、そのものを淡々と地獄に流す。

 ただ、それだけです。

 地獄に送るまでの演出はあの「3人」の仕事です。

 そして、この「淡々と」の部分が脇役を「名脇役」にしている理由です。

 なぜなら、依頼者は全員、「誰かを呪い殺したい」程の怒りに駆られています。

 怒りを買う人間もロクな奴は一人もいません。

 そのはげしい感情のぶつかり合いに無表情、無感動の閻魔あいが登場する訳です。

 途端に、その感情のはげしさが実に引き立つ。

 例えが良くありませんが、スイカを甘くするために塩を振るような物だと思ってくださ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック