中古品
¥ 65
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

地獄―西岡兄妹自選作品集 コミック – 2000/10

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 65

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

西岡兄弟自選作品集


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 青林工芸舎 (2000/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883790681
  • ISBN-13: 978-4883790685
  • 発売日: 2000/10
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
漫画と言うよりも文章と絵で構成される独特の形体を持つ世界。
兄が書いた文章に妹が絵を付ける、という方法で描かれている。

いきなり「地獄に落ちていた」という言葉で始まる話。
ある朝目覚めたら巨大な芋虫になっていたよりもある意味衝撃的だ。
その後に「窓を開けても地獄だった」「恐くなってテレビをつけた。やっぱり地獄だった」

もう他では決して真似できない世界だと思う。

こんな風に収録されてる作品はほとんど殺伐としていて救いようがなくてどこか妄想的で決して癒されたり和んだり良い印象ではないと思う。
しかしだからと言って決して嫌な印象を受けるわけではない。
なんとも不思議な作品だ。

決して理解しようと思わずこの作品を読んでいったら(読むという言葉もおかしいかもしれないが)間違いなくこの世界の虜になってしまう。

トーンを使わず点描と手描きで構成される美しい絵は素晴らしい。
そういった美しい絵と「地獄」というタイトル。
まさにこの本を見事に現していると思う。

決して万人には勧められないけど、絵が気になっていて理解を必要としない内容を受け付ける人なら是非読んでみて欲しい1冊だと思う。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 虚空 VINE メンバー 投稿日 2007/2/22
形式: コミック
この作品は私にとっての断トツの最高傑作。

漫画にもいろいろなスタイルがあるが、これは殆ど、漫画とかコミックの域を超えてしまった作品。

むしろ、線と形、白と黒と最小限の言葉を使って作られた詩。

私はよく面白い漫画は貸したりして宣伝しているが、この本だけは貸したくない。写真集とか美術書と同じ待遇だ。出来ればこの倍以上の版型で鑑賞したい。銅版画を鑑賞するように大判にして美術館の壁にかけて眺めてみたい。

詩だから容易に理解出来る筋とか思想とかがある訳ではない。只ここに描かれている感覚がここちよいか否か。

画面構成は駒単位ではなく、1頁単位、見開き2頁単位。

全体の流れの構成も素晴らしい。筋に直接関係しない要素があちらこちらにちりばめられていて、グラフィカルに構成されている。これがまた蠱惑的。

あちらこちらに様々な画家の面影を見るような気もする。長谷川潔の鳥のエッチング、ボッチチェリのビーナスなどなど、その他展覧会で見たあの絵、この絵のイメージ。それらが西岡流に変容されて漂っているような感じだ。そんな見方をするとパロディの面白さも味わえるかもしれない。

いずれにせよ、視覚的に卓越した漫画、漫画の枠を越えた漫画を求める人には福音の書。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MUSIC BOX 投稿日 2015/8/12
形式: コミック Amazonで購入
フランツ・カフカから影響を受けた漫画家ということで
気になって購入しました。

難解たるシュルレアリスムな表現
不条理な世界観がカフカの如く描かれております。
しかし、著者の表現したいこともしっかりしています。

独特な不快感が妙にクセになりました。
不協和音なのに心地よく感じる音楽を聴いているような
そんな感覚に近いものがあります。

不の感情、悪意ある物語と表情のない登場人物
これがまた奇妙なものを覚えさせます。
台詞が本心なのか何なのか分からなくなるような虚無感――
それでいて、どこか愛嬌のようなものもあります。

西岡兄妹とは兄(ネーム)と妹(作画)による合同ペンネームだそうですね。
独特な物語と絵――
一つの作品でイラスト集としても詩集としても
楽しめます。

受け入れやすい漫画とは言えませんが
カフカまたはカミュのような不条理を描いた文学好きの方は
嵌る作品だと思います。

星5つをつけさせていただきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック