中古品の出品:2¥ 2,480より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

地獄の逃避行 [DVD]

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 2,480より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マーティン・シーン, シシー・スペイセク, ウォーレン・オーツ
  • 監督: テレンス・マリック
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2004/12/03
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000666SAY
  • JAN: 4988135550361
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 244,958位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   周囲の大人たちの無理解によって殺人を犯してしまった25歳の青年キット(マーティン・シーン)と15歳の少女ホリー(シシー・スペイセク)。ふたりは逃走しながら殺人を繰りかえしていく。若いカップルの無軌道な逃避行を描いた伝説的名匠テレンス・マリック監督のデビュー作。
   実話を題材にしたものだが殺伐たる印象は薄く、ふたりの破滅的逃走を美しく叙情的な田園風景などが無言で見つめていくのみ。そんな大自然からの畏怖的視点は、マリック監督の第2作『天国の日々』や、その20年後に撮った第3作『シン・レッド・ライン』でも何ら変わることなく、この監督の一貫した信念を痛感させられる。なお、何ともセンスのない邦題と思われがちだが、これは劇場未公開のままマーティン・シーンが『地獄の黙示録』出演で盛り上がっていた時期に、単に『地獄』を冠した邦題でテレビ放映されたため(ただし観ている間ふと、真の地獄とはこのように美しいものなのかと思わされる瞬間すらある)。映画ファンなら絶対一度は観ておくべき名作。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

15歳の少女ホリーに惹かれ恋に落ちたキットは、二人の交際を禁じたホリーの父親を殺してしまい、ホリーと二人であてのない逃避の旅に出る。1958年に実際に起こった連続殺人事件をもとに描いたロード・ムービー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

テレンス・マリック待望の新作「ツリー・オブ・ザ・ライフ」は、映画とは何かとの思いを観る者に考えさせ、映画との対峙の仕方を見つめ直させるような独特の魅力を放った映像叙事詩であったが、それでも、自分にとっては、マリックが伝説化される契機となった70年代に残した2本の映画たちに思いを馳せてしまった。

久しぶりのリバイバル興行が始まっている「天国の日々」から遡る事5年、“Badlands”と名付けられた今作は、ジェームス・ディーンに憧れる清掃人と15歳の高校生の哀しき逃避行を描いたマリック版ボニー&クライドの物語にして処女作。当時は、地味なスタッフ、キャストに内容の暗さゆえにか、日本では永らく未公開作であり、噂が噂を呼んだカルト・ムービーの1本でもあった。
若さゆえの無軌道な駆け落ちが思いもよらぬ事件を引き起こし、ふたりは否応なしに逃避行に出る。
以下、刹那的なふたりのロード・ムービーの顛末が描かれるが、15歳のティーンエイジャーのモノローグで進められるその物語性に、特に強いメッセージが隠されている訳ではない。これは余談だが、今作は実際1950年代に起こった事件をモチーフとしているのだが、後にやはり同じ題材を映像化したオリバー・ストーンのあの煽情的でどぎつい「ナチュラル・ボーン・キラーズ」と比べると、当たり前だけど、とても同じ実話を基にしたとは思え
...続きを読む ›
4 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルネ 投稿日 2016/5/30
1972年。 テレンス・マリック監督の長編デビュー作品。

1958年にネブラスカ州で実際にあった「スタークウェザー=フューゲート事件(Starkweather/Fugate murders)」をもとにしている。出会った人を片っ端から殺していく行き当たりばったりな男女の逃避行を、神秘的なまでに美しい映像と音楽で描き出したロードムービー。

ストーリーだけ読むとバイオレンスでセクシーな作品かと思うのだが、まったくそんな
事はなくて、美しい映像と音楽に少女のモノローグが重なるとても美しい映画だった。

若き日のマーティン・シーンのカッコよさもいいし、美人じゃないけどなぜか全身から
フェロモンが溢れ出てるシシー・スペイセクもすごく魅力的。

少女の父親を射殺してから逃避行が始まるのだが、殺人のシーンはとても淡々と
している。 その後森でキャンプ生活をしたりするのだが、自然も2人も美しくて
見とれてしまいそうになった。

砂漠をひた走るシーンも未来の見えない2人を暗示しているようだった。 テレンス・
マリック監督の作品は極めて難解なものが多いようだが、これはとてもストレートに
楽しめるので、監督に苦手意識のある方にも是非観て頂きたい。

美しくて儚い、ロードムービーの傑作です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アメリカでは極めて有名で、映画の古典となっている作品。にも拘わらず、日本で未だに劇場公開されていないというのは、どういうことか?

私はこの映画を見ながら、「気狂いピエロ」などのヌーヴェルヴァーグの映画を思い出してしまった。実際、端的に言って、アメリカで作られたヌーヴェルヴァーグ作品だと言って過言ではない。

監督のテレンス・マリックは、この作品だけでアメリカでは映画の神様のようになってしまったが、その後の「天国の日々」や「シン・レッド・ライン」の出来には、余り感心しない。テレンス・マリックの作品で唯一評価できるのが、この「地獄の逃避行(なんというタイトルだ!)」である。多分“まぐれ”なんだろうが、それでも必見の映画である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ta936 投稿日 2004/10/19
マーティン・シーン&シシー・スペイセク悲壮感ゼロの逃避行。
シシーがめちゃくちゃ可愛い!
ラストのズッコケぶりも最高です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す