Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[上野 真歳]の地方発信型ビジネスモデルの作り方 (アスカビジネス)
Kindle App Ad

地方発信型ビジネスモデルの作り方 (アスカビジネス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 64

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

衰退しつつある地方の中小零細企業が、わずか数ヶ月で日本一に上りつめた方法教えます! 地方に拠点を置きながら、さまざまなツールとメディアの掛け合わせで全国に情報を発信していく地方発信型ビジネスモデル、ここにその極意があります。

出版社からのコメント

都市部と地方の格差が広がるなか、特に地方ではITを活用してビジネスを行う企業とそうでない企業との間で収益が大きく変わる時代。

 全国の中小企業は430万社。日本経済の雇用の約7割を占めている。特に独特の文化を持つ地方には、素晴らしい商品やサービスが眠っています。

 社員5名の会社ながら、自らが和歌山みかんの良さに気づき、情報を発信することで年間5万オーダーを超える程の全国のお客様を獲得して参りました。このような地方の中小企業がネットショップによって事業が拡大し、収益が上がったり雇用が生まれてくるはずです。このインターネットを使って日本全体の活性化に繋がることを願っています。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 263 KB
  • 紙の本の長さ: 222 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2008/4/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009K242CG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 67,902位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
確かに基本的なことしか書いてありませんが、これらの情報についてどう思うかで、評価も並行して取り組むべきことも異なるように思います。

目からウロコだった方は、自分では届かないかもしれません。
耳が痛かった方は、実現のためには周辺に足りない知識がたくさんあると思います。
頷いた方は、行動あるのみ。
だからなんだという方は、上記の方々のための本だと思うほかないです。

確かに《ビジネスモデルの作り方》というほどでは・・・と思う節もありますが、“作り方につながる考え方”としてはそれなりに参考になるのでは。地方で同じようなことを考えている身として、何点か付箋を貼るような共感があったので、星4つです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の上野 真歳さんと酒を呑み、ラーメンをすすってお話をする機会がありました。
基本を抑えることの重要性、商売は、『売る』という行為の前に『買う』というお客様の
立場がもっとも重要だと本当に分かっておられる方です。

彼が販売を行っているホームページを見ても、特殊な効果や小細工はありません。
基本に忠実に、こつこつ、こつこつ、つくり込まれた商いの形です。
実際に畑に出向き、作っている人と話し、みかんを食べその上で販売しています。

本当に、彼が言いたいことが分かるのは、現場で日々お客さまに接して商いをしている方だけかもしれません。それも、日々過疎になっていく過疎地区のハンディーをいやというほど知っている経営者だけかもしれません。

黙っていても、顧客が多く、少々ゾンザイな接客をしていても売れる商売には分からない。
本当に生き残るのは、基本に戻ってこつこつ、こつこつ、本物を目指した企業のみです。
企業の社会的責任を果たさなかった企業がどんどん潰れていきます。

商売のコツは、『コツ、コツ』だと彼の本を読み、本人に会って話し、再認識しております。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
東日本大震災3.11以降、万人にとって、あらためて『地方』というキーワードが現実的に価値を持つものとなりました。3月15日の東京脱出の際、東海道新幹線の中であらためてこの本を読み返していました。大震災の可能性や原発の危険性、あきらかにこの2つの『変数』は、各人の人生プランにおいて無視できない重要な因子として一気に浮上してきました。

311以降、今となっては誰もが容易にイメージできるわけですが、リスクを分散させる意味での地方のメリットや、好みが細分化されたロングテールのマーケティングの可能性、ネットによって低コストでできる顧客と売り手のマッチングなど、本質的な“商(あきない)の哲学書”としても未来的な価値に溢れています。

上野さんが背景に持っておられる商の血統を端々に感じながら、楽しく読むことができます。回船問屋として創業者がまず走り始め、2代目、3代目、4代目とバトンが渡される中で、2011年を駆け抜けている上野さんは、時代や環境に合わせて“仕組み”や“立ち位置”をしなやかなに変化させて、結果的に先頭走者になっておられます。

58ページ部分、1.スタッフ数 2.販売商品の在庫数 3.運転資金自体 4.在庫スペースをほぼ現状のままで、内需拡大・充実ができる、という重要なウェブショップの、メリットの基礎部分は、わたし自身
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
現在、東京の一極集中と言われ、地方は衰退しているとされています。確かにそういうことはあると思います。そういう時だからこそ、この本の意義は重要であると考えます。地方だからといって、ビジネスで成功することはできない、ってなことはない。地方でもやっていける方法があるとこの本はいっているのです。
しかし、それには少しコツが必要です。そのコツもきちんとこの本では記述しています。地方にありがちなしがらみに巻き込まれて、仕事がおろそかにしてしまうことなど。確かに地方ではあるよね。と地方に住む僕としてもあるあるこういうことみたいなことも書かれていて、実践的です。これからの地方でビジネスを起こすにあたり大変、大事な本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読むには問題ないが、赤のラインが入っていたりしたので個人でよむだけかな?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover